プロミスの審査は厳しい?仮審査と本審査の違いと契約方法

本コンテンツには、紹介している商品・商材の広告(リンク)を含む場合があります。 これらの広告を経由して読者が企業ホームページを訪れ、成約が発生すると弊社に対して企業から紹介報酬が支払われるという収益モデルです。 ただし、特定の商品を根拠なくPRするものではなく、当編集部の調査/ユーザーへの口コミ収集などに基づき、公平性を担保した情報提供を行っています。
>提携企業一覧
プロミスの審査は厳しい?仮審査と本審査の違いと契約方法
この記事に関するアドバイザ・編集者

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

マネット編集担当/キャッシングガイド

奥山 裕基

FP資格を有し、カードローン・商品者金融および貸金業に関する豊富な知識を持つ編集者。関連法規(貸金業法・金融商品取引法等)の理解を深めつつ、多数のローン経験者へのインタビューや金融機関勤務経験者へのヒアリングをもとにリアルな情報収集を怠らず、自身も当サイトにおいて1,000本を超える記事を執筆。生活に欠かせない「お金」だからこそ最適な意思決定を支援したいという理念のもとに情報発信を行っている。

check icon

この記事はこんな人向け

  • 審査がはやいプロミスでお金を借りたい!
  • 審査ではなにを見られるのかな…
  • みんなはお金を借りられてるの?

そんな人は、まず先にプロミスの「お借入診断」を受けましょう。

プロミスへの申込方法は「WEB申込」「来店申込」など、いろいろな方法が用意されています。

どれも基本的には、申込=本審査となりますが、プロミスには仮審査をおこなえる場所が用意されています。それが「お借入診断」です。

今回はプロミスの準備しているお借入診断について見ていきましょう。

この記事の目次

プロミスに借入の申込をする前に「お借入診断」をしよう

プロミスで借入の申込をする際には、最初に「お借入診断」をおこなうことになります。この1秒でできる借入診断とは、仮審査と呼ばれているものです。

仮審査はパソコンやスマホといったデバイスから入力することができ、この仮審査の結果によって借入が可能かを判断してもらうことができます。

そのため、プロミスで借入を希望している人は、まず「お借入診断」から申込をするといいでしょう。そうすることで、無駄な時間を省くことが出来ます。

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

ネット上の借入診断は、信用情報を除いた情報で判断しています。

借入診断では年齢、他社借入件数、他社借入残高、年収を入力するだけで借入可能かどうかを判定してくれます。とくに年収や他社借入残高は審査でも重要な項目で、消費者金融であれば総量規制の問題から、年収の3分の1以内の借入が認められます。しかし、借入診断では最も重要な信用情報を照会していません。信用情報に問題がある場合は、本審査に通過できないこともあります。

プロミスの仮審査の必要事項

プロミスの仮審査をおこなうための必要事項は、上記に挙げたたったの3つだけです。これら3つを「お借入診断」で入力すると、仮審査結果が表示されます。

仮審査で通っても本審査を通過するとは限らない

プロミスの借入申込をWEB上でおこなうと、本審査がおこなわれます。まず本審査とは、借入主情報に嘘偽りがないかを確認するための審査です。

そして、申込内容に問題がなければ契約可能額が決定され、その旨が指定の連絡先に伝えられます。

ただし、仮審査では契約可能と判断されても、場合によっては審査に落ちてしまうので注意して下さい。

プロミスの審査とは、WEB上で申込した内容をシステム上で自動処理するもので、審査結果を早く伝えることができるようになっています。

この審査は「9:00~21:00」でおこなわれるので、時間を見て利用してみるのが良いでしょう。

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

仮審査は機械、本審査は人の手でおこなわれます。

カードローンは仮審査と本審査に分かれています。仮審査では、スコアリングという手法で融資可否を判断します。スコアリングとは、申込者の申告情報を数値化し、返済能力を判断することです。一方、本審査では仮審査の内容に加えて、本人確認書類や信用情報と照らし合わせながら申込者の返済能力をより慎重に調査します。ここで申込内容が間違っていた場合には仮審査からやり直しになることもあるため注意しましょう。

WEBの本審査の流れと必要事項

  1. スマホかPCからお客様情報の入力
  2. 確認訂正
  3. 借入・契約内容入力
  4. 確認訂正
  5. 申込完了

WEB申込におけるプロミスの本審査の流れは、上記のようになります。

そして必要事項は、氏名や生年月日などの「お客様情報」と、自宅の郵便番号や住所などの「自宅情報」、勤務先名などの「勤務先情報」となっています。

そのため、これらを入力し希望の借入金額等を入力すれば申込が完了でき、本審査を受けることができます。なお、仮審査の内容を引き継いで入力すると手続きが短くなりおすすめです。

本審査に通ればプロミスと契約

プロミスの審査の結果は、最短3分で知ることができるようになっています。

※状況によっては1時間以上かかる場合もあります。

そしてこの結果で無事に審査に通過していれば、プロミスと契約することができます。

また、プロミスと契約を済ませると、24時間振込可能な金融機関の口座があれば、契約金額を指定口座に10秒で振込してもらえます※。

※金融機関によって振込実施時間は異なります。

この書類などの受け取りが完了すると契約が無事締結したことを意味します。

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

仮審査に通れば、本審査に通る可能性が高くなります。

審査の中では、仮審査が最も重要です。審査の定義を「お金を貸せる人かどうかを判定すること」と定義するならば、仮審査こそが審査です。仮審査に通過できれば「申込内容に不備がある」「在籍確認ができない」「社内ブラックである」以外の場合には本審査に通過できる可能性がでしょう。少なくとも、お金を貸しても問題がない人と判定されているため、本審査に落ちた場合でも、他社なら審査に通過できる可能性があります。

早く済ませたいなら「WEB申込」

プロミスへの申込方法は、WEB申込・電話申込・無人契約機での申込などが準備されています。この中で、もっとも多くの人に選ばれているのは「WEB申込」です。

ネットの普及に伴い、プロミスの店舗に足を運ぶ必要はなくなりました。今は、PCやスマホから申込をする人が大多数を占めています。

WEBで申込をして、審査完了後、当日中にお金を必要とする人だけが、振込融資やスマホATMを利用するといった具合です。

また、WEBでプロミスに申込をした場合は、カードなしで契約をすることも可能です。これにより、周囲の人に知られる可能性が減るので、家族持ちの人などに重宝されています。

プロミスの審査時間は最短3分!

大手消費者金融のSMBCコンシューマーファイナンスのカードローン、プロミス。TV-CMや屋外広告などで宣伝をしていて知名度のある商品と言えます。

そんなプロミスの強みは、審査時間が最短3分だと言うことです。

まず始めにカードローンというのは、個人の信用でお金を貸付します。担保や保証人は必要ありません。そのため、実際にその人にお金を貸しても良いのかどうかを、審査行程で見極めるのです。

この審査行程ですが、金融機関によっては何営業日かかかります。その点、プロミスの審査は早いと言えるでしょう。どうしても急ぎでお金を用意したいという人には向いているサービスだと言えます。

プロミス

Service image
限度額 最大 500万円
金利 年 4.5% ~ 17.8%
審査 最短3分
融資 最短3分

20~30代にオススメ!即日融資ならネット申し込みがおすすめ!
30日間"無利息期間"があり!カードレスでも可能だから郵送物なし!

公式サイトはこちら
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

プロミスの申込や審査の流れ【所要時間は最短3分】

プロミスでの借入は非常にシンプルです。少ないステップでお金を借りられます。

具体的な流れは、以下のとおりです。申込から借入まで最短3分(※)で完結します。

この中で最も時間がかかるのは、審査です。また申込や書類提出はあなたの努力で時間短縮できますが、審査だけは受けてみないと分かりません。

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

申込に必要な項目を入力【5分】

プロミスの申込方法はいくつかあり、自分で選択できます。

check icon

申込方法

  • WEB(スマホ・PC)・アプリ
  • 来店(自動契約機)
  • 電話(プロミスコール)

電話の場合は口頭で、WEBはスマホやPCから入力で必要な情報を申告します。この行程にそれほど時間はかからず、早い人で5分程度で完了します。

申込には本人確認書類の提出が必要【2分】

プロミスでキャッシングをするには、書類を提出しないといけません。

check icon

本人確認書類の例

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード など

※個人番号(マイナンバー)が記載されている本人確認書類または収入証明書類などをご提出いただく際は、個人番号(マイナンバー)が記載されている箇所を見えないように加工して、ご提出いただきますようお願いいたします。

お手持ちの身分が証明できる、本人確認書類をスマホで写真撮影してWEB上でアップロードしましょう。その際、画像が途切れていたり、ピントが合っていなかったりしていると再提出になるので注意が必要です。

申込・書類提出後に審査がある

必要項目の入力、書類提出をおこなえば、プロミスへの申込手続きは完了します。

申込後には、プロミス側で審査し、融資の可否を決めるのです。

その審査でプロミス側から「この人にお金を貸すのはリスクがある」と判断された場合は、審査落ちになってしまいます。

プロミスの審査時間は9時~21時

プロミスの審査対応時間は、平日、土日祝日問わず、9:00~21:00となっています。

21:00以降の夜遅くに申込をしても審査は実施されません。審査時間外に受付をした分は、翌営業日の対応になります。

反対に朝早く申込をした場合は、当日の朝9:00にならないと審査対応がおこなわれません。

問題がなければ最短3分で審査が完了する

プロミスの審査は、業界でのトップクラスのスピードで問題がなければ最短3分で完了します。(※)

つまり、審査対応時間が21:00までのため、20:30までに審査行程に入れば、当日に借りることもできるのです。

夜だけど今すぐ借りたいという人は、余裕を持って20:00までには申込を済ませておきましょう。

なお、返済能力が低い人は審査時間が長引きます。場合によっては、翌営業日の対応になることもあるでしょう。

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

【口コミ紹介】プロミスの審査はどのくらいで通知されるのか

プロミスの融資スピードは早いと定評がありますが、実際に申込から借入までどのくらいの時間を要するのでしょうか。利用者の声とともに紹介します。

ユーザー評価

full star
full star
full star
full star
half star
4.9
20代 /男性 /職業: 公務員 /年収: 100万円未満 /目的: 趣味・娯楽

借入までにかかるスピードが早かった

なんといっても借入の速さ。30分以内に審査、本人確認、書類の発行など、ウェブから一発で通ったことはなによりも早いため。

利用したカードローン プロミス
借入金額 25万円 金利 年18.0%
審査時間 30分以内 借入事実の把握 誰も知らない
重視した点 借入スピード

ユーザー評価

full star
full star
full star
full star
half star
4.4
20代 /女性 /職業: 会社員 /年収: 300-499万円 /目的: 生活費

個人的に審査スピードが最も速かったと感じている

審査が早いのが1番でした。それに尽きます。あと初月お得なのも嬉しかったです。1ヶ月以内に完済目標です。

利用したカードローン プロミス
借入金額 3万円 金利 年17.8%
審査時間 30分以内 借入事実の把握 誰も知らない
重視した点 借入スピード

ユーザー評価

full star
full star
full star
half star
non star
3.8
30代 /男性 /職業: 会社員 /年収: 300-499万円 /目的: 生活費

急ぎでもすぐに借入できたので早くお金が必要な人にオススメ

急にお金が必要になり、急いで準備する必要があったため。また30日間金利無料の特典もあったため利用を決めた

利用したカードローン プロミス
借入金額 50万円 金利 年18.0%
審査時間 1時間以内 借入事実の把握 配偶者
重視した点 口コミ・評判

プロミスに申込をした多くの人が「審査時間が早い」と感じているようです。口コミにも30分や1時間以内の回答が多く寄せられました。

借入までの時間は早いといっても過言はありません。

個人信用情報に問題があると審査に落ちる可能性が高い

審査が長引いているということは、信用情報に大きな問題がないとも言えます。たとえば、金融事故を起こした人は即否決になるので、審査時間が長引くこともありません。

なお、金融事故とは以下のようなトラブルです。心当たりがないかチェックしてみてください。

check icon

金融事故の例

  • 長期滞納
  • 強制解約
  • 債務整理

長期滞納

クレジットカードや携帯電話の分割払いを3ヶ月以上滞納すると、金融事故として信用情報にその事実が登録されます。

なお、3カ月に限らず、1カ月目でも滞納している最中は即審査落ちします。

強制解約

クレジットカードなどの利用中、あまりに長期の滞納をした場合や何らかの規約違反をした人は、強制解約・退会となります。

この情報も信用情報に登録され、金融事故として扱われます。

債務整理

債務整理とは、借金返済が出来ず元金の減額や返済免除を行う法的手続きです。返済能力や返済意思の無さを証明するので、金融事故として扱われます。

債務整理には「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」の4種類があります。

審査時間が長い人は収入証明書が必要な可能性もある

1点注意するべきなのが、審査時間が長引いている人は収入に問題があるケースが多いので、収入証明書の提出を求められる可能性があります。

プロミスでは、基本的に収入証明書は借入希望額が50万円を超えるか、他社借入金額との合計が100万円を超えない限り不要です。

しかし、プロミスの借入限度額の関係で他社借入額との合算が100万円を超えそうな場合など、プロミスが必要だと判断した場合は収入証明書が求められるでしょう。

 収入証明書となるもの 
源泉徴収票(最新のもの)
・ご提出日が、1月1日から2月末日の場合は、証明する年度が前々年度以降のもの
・ご提出日が、3月1日から12月31日の場合は、証明する年度が前年度のもの
確定申告書(最新のもの)
・証明年度が前年分のもの
ご提出日が1月1日から3月31日の場合は、証明年度が前々年分のものも受付可能です。
税額通知書・所得(課税)証明書
所得(課税)証明書は「収入額」と「所得額」の記載があるもの
・ご提出日が、1月1日から6月30日の場合は、証明する年度が前々年度以降のもの
・ご提出日が、7月1日から12月31日の場合は、証明する年度が前年度のもの
給与明細書
《直近1年間に賞与がないお客さま》  直近2ヶ月分
《直近1年間に賞与があるお客さま》  直近2ヶ月 + 1年分の賞与明細書
現在のお勤め先での収入について記載のものをご準備ください。

プロミスを実際に利用した人の体験談を紹介

財布を落としたことによる資金不足解消のためにプロミスを利用した佐々木(仮名)さんにインタビューを実施しました。

佐々木さんは、プロミスを利用するのは2回目であるため、以前利用したときとの違いや改めて感じたメリット・デメリットなどを話してもらいました。

これからプロミスを利用したいと考えている人はぜひ参考にしてください。

現在、運送業をしている佐々木さんは、20代の頃からカードローンを使っていたと話していました。そのため、プロミスを利用するのも2回目であるとのことです。

そんな佐々木さんはなぜプロミスを再度利用することになったのでしょうか。

〇インタビュー時の佐々木さんのプロフィール

項目 詳細
年齢 48歳
居住地 愛知県
家族構成 妻・子どもと3人暮らし
職業 スーパーの運送業
年収 500万円
住居 持ち家
借入額 7万円

日曜に申込をして月曜に借入ができた

口座にお金が必要だったと言っていましたが、融資スピードは重視していなかったのでしょうか?
マネット
編集部
佐々木さん
多少急いではいましたが、プロミスなら1日あれば借入できると思っていたので、そこまで融資スピードを気にしてなかったですね。
佐々木さん
日曜の申込でしたが、以前利用した経験から、翌日には借入できるだろうと思っていましたし、審査に落ちてしまったとしても他のところへ申込するつもりでしたからね。そこまで焦りはなかったです。

アプリの返済は手数料がかかるため返済計画に若干支障が出た

佐々木さん
他には、アプリによる返済では手数料がかかる点が思わぬデメリットでした。初回の返済時に1万円支払いをしたつもりだったのですが、後から確認すると「110円」不足していたので、完済をする際に振込にしなければならない状況になってしまいました。
佐々木さん
手数料がなければもっとスムーズに完済できたでしょうね。

プロミスの利用を考えている人にアドバイス

最後にプロミスを利用しようとしている人にアドバイスをお願いします。
マネット
編集部
佐々木さん
プロミスは、初めての人でも利用しやすいようになっていると思います。今回プロミスへ申込する際は、クレジットカードの支払いに数日遅延したことがネックになるかなと思っていました。でも、そんな状態であっても普通に契約できましたし、気になる場合は電話で確認してみると良いと思います。
佐々木さん
もし、即日融資を受けたい場合は、自動契約機で申込すると良いですよ。過去にカードローンを利用した際は、自動契約機で即日融資を受けられました。おそらく、その場で審査結果を伝えなければならないというルールがあるんでしょうね。
佐々木さん
ネットの場合、手続き自体は楽ですが、1日後になってしまうことも多々あると思うので、その日のうちに借りたい場合は、自動契約機に行ったほうが確実です。

このように、実際に利用をしてみて感じたアプリの使い勝手や気付いた点が多くあるようです。

プロミスへの申込を検討している人はぜひ参考にしてください。

プロミスの審査に関するよくある質問

Q.どうすれば本審査を通過できますか?
プロミスの本審査を通過するには、本人確認書類の提出と在籍確認の対応が求められます。本人確認書類は、画像データをWEBから提出すれば問題ありません。在籍確認は事前に希望すれば、状況によっては電話をなくすことができます。
Q.本審査では何を確認されますか?
結論、プロミスの本審査で何を確認されるかは分かりません。ただ公式の申込フォームに記載の条件を見る限り、借入後の返済能力の有無を問われる可能性が高いです。年収や職業、勤務先といった情報を元に、返済能力の有無を確認されるでしょう。
Q.仮審査には通ったけど本審査で落ちることはありますか?
プロミスの仮審査に通ったものの、本審査で落ちてしまうケースはあります。具体的には、在籍確認時に「職場に電話がかけられたものの、実際に本人が働いていなかった」ケースがあります。いずれも虚偽の申請は、審査落ちに繋がるため注意しましょう。

【まとめ】プロミスの審査が不安ならまずは仮審査から

プロミスでは「お借入診断」にて仮審査の結果を知ることができ、その仮審査の結果を引き継いで審査に必要な申込をおこなえるようになっています。

また、WEBで申込をすると審査がおこなわれ、最短で3分程度(場合によっては1時間以上)で結果を知ることができるのです。

そのため、プロミスであれば仮審査から本審査の結果を知るまで早いと最短3分程度で知ることができ、状況によっては入金を当日に済ませられる可能性があります。(※)

こうしたことから、プロミスで借入を希望しているのであれば、まずは「お借入診断」から始めてみるのが良いでしょう。

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

おすすめの特集ページ

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
  • ※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用し、事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る