SMBCモビットから電話連絡が来る4つのタイミングとその回避方法

本コンテンツには、紹介している商品・商材の広告(リンク)を含む場合があります。 これらの広告を経由して読者が企業ホームページを訪れ、成約が発生すると弊社に対して企業から紹介報酬が支払われるという収益モデルです。 ただし、特定の商品を根拠なくPRするものではなく、当編集部の調査/ユーザーへの口コミ収集などに基づき、公平性を担保した情報提供を行っています。
>提携企業一覧
SMBCモビットから電話連絡が来る4つのタイミングとその回避方法
この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

check icon

この記事はこんな人向け

  • SMBCモビット利用時には電話が来る?
  • 電話連絡による周囲バレを防ぎたい
  • 電話なしで借りることは可能?

SMBCモビットの担当者から電話連絡があると、周囲にキャッシングの利用がバレないか不安ですよね。

どのタイミングでSMBCモビットから電話連絡が来るのか、予め知っておけば対策ができます。また、SMBCモビットは申込時の工夫次第で電話連絡なしでお金を借りることもできます。

今回の記事では、SMBCモビットから電話連絡が来るタイミングと、電話連絡なしでお金を借りる方法を紹介します。

この記事の目次

SMBCモビット

Service image
限度額 最大 800万円
金利 年 3.0% ~ 18.0%
審査 最短30分※1
融資 最短即日

30代〜40代の利用者が多く最短30分で借入OK!原則電話連絡・郵送物なし!PC・スマホからWEB完結
全国のコンビニや銀行などの提携ATMネットワークからご利用可能!

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

SMBCモビットから電話連絡が来るのを不安に思う利用者は多い

SMBCモビットで借りたお金は、生活費や交際費などあらゆる用途に使えます。

しかし利用者の多くは、SMBCモビットからの電話連絡を避けたいと考えていることでしょう。

電話によって、借金の事実が周囲にバレないかというのが主な理由です。

SMBCモビットから電話がくるタイミングは以下の4通りです。電話連絡のタイミングと内容さえ把握していれば、過度に不安を感じる必要はありません。

電話タイミング 内容 宛先
申込後 申込内容の確認 申込者宛
在籍確認時 申込者が働いているかの確認 申込者の職場宛
増額案内時 利用実績が良好であるため、
借入限度額の増額案内が届く
利用者宛
料金滞納時 支払いの催促 利用者宛

また、SMBCモビットが電話連絡をしてくる場合には、以下の番号でかかってくるケースが多いようです。

  • 0120-035-000
  • 0120-990-231
  • 0120-24-7217 など

SMBCモビットから電話が来るケース【1】申込内容の確認

SMBCモビット

Service image
限度額 最大 800万円
金利 年 3.0% ~ 18.0%
審査 最短30分※1
融資 最短即日

30代〜40代の利用者が多く最短30分で借入OK!原則電話連絡・郵送物なし!PC・スマホからWEB完結
全国のコンビニや銀行などの提携ATMネットワークからご利用可能!

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

SMBCモビットから電話が最初にかかってくるのは契約申込内容の確認 です。

これはどのようなネット申込みをしたときも、ローン申込機を利用した場合も、郵送での申込みをしたケースでも同様です。

30分ほどかけて個人情報を確認する

内容確認としてSMBCモビットから電話がかかってきたら、申込時に申告した情報を細かく確認されます。

「10分ほどお時間よろしいでしょうか?」と切り出されますが、家族構成や住所、勤務先情報などを事細かに確認されるため、このSMBCモビットからの電話は30分程度かかるものと思っておきましょう。

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

本人確認も審査の一貫

家族構成や今の居住地にどれほど住んでいるのかは、審査においては重要です。 まず、家族構成についてですが、返済を支援している家族がいるかどうかは審査の際にしっかりとチェックされます。特に面倒を見てくれている親が同居している場合には、親が返済を支援してくれる可能性が高いため、高ポイントとなります。
また、居住年数が長ければ長いほど、返済が難しくなったときに、逃げてしまう可能性が少なくなります。一般的に、同じ場所に居住期間が長ければ長いほど、その場に居続ける可能性が高いといわれているからです。

個人情報を自分自身で整理しておこう

SMBCモビットからの電話で個人情報を確認される際、家族構成や住所についてはすらすら答えられるでしょう。

しかし、勤務先の情報については、意外と答えに詰まるケースがあります。

例えば働いている社員の人数、住所などは意識して覚えていない人も少なくありません。

営業などで普段から口頭説明している人は心配ないかもしれませんが、不安がある場合はSMBCモビットから電話がかかってくる前にメモに書き出しておきましょう。

SMBCモビットから電話が来るケース【2】勤務先への在籍確認

次にSMBCモビットの担当者から電話があるのは、会社への在籍確認です。ほとんどの申込者にとっては、この電話こそが最も大きな不安要素になっているでしょう。

しかし、SMBCモビットの担当者から電話があるからと、神経質に警戒する必要はありません。

SMBCモビットに限らず消費者金融や銀行でキャッシングする際には、利用者の返済能力を裏付けるために在籍確認の電話が行われますが、その電話では基本的に社名ではなく個人名が名乗られるのです。

勤務先へ電話する場合は事前通達がある

在籍確認でも、いきなりSMBCモビットから電話がくることはありません。

内容確認の電話では必ず「在籍確認の電話をしてもいいか」と許可を求められ、それに同意した後も電話確認の時間帯について相談できます。

また在籍確認直前も利用者個人にSMBCモビットから電話があり、「今から在籍確認の電話をします」と連絡がもらえます。

その際どうしても都合が悪ければ時間をずらしてもらえるので、SMBCモビットから電話がかかってきても良いタイミングを見計らいましょう。

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

在籍確認の電話は事前の時間指定がおすすめ

在籍確認とは、担当者が会社に電話をかけて勤務状況を確認する手続きです。この在籍確認は、本人不在でも完了します。 職場に借り入れの事実がばれないようにするためには、やはり、本人が実際に会社にいる時間帯に電話をかけてもらう方法がベストです。会社の人から「誰からの電話?」と聞かれても、自分が電話に出さえすれば何とでも言い訳ができます。在籍確認の電話のタイミングは申込内容確認の電話の際にある程度指定できます。このため、穏便に済ませたい人は自分が確実に社内にいる時間を指定し、確実に自分がつながる時間を指定しておきましょう。

SMBCモビットから電話が来るケース【3】増額の打診

契約後もSMBCモビットから電話がかかってくる場合があります。

それは 増額や金利引き下げの可能性が出てきたときです。

利用状況(キャッシングと返済)が良好であると、SMBCモビットの利用者に対する信用度が増し、利用限度額が増枠されたり金利が低くなったりする場合があるのです。

「信用情報」とは、ローンやクレジットの利用などの信用取引に関する、過去から現在までの客観的な取引事実を表す情報です。

出典: JICC 指定信用情報機関 株式会社 日本信用情報機構

しかし、それには改めての審査が伴い、それに通過した場合も契約内容の更新が必要になるため、利用者に許可を得るためにSMBCモビットから電話があるのです。

電話があっても必ず増額や金利引き下げができる保証は無い

SMBCモビットから電話があるとどうしても期待してしまうでしょうが、利用者の状況が契約時から変化していた場合、審査が通らない可能性もあります。

例えば勤務先が変わって、勤続年数が短くなり年収が低くなっている場合や、住宅ローンなど大型の目的ローンを組んでいるケースなど、返済能力が下がったと見なされれば増額や金利引き下げの可能性も低くなります。

場合によっては増額どころか限度額が引き下げられる恐れもあるので、SMBCモビットから電話で増枠や金利引き下げの打診があったら、まずは自分の状況を見直しましょう。

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

増額案内があっても限度額が必ず増えるわけではない

ローン会社が行う増額案内は、あくまでも新規契約時の勤務先、年収や、契約後の返済状況を基準にして行われます。このため、いざ本申込となったときに勤務先が変わっていて、勤続年数が少なくなった、年収が低くなったなどの属性情報が悪化していた場合には、審査に通過できない可能性があります。

SMBCモビットから電話が来るケース【4】支払い遅れや何らかの問題

SMBCモビットから電話がかかってくるのは、基本的には契約内容変更の可能性があるときです。

しかし返済が遅延した場合も、その督促としてSMBCモビットから電話がかかる場合があるのです。

すぐに払えば大きな問題にはならない

SMBCモビットから電話で督促があっても、すぐに一括返済を求められたり契約解除を突きつけられたりはしません。

遅延損害金として割増しされた利息を支払う必要はありますが、1回の遅延で大きなペナルティを科せられる心配は無いでしょう。

ただし、2ヶ月以上督促を受ける状態が続くと、「金融事故」として異動されてしまいます。

 返済状況|異動

・返済日より61日以上または3ヶ月以上の支払遅延(延滞)があるものまたはあったもの
・返済ができなくなり保証契約における保証履行が行われたもの
・裁判所が破産を宣告したもの(破産手続開始の決定がされたもの)

SMBCモビットより支払い遅延の連絡が来たら、いつ支払うか、支払額はどうするかをしっかり話し合ってください。

WEB完結を利用するとSMBCモビットから電話なし

SMBCモビットから電話がかかってきてほしくない、そんな人にはWEB完結の利用がオススメです。

WEB完結とは申込みから契約、借入、返済までの流れで一切の電話、カード発行と郵送物が発生しないシステムです。

本人確認の電話もない

WEB完結を選べば、在籍確認ですら会社にSMBCモビットから電話がかかってくることもありません。

ただし社名入りの保険証や直近の給与明細、源泉徴収票など、勤務状況を証明するいずれかの書類が必要になるので、あらかじめしっかり準備しておきましょう。

カードや郵送物もなしにできる

WEB完結はスマホやPCからの申込になります。申込だけでなく、書類の提出まで全てオンライン上でおこなう仕組みです。

これにより、電話連絡なし・郵送物なし・場合によってはカードなしで利用可能なため、周囲に知られる可能性は大幅に下がるでしょう。

手続きの流れを踏まえて申し込もう

SMBCモビットのWEB完結は以下の手続きの流れで申込可能です。

電話での対応はなるべく避けておきたい…とお考えの方は、ぜひ申し込んでみてはいかがでしょうか。

  1. 公式サイトからWEB完結申込
  2. Eメールで仮審査の結果通知
  3. 必要書類を提出
  4. Eメールで本審査の結果通知
  5. インターネット上で入会手続き
  6. 入会完了のEメールを受信
  7. WEB上でキャッシング可能に!

SMBCモビット

Service image
限度額 最大 800万円
金利 年 3.0% ~ 18.0%
審査 最短30分※1
融資 最短即日

30代〜40代の利用者が多く最短30分で借入OK!原則電話連絡・郵送物なし!PC・スマホからWEB完結
全国のコンビニや銀行などの提携ATMネットワークからご利用可能!

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

SMBCモビットの電話に関するよくある質問

Q.どこからの電話なのか?
0120990231は、SMBCモビットの電話番号です。この電話は、SMBCモビットとの契約に関する件でかかってきている可能性が高いです。直近SMBCモビットに申込をされた場合は、手続きに関する確認の可能性が高いでしょう。
Q.折り返し電話すべきか?
0120990231から電話がかかってきた場合は、必ず折り返しの電話をするようにしましょう。電話がかかってくる場合は、基本的に契約に関して問題があるケースが多いです。電話に出ない場合、後でトラブルになる可能性があるため注意しましょう。
Q.SMBCモビットからの電話連絡は無くせないのか?
結論、電話連絡を絶対になくすことはできません。なぜなら申込者の状況により、どうしても電話連絡が必要なケースがあるためです。申込時の情報にエラーがあったり、返済に遅れが生じていたりすると、電話がかかってくる可能性があります。

まとめ

SMBCモビットから電話があるタイミングを紹介しました。

基本的には申込み時にもっとも電話がかかってくることが多いと言えるでしょう。

契約後にSMBCモビットから電話があるのは、返済の遅延さえ無ければ、基本的に契約内容の変更ができる可能性があるときだけです。

しかし、どうしても電話が来てほしくないなら、WEB完結申込みという手段もあります。

電話連絡なしでキャッシングできるので、SMBCモビットからの電話が不安な人はそちらを試してみましょう。

おすすめの特集ページ

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
  • ※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用し、事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る