銀行カードローンの審査落ち理由と借入れ可能にする方法【再申し込みはNG?】

2017年08月16日更新

Muto
この記事のアドバイザ
元 銀行員
銀行の支店勤務にて、カードローンの申込み受付・審査・管理などを含むあらゆる業務を経験。10年以上の勤続年数があり、対応した利用者は10,000名以上。カードローンをはじめとする金融関連商品についての執筆実績は数百件を超える。

この記事はこんな人向けです

お金を借りたいけど審査に落ちてしまった
どうすれば審査に落ちずに借りれるのか知りたい
審査が甘い借り入れ先を知りたい
むしろ、みんなどこで借りているの?

Mobit

お金を借りたい人が重要視するのは、何と言っても「金利の低さ」ではないでしょうか。そうなると、やはり銀行カードローンという選択肢にたどり着くのは自然なことと思います。

銀行カードローンには当然ながら審査があります。人によっては、その審査に落ちてしまうケースもあるでしょう。銀行カードローンで審査落ちしてしまった場合、もうお金を借りる手段は残されていないのでしょうか?今回は審査落ちに関してのアレコレを解説します。


お金の達人:松阪さん

銀行カードローン → 審査が厳しい
消費者金融 → 銀行に比べると通りやすい

ということで知られていますが、審査落ちになるには必ず「理由」があります。今回はそれを検証してみましょう。

銀行カードローンの審査は厳しい

Check

一般的に銀行カードローンは審査が厳しいとされています。
無担保(保証人・保証金不要)かつ低金利でお金を貸付する以上、踏み倒しが発生しないよう、あらかじめリスクを回避しなければならないからです。

そのためたとえ通過が来たとしても、結果通知までに数日から1週間以上かかるケースも珍しくありません。

審査通過率は3~4割

素材4

新生銀行カードローンはレイクですが、新生銀行の決算報告書によると、2015年におけるレイクの申し込み成約率(審査通過率)は33.9~38.7%となっていました。

要するに、10人に7人が新生銀行のカードローンを利用できないのです。

素材5

対して、大手消費者金融アコムの成約率は決算報告書によると48%を超えており、約5割となっています。

このように、銀行カードローンの審査通過率は消費者金融のそれと比較して、どうしても低めになってしまうのです。

審査落ち後に消費者金融を利用する人が多い

では、審査に落ちたらお金を借りるのは諦めなければならないのでしょうか?
一般的に銀行カードローンで審査落ちした人は、その後消費者金融に申し込む傾向にあります。

実際、審査が厳しい銀行カードローンで落ちた人であっても、消費者金融ならキャッシングできたというケースは珍しくありません。

何とかなる審査落ちの理由

Bed3

カードローンで審査落ちする理由の中には、消費者金融なら問題視されなかったり、今からでも十分に改善できたりするものがあります。

以下の要因に心当たりがあるのなら、あなたにはまだチャンスが残されていると言っていいでしょう。

収入・勤務状況が良くない

勤続期間が半年以内であったりアルバイトやパートであったりする場合は、継続的な返済が難しいと判断されてしまい、審査落ちしてしまう場合があります。

しかし消費者金融の場合は、多少勤続期間が短く雇用形態が不安定であっても、収入があれば基本的に審査落ちの要因にはなりません。
審査が長引く可能性はありますが、申し込みを恐れる必要はないでしょう。

実際マネットの編集者が消費者金融に申し込みを行ったところ、勤続期間3ヶ月の契約社員でも問題なく契約ができました。

4件以上のカードローンを使っている

4件以上のカードローンから借り入れをしていると、消費者金融であっても審査落ちする可能性があります。

しかし手持ちのカードローンをまとめて3件以下にしておけば、消費者金融に新規申し込みして審査に通過できる可能性は十分にあるでしょう。

信用情報に傷が無いかチェック!

Fffa003c1b330b1bc0b402abcb376ff2 s

審査落ちする理由の中には、時間が経つのを待つ以外に解決策が無いものも存在します。それは信用情報の傷、いわゆるブラック情報というものです。信用機関が保管している信用情報に問題があると、安定的な返済が難しいと判断されてしまい、即座に審査落ちしてしまうのです。

素材1

このように信用情報の傷は、場合によって5~10年もの長期間にわたって残り続けます。
あなたの信用情報は大丈夫でしょうか?

他社で返済遅延を起こしていないか?

過去にカードローンやキャッシングを利用した経験があり、そこで3ヶ月以上の返済遅延(滞納)をしている人は、即座に審査落ちします。

一部でも返済を行っていたり、3か月以内に遅延状態を解消している場合は望みがありますが、これに該当する場合は申し込みを控えた方が良いでしょう。



Q.どの程度返済遅延すると他社の審査に落ちるか

元 銀行員|武藤英次
3か月延滞でほぼ審査通過の望みはなくなります

カードローンの延滞情報は、信用情報機関においては3か月以上の延滞が記録されるものと定義されています。
そのため、3か月以上延滞をしてしまった時点で、他社の審査の通過はほぼ不可能となります。
ただし、3か月以内の延滞であっても、カードローン会社の判断により、口座の強制解約などの措置が行われる場合もありえます。
延滞が複数回に及んだり、督促の連絡に応じないなどカードローン会社に悪質と判断されてしまった場合、早期に強制解約が執行される可能性もあるのです。
そうなると、延滞3か月以内であっても、他社の審査通過は事実上不可能となります。

クレジットカードの支払を滞納していないか?

滞納が信用情報に傷を残すのは、キャッシングやカードローンだけではありません。
普段何気なく利用しているクレジットカード、うっかり支払いを滞らせてしまっていませんか?

通常2~3ヶ月以上の滞納をするとクレジットカードそのものが利用停止となりますが、その情報は信用機関に登録されているので、カードローンやキャッシングで審査落ちする理由となるのです。



Q.クレジットカードの滞納は何回目から審査落ちにつながるか

元 銀行員|武藤英次
複数回以上の滞納は審査に悪影響を及ぼすでしょう

クレジットカードの返済状況は、信用情報として随時記録されています。そのため、滞納している事実はカードローン会社にも伝わってしまいます。
1度の短期滞納程度は大目に見てもらえる場合も多いようですが、1年以内に2度以上延滞すると、心証はかなり悪くなるでしょう。
複数回の延滞によって、必ず審査に落ちるというものでもないのですが、審査にマイナスの影響を及ぼすのは間違ありません。
また、1度の延滞でも、2~3か月以上の延滞は即悪影響となるので注意が必要です。さらに、滞納が解消されていない状態での新規申込みは、短期滞納でも悪影響となる可能性があります。

携帯料金を滞納していないか?

スマートフォンの普及にしたがって増加しているのが、携帯料金の支払い滞納です。
もし携帯料金の滞納に心当たりがあるのであれば、銀行カードローンや消費者金融に申し込みするのは控えた方が良いでしょう。

意外に思うかもしれませんが、携帯料金の支払い遅れも金融トラブルとして信用機関に登録されているのです。



Q.スマホ料金の滞納は何ヶ月目から審査落ちにつながるか

元 銀行員|武藤英次
割賦返済分の滞納は3か月で完全アウトとなります

スマートフォンの端末を分割払いで購入している場合は、代金を滞納すると、信用情報に登録されます。
ただし、携帯キャリアから信用情報機関へ報告される割賦販売の滞納情報は、どの程度の滞納で延滞報告されるか公表されていません。
1か月程度の滞納であれば見逃してもらえる場合も多いようですが、絶対安心というわけでもないでしょう。
滞納が3か月に渡ると、問答無用で異動情報に登録されてしまうので、審査に通ることはほぼ不可能となります。

自己破産や過払い金請求の経験はないか?

自己破産や過払い金請求といった債務整理は、金融トラブルとして信用情報の傷となります。

過去10年以内に債務整理を行った人は、新規にカードローンやキャッシングに申し込むのを控えた方が良いでしょう。



Q.自己破産して何年待てば審査に通るか

元 銀行員|武藤英次
最低でも5年~10年プラスアルファの期間が必要です

自己破産は金融事故なので、相応のペナルティーは覚悟しなければなりません。
信用情報には、自己破産した記録が5年~10年は残ります。
反対に言えば、この5年~10年が経過すれば、自己破産の記録も信用情報からは抹消されます。
ただし、自己破産の記録が消えても、すぐにカードローンの審査に通るわけではありません。
信用情報のマイナスは消えますが、プラスの情報も全くゼロの状態になってしまうためです。
信用を最初から積み直さなければならない状態にあるので、比較的契約しやすいクレジットカードなどで、堅実に実績を積み直す期間が最低半年以上は必要となるでしょう。

1ヶ月以内に3件以上申し込みしていないか?

ここまで審査落ちの理由をいくつか紹介しましたが、そのいずれにも心当たりがない場合、もしかしたら銀行カードローンや消費者金融への申し込み回数が問題になっているかもしれません。

実は、申し込みをすると信用機関にその情報が登録され、1ヶ月に3件以上になると「申し込みブラック」という状態になってしまい、審査落ちの原因となってしまうのです。

申し込みを何度も繰り返してしまった場合は、少なくとも1ヶ月は間をおいて次の消費者金融の利用を検討しましょう。その場合は「同じ金融機関への再申し込み」もNGです。再申し込み自体は、できないワケではありませんが、高い確率で審査落ちになります。



Q.複数社への同時申込が審査落ちにつながる理由

元 銀行員|武藤英次
申込情報は双方のカードローン会社に筒抜けのためです

審査落ちを心配するがあまり、複数社への同時申込みをしてしまう方も多いです。しかし、これはおすすめできる方法ではありません。
カードローン会社は、申込情報についても信用情報機関へ登録を行うので、同時申込みをしたカードローン会社双方に、申込み情報が伝わる仕組みになっています。
他社の返済についても考慮して審査せねばならないので、単独で申し込みを行った場合よりも、審査はより厳しくなるのは当然です。
同時でなくとも、短期間に申込みを繰り返したような場合は、申込みブラックなどと呼ばれる状況に陥るので、極力半年程度は申込み間隔を空けるのが理想と言えるでしょう。

審査通過率を上げるポイント

Phone

信用情報の傷に心当たりがないのであれば、消費者金融でキャッシングできる可能性が残されています。

銀行カードローンで審査落ちしたからと諦めるのは、まだ早いのです。
しかし消費者金融に申し込みするにあたっても、審査通過率を向上させる工夫はしておくべきでしょう。

借入希望額は必要最低限に抑えよう

「とりあえず10万円あれば足りるはずだけど、足りるか不安だから多めの希望額で申込しよう」

そう考えて大きすぎる金額で申し込むと、手続きが長びいたり最悪の場合では審査落ちしたりする可能性もあるのです。
スムーズにキャッシングするためには、必要最低限の金額で申し込むようにしましょう。

複数申込みは避けよう

1度に複数の消費者金融や銀行カードローンに申し込みすると、それが信用情報の確認を行う段階でばれてしまい、審査落ちするケースがあります。

「沢山申込みすれば1件くらいは契約できる」

そんな考えで無暗に申し込みするのはやめましょう。最悪の場合、それが原因で申し込みブラックになる可能性すらあるのです。1件の消費者金融に審査落ちしてしまったら、まず自分の中で改善できるポイントが無いかどうかを洗い出してみましょう。

あなたの仕事の状況は?

審査の基準となる要素の中に「仕事の状況」があります。無職→フリーター→契約社員→正社員というように、仕事の状況に応じて審査落ちの可能性も変わってきます。

もしあなたが仕事の状況を改善できるなら、今すぐにすべきと言えるでしょう。無職ならば仕事を探すべきですし、フリーターで審査落ちしてしまったなら契約社員や正社員を目指すべきです。それだけで審査落ちの可能性は下がると言って良いでしょう。

審査落ちの理由を見極めて改善できる部分を探そう

News

銀行カードローンで審査落ちしたからと言って、何も悲観的になる必要はありません。自分が審査落ちしてしまった理由をきちんと見極めて、改善できる部分を探してみましょう。仕事、他社の借り入れ、クレジットや身辺の整理など。下記にまとめて記載しますので、該当する部分がないかどうか、おさらいしましょう。

おさらい

【何とかなる審査落ちの理由】
・短すぎる勤続期間と不安定な雇用形態
・4件以上の多重債務

【信用情報の傷】
・他社での返済遅延
・クレジットカードの長期滞納
・携帯料金の長期滞納
・債務整理
・申し込みブラック

信用情報の傷があると、最大10年待たなければ審査通過は望めません。

銀行カードローンで審査落ちしたら、まずはその原因を考えてみてください。お金を借りる金融機関は銀行だけでなく、消費者金融もあります。ぜひ検討してみてください。

銀行カードローンで審査落ちした人の体験談

Josei

 プルプルさん
 26歳女性OL
うーん。銀行の審査は厳しいって聞いてたのですが、噂は本当だったみたいです。どこの銀行かは言いませんが、申し込みをしてから 数日待たされた挙句に、残念ながら融資はできませんとの回答をもらいました。

 ガンさん
 41歳男性ドライバー
離婚した前妻に払わなければいけない養育費がどうしても払えなくて、仕方なく銀行カードローンを申し込みするも、貸せないと言われました。

別れた妻には、払えない場合は私の両親に請求すると言っているし、どうしたら良いのでしょうか。本当に首が回りません。。


 みこさん
 24歳男性パート
銀行ってお金持ってるんでしょ?まして、M銀行なんて誰でも知ってる大規模なんだからさ。お金少しくらい貸してくれても良いのに。はぁ~審査落ちなんてへこむ。。。

【注目】銀行で借りられなかった人は皆どうしているか?

Dentaku

ここから先はこんな人向けです

お金が必要なのに銀行で借りられなかった
支払い期日が近いのに、手元にお金がない
ヤバイ…このままじゃ本気でマズイ…

そんなピンチに立たされた時、どうしたら良いのでしょうか。

借りられると思っていた銀行カードローンで、思うような結果が得られなかった場合、周囲の人はどのような方法でピンチを乗り切っているのでしょうか。

ほとんどの人が消費者金融を使っている

事実として、消費者金融でお金を借りている人は、全国に数百万人以上もいます。

消費者金融は銀行に比べてサービスが充実していて、用途に応じて使い分けることができます。気になる金利に関しても、引き下げができる可能性は非常に高いので、結果的に銀行よりも安く使えている人も少なくありません

具体的に、どこのカードローンサービスが利用されているかをチェックしましょう。

使い勝手の良さなら絶対に「アイフル」

消費者金融を選ぶなら絶対に大手を選ぶべきです。中でもアイフルは、使いやすさが圧倒的に良く、女性からも人気の高いカードローンです。

アイフルを初めて利用する人は、30日間の無利息期間を利用することができます。つまり、短期間のキャッシング利用であれば、利息ゼロで使うことも可能です。しかも、申し込みをした日にお金を貸してくれる「即日融資」も可能です。

 アイフルアイフル株式会社
金利 
限度額
審査 
融資 
:4.5~18.0%
:最大500万円
:最短30分
:最短即日
30日分の利息が完全ゼロ円!
郵送物が届く時間を指定できる!
公式サイトへ▶

 北京原人さん
 36歳男性会社員
★★★★★(4.9)

もう3年ぐらいアイフルを使っていますけど、使いにくいと感じたことはありませんね。
申込方法:web契約審査時間:当日中借入方法:ATM借入金額:50万円


 かーちゃんさん
 25歳女性パート
★★★★★(4.6)

アイフルには色々と助けてもらってます。独身の頃からずっとです。旦那にバレたら怒られるかな…
申込方法:web契約審査時間:当日中借入方法:ATM借入金額:30万円

公式サイトへ

利用者の数で選ぶなら「アコム」

消費者金融のアコムは、2016年時点で業界ナンバーワンの利用者数を誇ります。その数は約141万人で、営業貸付残高は約7,600億円にもなります。

アイフルと同様に30日の無利息期間があるので、利息負担は非常に軽くできるでしょう。

 アコム三菱UFJフィナンシャル・グループ
【評価】★★★★★(4.6)
金利 :3.0~18.0%
限度額:最大800万円
審査 :最短30分

利用者数が全国でダントツNo.1!
30日分の利息が完全ゼロ円!
最短60分で借りられる!

 大三元さん
 34歳男性会社員
★★★★★(4.7)

アコムはコンビニのATMで借り入れも返済もできるので、本当に楽ですね。必要な時にパっと借りられて、少し余裕ができた時にもサクっと入金できます。

さすがカードローンの大手と言うだけあって、オペレーターさんも凄く丁寧だし、機能も解りやすいです。
申込方法:web契約審査時間:1時間以内借入方法:ATM借入金額:50万円


 MINAさん
 25歳女性契約社員
★★★★★(4.5)

はじめてのアコムでしたが、特に戸惑うこともなく進められました。

銀行で借りることができなかったので、アコムもダメかな~と思ってたのですが、すぐ利用できて逆にビックリしました。
申込方法:web契約審査時間:当日中借入方法:ATM借入金額:30万円

公式サイトへ

お金を借りる先はよく考えて最適判断を

銀行にしても消費者金融系カードローンにしても、お金を借りるのは甘くありません。申し込みをした人の半分以上は審査落ちになってしまうという現実もあります。

それぞれ提供しているサービスに違いもあり、使い勝手も違います。審査や金利が気になるのはもちろんですが、融資までの早さ、店舗数、サポートなど、比較するべき点は色々あります。

お金を借りるのはカンタンなことではありませんが、比較検討したうえで最適判断をできるように心がけてみてください。


松阪さん

銀行はお金を預かったり、運用したり、金融商品の販売などもおこなったりしますが、消費者金融は「貸す」ことがメインの業務です。そのため、無利息期間・即日対応・金利引下げの可能性など、利用者にとっての「借りるメリット」がたくさんあるんです。

中には、最初から銀行ではなく消費者金融へ行く人もいます。賢く使う方法は、いくらでもあるんですよ。


カズくん

なーるほど!勉強になります!

この記事で紹介したサービス

◆アイフル株式会社
「アイフル」公式ページ

◆三菱東京UFJフィナンシャル・グループ
「アコム」公式ページ

特徴から探す

低金利で借りられるカードローン徹底比較
この記事に関するキーワード

主婦向けのカードローンに関する記事

注目の特集

ページトップに戻る