SMBCモビットで100万円借りたい人が覚えておくべき借入条件や返済方法

この記事に関するアドバイザ

元 銀行員

中川秀人

地方銀行の法人営業担当として6年勤務。主に不動産業や製造業に対する融資を担当しつつ、地元富裕層へのコンサル型営業を行い、中小企業及び資産管理会社のコンサルタントとして総額300億以上を融通。

 この記事はこんな人向け 
  • モビットでまとまったお金を借りたい!
  • どうすれば100万円借り入れできるの?
  • きちんと返済していけるかどうか不安…

突発的に高額な出費が発生したとき、多くの人は「SMBCモビット」などの大手カードローンを利用しようか検討するものです。

しかし、100万円も借りられるのか・返済していけるのか不安に感じて、申し込みを諦めてしまう人も少なくありません。

この記事では、モビットで100万円借りるための条件や、利息、返済方法について解説していくので、ぜひ参考にしてください。

SMBCモビットでまとまったお金を借りたい!

緊急でまとまったお金を用意しなければいけないケースは、日常生活の中でも十分起こり得ます。

しかし、貯金などである程度金銭的な余裕がない限り、想定外の高額出費に対応するのは難しいものです。

そんなときに、無担保で高額な借り入れができる、「モビット」などの消費者金融カードローンが多くの人に選ばれています。

お金は必要だけど返済していけるか不安…

モビットでお金を借りたいとは思うものの、金利や利息、返済方法に関する知識がなく、申し込みを諦める人も少なくありません。

返済に不安を感じる原因
利息がいくらかかるか把握できない
返済期間の目途がまったくつかない
どうやって返済するのか分からない

100万円を返済していけるのか不安な人は、原因を見つけて解消することで、安心して利用できます。

SMBCモビットで100万円借りるには2つの条件クリアが必須

カードローン業界の大手であるモビットと言えども、「100万円」という大金を簡単には融資してくれません。

しかし、申込者の収入状況によっては、高額な借り入れでも十分に融資してもらえる可能性はあります。

条件1|年収300万円以上の収入がある

モビットは消費者金融なので、カードローンを利用する際は「総量規制」の影響を受けます。

 総量規制とは

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。
総量規制の対象となる「個人向け貸付け」とは、個人がお金を借り入れる行為のことです。
ただし、個人が事業用資金として借入れる場合は、原則として総量規制の対象とはなりません。

従って、モビットで100万円を借りるには、最低でも年収300万円以上の収入がなければいけません。

高額な借り入れをするには、返済していけるだけの収入が必要なのを念頭に置いて、申し込みを検討してください。

条件2|収入証明書を提出する

モビットで借り入れを希望する際は、収入証明書を提出しなければいけません。

収入証明書
・源泉徴収票
・税額通知書
・所得証明書
・確定申告書
・給与明細書

※上記のいずれか1点の写しを提出
※入社が前年1月以降の場合、原則直近2ヶ月分の給与明細書を提出
※賞与収入がある方は賞与証明書を用意

さらに、モビットへ申し込みする時に、電話で事情を説明するのも有効な手段です。

どのような事情でお金が必要なのかをきちんと伝えることで、モビット側も前向きに融資を検討してくれます。

Q.本当に初回から100万円借りれるの?

Nakagawa

元 銀行員|中川秀人

不可能なことではありません

通常カードローンをもしもの時の策として契約するケースは多いですが、大きな買い物をする場合にも利用される場合があります。
このような場合は、初回申込時から多額の融資枠を申し込むことになりますが、いかに金額が大きくなろうと「その融資を返済する見込みがあるか」という点が審査基準のひとつとなります。
このため、必ず収入証明書の提出を求められるので事前に準備しておき、返済計画をしっかり立てておきましょう。

SMBCモビットで100万円借りるときの注意点

モビットでまとまったお金を借りる際は、利息返済方法に注意しなければいけません。

事前に金利や利息、返済の仕組みを把握しておかなければ、借り入れ後に滞納してしまう可能性もあります。

注意点1|借入金とは別に利息を支払う

モビットで返済していくときは、申し込み時に設定された金利分の利息が、毎月の返済金とは別に発生します。

100万円を借り入れするときは、利息制限法に基づいて最大15%の金利が適用されるのです。

実際にいくら利息を支払わなければいけないのか、下記の計算例で確認してみてください。

利息総額を計算
例)借入100万円、金利15%、5年返済
1ヶ月目 ⇒ 12,328円
2ヶ月目 ⇒ 11,856円
3ヶ月目 ⇒ 11,389円
    :

利息合計 = 「421,778円

借入金を5年かけて返済する場合、100万円とは別に利息分として「約43万円」必要なのを考慮しなければいけません。

注意点2|リボ払いなので返済は長期間

モビットの基本的な返済方法は、毎月決められた最低返済額を利息と一緒に支払っていく「リボ払い」です。

 「リボ払い」とは?

リボ払いは、毎月あらかじめ指定した一定額を返済してゆく方式である。
回数指定の分割払いが各々の件に個別に指定するものであるのに対し、リボ払いでは各々の件に対してではなく残高全体について毎月返済することによって合計残高を減らしてゆく。

返済期間が長期的になればなるほど、利息負担は大きくなってしまいます。

モビットで借り入れする際は、返済総額が高額にならないよう、無理のない返済計画を立てる必要があるのです。

100万円を無理なく返済できる計画を立てる

モビットで100万円を借りる際は、短期間で毎月無理なく返済していくのが非常に重要です。

申し込みする前に効率的な返済計画を立てておくことで、安心してモビットを利用できるようになります。

返済計画の立て方をチェック!

返済計画を立てようとしても、何から始めればいいか分からない人は多いので、まずは一連の流れを確認してください。

返済計画の立て方
1.完済までの希望期間を設定
2.毎月最低限必要な返済額を算出
3.収入から捻出できる金額と比較

月々の返済額に無理がある場合は、理想的な金額になるように、もう1度返済期間を見直す必要があります。

また、不足分を補足するために、副業などをしながらプラスαの収入を作る方法も検討してみてください。

繰り上げ返済を活用しよう

無理のない返済計画を立てるだけでなく、少しでも利息を節約していくには「繰り上げ返済」を活用するのが理想的です。

繰り上げ返済とは?
毎月の最低返済額より多めに返済することで、借入残高を効率的に減らしていく方法。
返済計画通りに支払いを進めていく中で、ボーナスや臨時収入があり、金銭的に余裕がある月も出てきます。

繰り上げ返済は利息の節約だけでなく、返済期間の短縮にも繋がります。モビットから借り入れする際には、生活に支障のない範囲で繰り上げ返済を活用してください。

返済していけると感じたらSMBCモビットに申し込もう!

 ここから先はこんな人向け 
  • モビットへの返済計画もばっちり!
  • 100万円借りても返していけそう!
  • でもどうやって申し込めばいいの?

利息や完済までの期間をきちんと算出し、返済していける目途が立った人は、さっそくモビットに申し込んでみましょう。

事前に必要書類や申し込み方法を確認しておけば、手続きをスムーズに進められるので、ぜひ下記を参考にしてください。

必要書類を準備しておく

モビットへの申し込み前に、必要書類を事前に準備しておくことで、手続きの手を止めずに進められます。

申し込みする際には、収入証明書以外にも「本人確認書類」を提出しなければいけません。

運転免許証があれば問題ないのですが、持っていない人は下記のいずれかを手元に準備しておいてください。

本人確認書類
・パスポート
・健康保険証
・個人番号カード
※個人番号(マイナンバー)が記載されている本人確認書類または収入証明書類などを提出する際は、個人番号(マイナンバー)が記載されている箇所を見えないように加工してください。

ネット申し込みが簡単便利

手続きなどをなるべく簡潔に済ませたい人は、自宅でスマホから申し込める「ネット申し込み」がおすすめです。

24時間受付対応しているので、ネット環境があれば時間や場所を気にせず、すぐに申し込みできます。

公式サイトから申し込み
必要書類を提出
審査
契約
キャッシング

自宅からスマホやPCを使って申し込みできるので、家族や友人にバレる心配もありません

おすすめの特集ページ

SMBCモビットに関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る