プロミスと信用情報機関の関係を調べた結果|絶対に延滞をしてはいけない理由

この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

この記事はこんな人向け
  • 審査のとき信用情報って聞くけどそれなに?
  • 自分にとってどんな影響があるか気になる!
  • 審査が不安だから、きちんと知っておきたい…

プロミスやアコムといった消費者金融に限らず、クレジットカードやローンを申し込むときに、”信用できるかどうか”の審査を必ず受けなければいけません。

この審査は個人の『信用情報』というものを基に、機械的に行われることがほとんどです。

この信用情報についてしっかりと把握しておきたい人向けに、基礎知識から審査時の対策まで、わかりやすく解説します。

プロミスは2つの信用情報機関に加盟

現在、日本には個人信用情報機関が3つしかありません。それぞれ略称があるので、しっかりと覚えておきましょう。

信用情報機関名 略称
株式会社シー・アイ・シー CIC
株式会社日本信用情報機構 JICC
全国銀行個人信用情報センター KSC

金融機関がこれらの個人信用情報機関に加盟しているのは、リスクの高い融資をせずに済ませるためです。

プロミスはこれらのうち、CICJICCに加盟しています。

信用情報機関がやっていること

これらの信用情報機関は、日本に住んでいるいろんな人の金融取引情報を集めて、希望している金融機関に情報の共有しています。

住宅ローンはもちろんですが、クレジットカードなどの貸付と返済について記録されているのです。

その記録を参考に、これまでにどのような取引をしたかで、”信用できるかどうか”を判断しています。

信用情報機関同士での情報共有

上記の3つの機関は、消費者金融・信販(クレジット)会社・銀行とそれぞれ集めている情報が違います。

とはいえ、それぞれで集めた利用者の情報は、各機関で共有されているのです。

そのため「信販会社で審査に通らなかったから、消費者金融会社に加盟していないここなら大丈夫」ということは、基本的にありえません。

情報が保管される期間は違う

これらの個人信用情報機関が集めた情報は、いつまでも永久に残るわけではありません

そのため5年〜10年と長期的にみれば、審査に通るところと通らないところの違いは、出てくる場合があります。

ちなみにそれぞれの機関が加盟されている金融機関・業界にも違いがあるので、以下の表を参考にしてください。

信用情報機関 情報保管年数 対象
CIC 5年 ・消費者金融
・信販会社
JICC 1年(※1) ・消費者金融
・銀行
KSC 10年(※2) ・銀行
・日本学生機構

※1:債務整理・強制解約などは5年
※2:自己破産・民事再生などは10年

事実は自分から削除できない

個人信用情報機関に保管されている記録の中に、事実に反するものがあれば、申立後に削除ができます。

しかし削除を依頼するためには、事実に反している証拠がないといけません。

そのため自分に不都合だからといって、記録されている情報をみだりに削除することはできないのです。

プロミス申し込み時に見られること

プロミスだけではなく、まともな金融機関で融資を申し込めば、必ず審査を受けることになります

そのときに金融機関が、”申込者は信用できるかどうか”を確かめるため、信用情報を信用情報機関に参照するのです。

このときにプロミスといった金融機関は、信用情報のなにを確認するのでしょうか。

これまでに金融事故を起こしていないか

100%確かめられることといえば、『これまでに金融事故を起こしていないか』です。

たとえば”借り入れの返済を遅延した場合””融資の強制解約”があると、金融事故があることになってしまいます。

Q.よくある金融事故の代表例とは

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

クレジットカードの支払遅延

クレジットカードの支払いは1日でも遅れると信用情報へ「遅れた」と記録され、これだけで審査には不利になります。
この記録は24ヶ月間消えることはありません。
さらに支払いに遅れた状態が61日以上継続すると、長期延滞になり信用情報へ事故として記録され、この記録は5年間記録され、その間はローンやクレジットカードの審査には通らなくなります。
クレジットカードの支払いには十分注意しましょう。

必要以上に申し込んでいないか

信用情報機関が集めている情報の中には、『融資を申し込んだ記録』もあります

消費者金融や住宅ローン、クレジットカードなどお金を借りる申し込みは、すべて記録されているのです。

1ヶ月以内にこれが何件もあると、”この人はよほどお金に困っている”と判断されてしまうので、注意してください。

可能な限り審査に通過する可能性を高めてから、最低限の申し込みにとどめておきましょう。

 プロミスSMBCコンシューマーファイナンス
金利 
限度額
審査 
融資 
:4.5~17.8%
:最大500万円
:最短30分
:最短1時間
他消費者金融よりも金利が安くてお得!銀行閉店後も最短10秒で振込可能!※1アルバイト・パートでも当日利用可能!30日分の利息が完全ゼロ円!※2
公式サイトへ▶

※1:三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座が必要です※2:メールアドレスの登録とWeb明細の利用が条件です

クリーンな信用情報で審査通過率を上げよう

これからプロミスを申し込むにあたって、審査に不安があるという人は、信用情報をクリーンにすると良いでしょう。

時間が迫っている場合はどうしようもありませんが、まだ時間があるのでしたら、すぐに行動してください。

なにもしないよりは、ずっと審査に良い影響を与えます。

今すぐにできる信用情報の清浄化

過去に起こしてしまった金融事故はどうしようもありませんが、今できることはあります。

なにをすれば良いかわからないという人は、以下を参考にしてみてください。

信用情報を清浄化のポイント
  • 現在ある借り入れをなるべくゼロにする
  • 使わないクレジットカードを解約する

理想をいえば、この状態で5年間金融取引をしないことです。しかし現代の日本でそれは難しいので、できることから実践していきましょう。

返済の遅延は絶対にNG

もしもプロミスの借り入れができるようになったとしても、信用情報について気をつけなければいけません。

返済の遅延や、それを繰り返して強制解約になると、きちんとその情報も記録に残ります。

遅延がたとえ1日であったとしても、『1日遅れた』という記録が残るのです。

あなたの信用情報に傷がつく

上記のような信用情報にとってよくない記録を、『信用情報の傷』と呼びます。

この傷は最長で10年ほど残ることがあるので、今後も融資を受ける予定があるのなら、遅延は絶対に避けましょう。

そのためには、借り入れ前にきちんと返済プランをたてることをおすすめします。

最悪の場合はブラックになる

よく『ブラックリスト』という言葉を聞きますが、正確に言うとそのようなリストは存在しません。

あまりに信用情報の傷が多かったり、強制解約といった深い傷があったりすると、ブラックと認定されて、ブラックと呼ばれることになるのです。

一度ブラックになってしまうと、綺麗になるまで何年もかかってしまいます。そしてブラックになる明確な基準も、公表はされていません。

やはり「絶対に遅延をしない」という意識が、何よりも大切と言えます。

延滞さえしなければ全く問題なし

もしプロミスを利用しだしたとして、遅延さえしなければ信用情報の問題はなにもありません。

たしかに『プロミスを契約している』という記録は残りますが、これ自体はなんの影響もないのです。

プロミスとの契約そのものが、信用情報にとって不都合だと心配している人は、安心してください。

クレヒスの良好な人になれる

計画的にプロミスでの借り入れを行い、きちんと返済ができたとしたら、利用者にとってメリットになります。

金融取引の履歴を俗に『クレヒス(クレジットヒストリー)』と呼び、きちんと返済できればクレヒスの優れた人になれるのです。

”ちゃんとお金を借りて、きちんと返済する人”は、金融機関にとって理想のお客様なので、これが続けば審査も有利になるでしょう。

プロミスの審査に通過すれば安心

プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスという会社が運営する、カードローンサービスです。

このSMBCコンシューマーファイナンスは、さまざまな銀行カードローンの保証会社にもなっており、まさに審査のプロといえます。

そんなプロミスの審査に通過することができれば、信用情報はまったく問題ないということの証でしょう。

必要な分だけ借り入れを行い、返済プランに則った誠実な返済を重ねて、クレジットヒストリーを充実させてください。

 プロミスSMBCコンシューマーファイナンス
金利 
限度額
審査 
融資 
:4.5~17.8%
:最大500万円
:最短30分
:最短1時間
他消費者金融よりも金利が安くてお得!銀行閉店後も最短10秒で振込可能!※1アルバイト・パートでも当日利用可能!30日分の利息が完全ゼロ円!※2
公式サイトへ▶

※1:三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座が必要です※2:メールアドレスの登録とWeb明細の利用が条件です

普通に利用できれば問題ない

お金を借りるために審査を受ける必要がありますが、あまり慣れていないとどうしても心配になるのは仕方がありません。

しかし普通に利用して問題なく返済ができれば、信用情報に関する心配はまったく必要がないのです。

今回はプロミスを紹介しましたが、マネットで紹介する他の金融商品でも同じことがいえます。

借りる前にしっかりと返済プランをたてて、プラン通りに無理のない返済を心がけましょう。

クレヒスに関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る