給料の前借りが難しい理由と月末の金欠を乗り越える方法

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

この記事はこんな人におすすめ!
  • 給料日まであと数日だけど金欠…
  • あと数万円あればなんとかなる!
  • 給料の前借りってできないの?

衝動買いをしてしまったり、突然の出費が重なったりして、給料日前に金欠になってしまうことがあります。

真っ先に思い浮かぶのは来月のお給料の前借りですが、今どき給料の前借りなどできるのでしょうか。

金欠時は気になる前借り…その意味は?

どうしてもお金が必要な時、給料の前借りができないかと考える人は、少なくないはず。

そもそも、前借りの意味は「賃金を期日より前に受け取ること」です。

つまり、働いていない分の賃金を受け取る行為と言えます。

給料の前借りは原則不可能

結論をいってしまうと、給料の前借りは原則不可能といえます。これは企業の大小や業界に左右されず、ほとんどの人が該当します。

「社内での貸付制度」や「週払い・日払い」の制度があれば利用できますが、これらも前借りとは異なります。

なぜ前借りが原則不可能なのか、次の項目で理解しておきましょう。

前借りは違法になる可能性がある

給料を前借りができない理由として、給料の前借りが法律に抵触する可能性があるからといえます。

このルールを理解するポイントは、「既に働いた分を給料日前に貰う」か「まだ働いていない分を給料日前に貰うか」の違いです。

まだ働いていない分を貰う場合、会社としては従業員に絶対働いてもらわないといけなくなります。これが労働基準法第5条『強制労働の禁止』に抵触してしまうため、原則として前借りはできないのです。

また労働基準法第17条『前借金相殺の禁止』の観点からも、非合法行為になる恐れがあるので原則として前借りは不可能と考えて良いでしょう。

『前借金相殺の禁止』とは?
給料日前に従業員へ渡したお金を、給料から差し引くことを禁止する法律
『原文引用:使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。』

給料日前に貸したお金を従業員が返せば問題ありませんが、これを強制的に給料から天引すれば会社が違法行為を犯すことになります。

前借りは完全なる会社の好意

前借りをすること自体は必ずしも違法とは限らないため、前借りに応じてくれる会社もあるかもしれません。

しかしそれらはすべて会社からの信用と好意によって行われるものであり、会社は前借りに応じる義務はないのです。

ちなみに労働基準法第25条『非常時払』が適用される場合は、会社は前借りにの要求に応じなければなりません。これについては、覚えておいても良いでしょう。

『非常時払』とは?
やむを得ない緊急時に要求があれば、会社は既に働いてる分の給料を払わなければいけない
『原文引用:使用者は、労働者が出産、疾病、災害その他厚生労働省令で定める非常の場合の費用に充てるために請求する場合においては、支払期日前であつても、既往の労働に対する賃金を支払わなければならない。』

金欠時にとれる選択肢

前借りができないかもしれないとなれば、金欠のいまできることは下記の3つ程度に限られてしまいます。

金欠時の対処法
  • 持っている物を売ってお金を作る
  • お金を借りて金欠を乗り切る

それぞれのポイントや注意点について、下記にて解説していきます。

節約して乗り切る

金欠時に真っ先にできることといえば、節約してすこしでも出費を抑えることでしょう。

まで数万円あるいは数千円あれば、食費だけはなんとかすることができるかもしれません。

食費を削ってお金を浮かす

まずは食費を削って、すこしでもお金を浮かしましょう。節約飯をするためには、最低限外食は控えてください。

そして以下の食品を上手に使いまわして、給料日までの数日を乗り切りましょう。

節約飯の必需品
  •  【食品】
  • 即席麺
  • カップラーメン
  • パスタ
  • うどん
  •  
    【調味料】
  • 味噌
  • 醤油
  • マヨネーズ

持っているものを売る

お金をつくる方法のひとつに、自分の持ち物・資産を売却してお金を作るというものがあります。

単純に物を売るといっても、売り方を間違えてしまうとお金が手に入るまで時間がかかる可能性に気をつけてください。

『高く売れるもの』を『適切な場所』で売らなければ、金欠を乗り切るほどのお金を作ることはできません。詳しくは以下の記事をご参考ください。

誰かにお金借りて乗り切る

金欠を乗り切る方法のひとつが、借りるということです。もちろん次の給料日がくればお金を返さなければいけませんが、お金を借りる手間さえクリアすれば生活水準が高くなる方法でしょう。

しかし借りる相手によっては、信用を著しく失ってしまうリスクがあります。家族や知人に借りるのであれば、細心の注意をしつつ誠意をもって対応してください。

銀行や消費者金融のカードローンで借りる

お金を借りる相手は、決して家族や友人だけではありません。銀行や消費者金融といった金融機関のカードローンでも、お金を借りることが可能です。

お金を借りるまでには、申し込みをして審査を受けなければなりませんが、少なくとも借りるだけでは信用を失うことはありません。

カードローンによる借り入れ先によっては今後の備えにもなるので、これを機会に備えとして持っておくのも良いでしょう。

借りるならカードローンがおすすめ

カードローンがおすすめな理由は、以下の3つです。

カードローンがおすすめの理由
  • 自分の責任でお金を借りることができる
  • 一括返済だけではなく少しずつ返済できる
  • 限度額内なら何度でも借り入れ可能

また全てではありませんが、無利息期間があるカードローンを強くおすすめします。

ほとんどの場合は30日間利息がかからないので、次の給料日に返せば利息ゼロなのです。

以下では、実際におすすめのカードローンを紹介します。

利用者数No.1|アコム

 アコム三菱UFJフィナンシャル・グループ
金利 
限度額
審査 
融資 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
:最短1時間
利用者数が全国でトップクラス!30日分の利息が基本的にゼロ円!最短60分で借りられる!

全国で140万人以上が利用しており、消費者金融をはじめて使うのであれば最大手のアコムがおすすめといえます。

またアコムは数ある消費者金融の中でも新規申し込み中の成約率(審査通過率)が高く、審査に不安がある人はアコムを申し込むのがおすすめです。

公式サイトへ

返済方法が豊富|プロミス

 プロミスSMBCコンシューマーファイナンス
金利 
限度額
審査 
融資 
:4.5~17.8%
:最大500万円
:最短30分
:最短1時間
他消費者金融よりも金利が安くてお得!銀行閉店後も最短10秒で振込可能!※130日分の利息が完全ゼロ円!※2
※1:三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座が必要です※2:メールアドレスの登録とWeb明細の利用が条件です

返済について不安がある人には、消費者金融大手であるプロミスがおすすめです。

プロミスの返済方法は多岐にわたり、「口座振込」「自動引落」「窓口での返済」「コンビニ・銀行ATMでの返済」「プロミスATM」の5つがあります。

ライフスタイルに合わせた柔軟な返済ができるため、はじめて利用できる人でも安心でしょう。

公式サイトへ

低金利|みずほ銀行カードローン

 みずほ銀行カードローン
金利 
限度額
審査 
融資 
:2.0~14.0%
:最大800万円
:公式サイト参照
:公式サイト参照
メガバンクならではの安心感
業界トップクラスの低金利

みずほ銀行のカードローンにおいて注目すべきは、業界トップクラスの低金利でしょう。

できるだけ低金利でお金を借りたいという人であれば、みずほ銀行のカードローンがおすすめです。

公式サイトへ

まとめ

金欠だからといって、すぐに前借りを考えるのは少しばかり早計かもしれません。会社にとってもあなたにとってもリスクが高く、あまりおすすめできる方法ではありません。

それ以外の方法で、なにか金欠を乗り切る方法を考えたほうが賢明でしょう。その中でも食事を削ったり、物を手放したりしないで済む、『借りる』という方法がおすすめです。

特にカードローンを利用すれば自己責任で借りられるため、他人に迷惑をかけたくないという人はアコム・プロミス・みずほ銀行カードローンを検討してみてください。

おすすめカードローン
アコム 金利 
限度額
審査 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
プロミス 金利 
限度額
審査 
:4.5~17.8%
:最大500万円
:最短30分
みずほ銀行 金利 
限度額
審査 
:2.0~14.0%
:最大800万円
:公式サイト参照

お金借りるに関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る