銀行カードローンの審査に落ちる5つの理由を元銀行員が徹底解説

2018年04月20日更新

Mutou
この記事のアドバイザ
元 銀行員
銀行の支店勤務にて、カードローン(個人向け融資)の申込み受付・審査・管理などを含むあらゆる業務を経験。10年以上の勤続期間中に、延べ10,000名を超える利用者に適切な提案を行った。

 この記事はこんな人向けです 
  • 今月、まとまったお金が必要
  • できれば銀行のカードローンを使いたい
  • でも、審査に落ちないか不安

最も身近な「お金を借りる手段」であるカードローンですが、利用にあたっては審査を受けなくてはなりません。
安定した収入があれば誰でも借り入れのチャンスがあるものですが、過去にクレジットカードなどで滞納した経験があったりすると、どうしても審査は不安になりますよね。

自分は審査を通る可能性があるのか、審査落ちしたら打ち手はないのか。その判断をするには、カードローン審査の仕組みと信用情報について知る必要があります。

前提:銀行カードローンの審査は厳しい


前提として、一般的に銀行カードローンの審査は厳しいので誰でも通過できるわけではありません。
また、手続きの都合から審査時間も長引きやすいため、緊急でお金が必要な人は尚さら希望通りの借入ができないケースが目立ちます。

そもそも銀行は保証会社に審査を委託している

実のところ、銀行自身はカードローンの審査をほとんど行っていません。手続きの大半は、それぞれの銀行が提携している保証会社に委託されています。

要するに、銀行カードローンの審査に落ちた人は、保証会社から融資対象外と見なされているのです。

 銀行カードローンの保証会社 
三井住友銀行カードローン
三井住友銀行指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる方

三菱UFJ銀行カードローン
年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人のお客さまで、保証会社(アコム(株))の保証を受けられるお客さま。

じぶん銀行じぶんローン
保証会社であるアコム(株)の保証を受けられるお客さま

ハイリスクだからこそ保証会社は審査を厳しく行う


保証会社にとって、銀行カードローンの審査を担当することは自社の顧客を審査するより何倍もリスクがあります。
なぜなら、万が一銀行カードローンの利用者が返済困難に陥った場合、保証会社が代位弁済を行って返済を代行しなくてはならないからです。

 代位弁済とは

代位弁済とは、(保証会社の保証を付けた)キャッシング(カードローン)などを利用し、万が一返済ができなくなってしまったときに、保証会社が、金融機関に返済を肩代わりし、債権が弁済者に移行することです。

銀行が総量規制の影響を受けないことも保証会社にとってネック


保証会社にとって、銀行カードローンが利用者に対して"貸し過ぎてしまう可能性"も、無視できないリスクです。
通常、保証会社を務める消費者金融や信販会社などは総量規制というルールに従い、利用者の年収の1/3を超える融資は行いません。

 総量規制とは

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。
総量規制の対象となる「個人向け貸付け」とは、個人がお金を借り入れる行為のことです。

銀行は総量規制を守る義務がないため、保証を請け負う消費者金融では許容できない金額を融資する可能性があります。そして、貸し倒れた場合のリスクは保証会社が負うわけです。

銀行の審査が不安な方へ

厳しい銀行カードローンの審査は、正直言って不安がある。そういった方は、消費者金融の審査を受けてみてください。
消費者金融の審査については、この記事の後半でも説明しています。是非、参考にしてみてください。

銀行カードローンで審査落ちする最大の理由は信用情報の傷


保証会社が行う銀行カードローンの審査において、最も重視されている要素は信用情報です。
信用情報に致命的なダメージがあると、いわゆるブラック化した状態になり、あらゆるローン審査に通過できなくなります。

信用情報=過去5~10年間に行ったお金の取引

信用情報とは、個人のお金に関する取引情報を記録したものです。

 信用情報とは

信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。

銀行カードローンの審査では、この信用情報から返済に対する姿勢が読み取られ、踏み倒しのリスクがあると判断されると否決になります。
記載される金融取引の内容にもよりますが、一度信用情報がブラック化すると5~10年は決してカードローン審査に通過できません。

信用情報に問題がなければ銀行カードローンの審査は怖くない

反対に言えば、信用情報さえ無事なら銀行カードローンの審査は怖くありません。
また、信用情報が傷つくのは大きなお金のトラブルを起こした場合だけであり、普通に生活している分には簡単にブラック化しないものです。

よほど大きなトラブルを起こしているわけでなければ、以下のような銀行カードローンの審査を受けてみてください。
もしかしたら、あっけなく通過できるかもしれません。

じぶん銀行じぶんローン
auのスマホを使っているなら、金利割引サービスが行われるじぶんローンがおすすめです!
金利2.2~17.5%審査公式サイト参照
限度額最大800万円融資公式サイト参照
コンビニなし
公式サイトへ ▶

みずほ銀行カードローン
みずほ銀行のカードローンは、業界トップクラスの低金利が魅力です!
金利2.0~14.0%審査公式サイト参照
限度額最大800万円融資公式サイト参照
コンビニ
公式サイトへ ▶

横浜銀行カードローン
横浜銀行カードローンは、メガバンク並の低金利なので返済しやすいです!
金利1.9~14.6%審査最短翌日
限度額最大1,000万円融資最短翌日
コンビニなし
公式サイトへ ▶

元銀行員が解説!信用情報が傷つき審査落ちする5つの理由


カードローン審査の成否を決める信用情報の状態は、信用情報機関に情報開示請求を行えば詳細に確認できます。しかし、開示内容は複雑であり、素人目ではブラックかどうかの判断が難しいのが実情です。

とはいえ、ブラックかもしれないという不安を抱えているなら、それを解消してから申し込むべきでしょう。
実際、信用情報ブラック化の理由はある程度限られているため、5つの項目をセルフチェックすればある程度の判断がつきます。

審査落ちの理由1:他カードローンでの返済遅延

過去にカードローンやキャッシングを利用した経験があり、そこで3ヶ月以上の返済遅延(滞納)をしている人は、即座に審査落ちします。

一部でも返済を行っていたり、3か月以内に遅延状態を解消している場合は望みがありますが、これに該当する場合は申し込みを控えた方が良いでしょう。

Q.どの程度の遅延でブラック化するか

Mutou

元 銀行員|武藤英次

3か月延滞でほぼ審査落ち確定です


一般的に、カードローンの遅延が問題視されるのは「3ヶ月以上継続して遅れている場合」です。また、遅延3ヶ月以内であったとしても、カードローン会社の判断で強制解約などの措置がとられると、その時点で金融事故化が決定し、他審査に通過できなくなります。

審査落ちの理由2:クレジットカード代金の滞納

滞納が信用情報に傷を残すのは、キャッシングやカードローンだけではありません。
普段何気なく利用しているクレジットカード、うっかり支払いを滞らせてしまっていませんか?

通常2~3ヶ月以上の滞納をするとクレジットカードそのものが利用停止となりますが、その情報は信用機関に登録されているので、銀行カードローンで審査落ちする理由となるのです。

Q.何回滞納すると審査落ちするか

Mutou

元 銀行員|武藤英次

2回以上の滞納は審査に悪影響を及ぼすでしょう


基本的に、クレジットカードの支払い遅れは、1度目ならば信用情報に大きな影響を与えません。しかし、1年間に2度以上の滞納が生じた場合、カード会社によっては金融事故として信用情報に記録を残してしまいます。
もちろん、滞納回数が増すほどに他審査への悪影響は大きくなります。

審査落ちの理由3:携帯料金(本体料金)の滞納

スマートフォンの普及にしたがって増加しているのが、携帯料金の支払い滞納です。
もし携帯料金の滞納に心当たりがあるのであれば、銀行カードローンに申し込みするのは控えた方が良いでしょう。

月額料金は問題ありませんが、本体料金を割賦払いしている場合、その支払いが遅れると信用情報に傷がつきます。

Q.何ヶ月程度滞納すると審査落ちするか

Mutou

元 銀行員|武藤英次

基本的に3ヶ月目には審査落ち要因となります


信用情報に影響するのは、スマートフォン本体の端末料金を割賦払いにしている場合です。端末料金の支払いが何ヶ月以上滞納すると問題視されるのかは、残念ながら好評されていません。
しかし、一般的には、3ヶ月以上継続して滞納した時点でアウトとなります。

審査落ちの理由4:複数カードローンへの同時申込

短期間に複数の銀行カードローンへ申し込みした場合、その申し込み履歴そのものが審査落ちの理由になり得ます。申し込みをすると信用機関にその情報が登録され、1ヶ月に3件以上になると「申し込みブラック」という状態になってしまい、審査落ちの原因となってしまうのです。

Q.複数社への同時申込が審査落ちにつながる理由

Mutou

元 銀行員|武藤英次

多重債務のリスクが懸念されるからです


複数のカードローンに申し込んでいるということは、その人が複数社から同時借入する「多重債務者」になるリスクを示します。多重債務は返済困難に陥りやすく、通常より大きな返済能力が求められるので、審査が更に厳しくなるのです。

審査落ちの理由5:自己破産などの債務整理

自己破産のような債務整理は、信用情報を即ブラック化させます。
過去10年間で法的に借金問題を解決した経験があるなら、銀行カードローンの利用は諦めるべきでしょう。

Q.債務整理後、どの程度の期間を置けばいいか

Mutou

元 銀行員|武藤英次

5~10年は待っておきたいところです


信用情報には、債務整理の記録が5年~10年は残ります。また、債務整理の記録が消えても、すぐにカードローンの審査に通るわけではありません。
信用情報のマイナスは消えますが、プラスの情報も全くゼロの状態になってしまうためです。
信用を最初から積み直さなければならない状態にあるので、比較的契約しやすいクレジットカードなどで、堅実に実績を積み直す期間が最低半年以上は必要となるでしょう。

信用情報は問題ないのに審査落ちしたなら3つのポイントを振り返ろう


信用情報に問題がなければ、申し込みの時点で何かしらの問題があったと考えるべきです。
すでに送信した申し込みフォームは確認できませんが、当時の様子を想い出し、以下のポイントを振り返ってみてください。
そして、次のカードローン申し込みに備えましょう。

ポイント1:申し込み当時の勤続年数

銀行カードローンを利用できるのは、収入が安定している人だけです。
この条件をクリアするには、年収が高いことより一定期間以上働いているという事実が重要とされています。

無職の方が借入できないのは当然ですが、非正規雇用であっても3ヶ月以上働いていれば望みがあります。前回申込時より、多少でも勤続期間が長くなっていれば、次の審査は通過できる可能性があるでしょう。

ポイント2:フォームに記入した借入希望額

銀行カードローンの申し込みフォームには借入希望額記入欄がありますが、収入に対して多すぎる金額で申し込むと、踏み倒しのリスクがあるため審査落ちの理由となります。

確かに、前述した総量規制の影響がないため、銀行カードローン自体は理論上余裕をもった融資ができます。しかし、審査を担当する保証会社としては借入金額とリスクが比例するのです。

「カードローン申し込みは必要最低限の希望額で」が鉄則です。

ポイント3:提出した必要書類

銀行カードローンの審査では、特定の書類提出を求められます。例えば、本人確認に必要な身分証明書
基本的にはスマートフォンで撮影した画像をネット上で送信すれば提出できますが、その画像に不明瞭な個所があると手続きが正常に完了しません。

書類不備は再提出を求められるため、審査落ちに直結することは稀ですが、その他の審査状況次第では否決もあり得るでしょう。少なくとも、審査時間は確実に長引きます。

※以上の条件を満たしている場合であっても、審査に落ちる可能性があるので、注意してください。また、実際の審査基準は公開されていないため、弊社での取材・調査によるものである点ご了承ください。

銀行カードローンは審査落ち、でもお金が必要…


借りられないと本当に困る
でも、銀行カードローンの審査は不安…
収入が低くても通るのはどこ?

お金が無いと本当に困るのに、申し込んだ低金利な銀行カードローンはまさかの審査落ち。そんな状況でも、お金を用意できないリスクは無視できませんよね。

どうしてもお金が必要なら、消費者金融の審査を受けてみてください。

カードローン審査の専門家「消費者金融」

消費者金融は個人向け融資をメインに行う金融機関であり、カードローン審査の専門家と言えます。

実際、多くの銀行から審査業務を委託されており、消費者金融は1日に何千人もの申込者を審査し続けているのです。

当然、スコアリングに必要な利用者の統計データは日々充実していき、審査の精度とスピードも成長し続けています。

収入が低くても消費者金融から借りられる

パートやアルバイトなど、非正規雇用で収入に自信が無い方も、消費者金融の審査に通る可能性は十分にあります。

もちろん、無職ではどんな審査も落ちますが、安定的であれば低収入であっても問題ありません。

具体的に、毎月2万5,000円程度の収入を得られているなら、審査を過度に不安がる必要はないでしょう。

審査のプロだからこそ成約率も高い

統計データが充実している消費者金融は、どういった人物がしっかり返済してくれるのかを熟知しています。
そのため成約率も高水準をキープしており、多くの利用者が満足のいく借入ができているのです。

アコムの成約率
期間16/0616/0916/1217/0317/06
新規顧客60,113118,395177,274234,83860,576
成約率48.0%48.3%48.5%48.0%49.1%

これは、大手消費者金融アコムが公表している成約率(新規貸付率)です。いまいちピンと来ないかもしれませんが、アコムの利用者数が述べ1,000万人を超えている事実を考えれば、どれだけ多くの人が借入できているのかわかるでしょう。

銀行系の消費者金融なら安心して利用できます

「消費者金融」と聞くと取り立てが怖いのではないかといった不安を感じる方もいるでしょうが、安心してください。

個人にお金を貸しつける会社は利用者に不安や恐怖を与える行為を法律で禁じられており、特に知名度が高い銀行系の消費者金融なら、これに違反することはありません。

また、銀行系の消費者金融には

  • ・利用していることが誰にもバレない
  • ・取り立て行為を行わない
  • ・オペレーターの対応が丁寧

といった特徴が共通しています。

加えて、レディースダイヤルを設置している消費者金融も多いので、女性でも安心して利用することができるでしょう。

では、具体的にどういった銀行系消費者金融が安心なのか?おすすめは、以下の通りです。

三菱UFJフィナンシャル・グループのアコム

三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムは業界トップクラスの利用者数を誇る大手カードローンであり、成約率も高水準を保ち続けています。
アコムの審査は最短30分で終了するスピードを誇るので、緊急時こそ力になってくれるでしょう。

アコム
申し込みの手軽さと審査の早さで人気を集める、延べ利用者数1,000万人超えの業界人気トップクラスのカードローン!
金利3.0~18.0%審査最短30分
限度額最大800万円融資最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス

三井住友銀行グループのSMBCコンシューマーファイナンスが提供しているプロミスも、最新成約率が46.0%と高水準です。
プロミスも審査が早く、ネットから申し込むとカード発行の有無も選択できるので、借り入れの手間を減らしたい方にピッタリと言えるでしょう。
特に、20代~30代の若い方から人気のカードローンです。

プロミス
ネット上で申し込めば最短1時間でお金を借りられる、幅広い層から人気のカードローン!
金利4.5~17.8%審査最短30分
限度額最大500万円融資最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

三井住友銀行グループのSMBCモビット

審査の早さに着目するなら、公式サイト限定で10秒簡易審査を実施しているSMBCモビットもおすすめです。
三井住友銀行グループの会社なので、安心感も文句なしと言えるでしょう。
なお、SMBCモビットは大人の方向けに作られたカードローンで、40代以上の方から特に利用されています。

SMBCモビット
三井住友銀行グループの会社なので、安心感が大きいカードローン!
金利3.0~18.0%審査公式サイト参照
限度額最大800万円融資最短即日
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

まとめ

銀行カードローンの審査は、保証会社がほとんどの工程を請け負っています。これはハイリスク・ローリターンな業務なので、必然的に審査のハードルは高くなるのです。

この点が改善されていない裏には、ほとんどの銀行にカードローン審査のノウハウが無いという事情があります。
どうしてもお金が必要という状況に置かれた利用者にとって、これは"融資の可能性低下"と"審査スピードの鈍化"というデメリットを招いているのです。

反対に言えば、カードローンに関するノウハウが十分に蓄積されている消費者金融を選べば、このデメリットは解消できます。審査に不安があるなら、そういった点を考慮してカードローンを選んでください。

迷っている方は人気が高いカードローンをどうぞ

正直言って、どのカードローンを選ぶのが適切なのか迷っている。
そういった方は、人気の高さに着目してください。

人気が高いということは、それだけ多くの人が満足のいく借入に成功している証拠です。
例えば、この記事を読んでいる方からは以下のカードローンが特に人気です。

アコム
申し込みの手軽さと審査の早さで人気を集める、延べ利用者数1,000万人超えの業界人気トップクラスのカードローン!
金利3.0~18.0%審査最短30分
限度額最大800万円融資最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

プロミス
ネット上で申し込めば最短1時間でお金を借りられる、幅広い層から人気のカードローン!
金利4.5~17.8%審査最短30分
限度額最大500万円融資最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

SMBCモビット
三井住友銀行グループの会社なので、安心感が大きいカードローン!
金利3.0~18.0%審査公式サイト参照
限度額最大800万円融資最短即日
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

関連記事一覧

・富山銀行カードローンの審査について
・島根銀行カードローンの審査について
・北海道銀行カードローンの審査について
・富山第一銀行カードローンの審査について
・沖縄海邦銀行カードローンの審査について
・大正銀行カードローンの審査について
・オリックス銀行カードローンの審査について
・愛知銀行カードローンの審査について
・徳島銀行カードローンの審査について
・楽天銀行カードローンの審査について
・中京銀行カードローンの審査について
・山梨中央銀行カードローンの審査について
・静岡中央銀行カードローンの審査について
・東京都民銀行カードローンの審査について
・青森銀行カードローンの審査について
・神奈川銀行カードローンの審査について
・ソニー銀行カードローンの審査について
・八十二銀行カードローンの審査について
・香川銀行カードローンの審査について
・北陸銀行カードローンの審査について
・四国銀行カードローンの審査について
・宮崎銀行カードローンの審査について
・広島銀行カードローンの審査について
・紀陽銀行カードローンの審査について
・山口銀行カードローンの審査について
・沖縄銀行カードローンの審査について
・福井銀行カードローンの審査について
・鳥取銀行カードローンの審査について
・イオン銀行カードローンの審査について
・栃木銀行カードローンの審査について
・中国銀行カードローンの審査について
・東北銀行カードローンの審査について
・常陽銀行カードローンの審査について
・長野銀行カードローンの審査について
・北都銀行カードローンの審査について
・滋賀銀行カードローンの審査について
・但馬銀行カードローンの審査について
・千葉興業銀行カードローンの審査について
・きらやか銀行カードローンの審査について
・大光銀行カードローンの審査について
・みなと銀行カードローンの審査について
・足利銀行カードローンの審査について
・関西アーバン銀行カードローンの審査について
・岩手銀行カードローンの審査について
・みずほ銀行カードローンの審査について
・北九州銀行カードローンの審査について
・佐賀銀行カードローンの審査について
・荘内銀行カードローンの審査について
・八十二銀行カードローンの審査について
・武蔵野銀行カードローンの審査について
・福邦銀行カードローンの審査について
・名古屋銀行カードローンの審査について
・北越銀行カードローンの審査について
・南日本銀行カードローンの審査について
・銀行カードローンの審査について
・スルガ銀行カードローンの審査について
・ジャパンネット銀行カードローンの審査について
・親和銀行カードローンの審査について
・秋田銀行カードローンの審査について
・北洋銀行カードローンの審査について
・十八銀行カードローンの審査について
・スルガ銀行カードローンの審査について
・百五銀行カードローンの審査について
・ソニー銀行カードローンの審査について
・十六銀行カードローンの審査について
・京葉銀行カードローンの審査について
・山形銀行カードローンの審査について
・みずほ銀行カードローンの審査について
・東邦銀行カードローンの審査について
・筑邦銀行カードローンの審査について
・横浜銀行カードローンの審査について

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • ■本サイトのご利用に関する注意事項
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

ページトップに戻る