プロミスにWEB申込する流れを画像付きで徹底解説【書類提出・電話連絡・審査・出金方法】

この記事に関するアドバイザ

元 銀行ローンセンター長

佐藤喜三男

銀行にてローンセンター長を務めた他、大手証券会社・大手クレジットカード会社において、30年に渡り審査を中心に様々な職種を担当。現在はFP兼相続診断士として、多くの消費者の力になっている。

この記事の目次

  1. 1|公式ページから申し込み
  2. 2|プロミスからの確認電話
  3. 3|必要書類を提出
  4. 4|書類確認ができなかった場合は電話連絡
  5. 5|契約完了の電話
  6. 6|ウェブサイト上で契約手続きを行う
  7. 7|支払い方法次第で変わる手続き
  8. 8|契約内容に同意したら契約
  9. まとめ
 この記事はこんな人向け 
  • 急な出費で金欠だから、プロミスを利用したい
  • WEB申し込みって便利そうだけどどうやるの?
  • 機械が苦手な私でも利用できるか不安…

職場の食事会などが続いて今月は金欠…社会人生活ではよくあるシーンです。そんな時、誰にもバレずにお金を借りられるのが、プロミスです。

WEB申し込み」という方法を利用すれば、職場や家族に内緒で借り入れできます。

誰にもバレないWEB申し込みの流れを下記で確認し、プロミスのカードローンを検討していってください。

1|公式ページから申し込み

プロミス申し込みフォーム

どちらでもお申し込みはできますが、記入事項も多くなりますのでご負担と感じるならば、「最短15秒事前審査」の方が早く完了できます。※

※事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
※新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります。

クリックすると申込フォームが開かれます。

個人情報を入力する前に、同意事項に目を通しておいてください。

最初に基本的な個人情報を入力します。

氏名や生年月日の他、電話番号や住所を入力する必要がありますので、番地など不安な数字があればあらかじめメモを手元に置いておきましょう。

勤務先情報は少し記入箇所も多く、電話番号や住所、社員数、資本金の額など記入が必要な数値がいくつもあります。

上の画像を確認して即答できない数字を見つけたら、事前にしっかり調べておきましょう。

契約方法を選択して債務状況を入力したら、プロミスに登録するアドレスを記入して審査結果の連絡方法を選択しましょう。

次にプロミスからの書面、つまり明細や受取証書の受け取り方を選択してください。

無利息期間を利用する人は、必ず「パソコンまたは携帯電話よりプロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択しましょう。

アンケートに答えたら、最後に「同意して入力内容を確認」をクリックしてください。

「同意して入力内容を確認」をクリックすると、入力した情報を確認する画面に移ります。

情報に誤りがあれば、この時点であれば修正可能です。

内容に問題が無ければ、画面下部の「この内容で次へ進む」をクリックしましょう。

この画面が表示された時点で、ウィンドウは閉じてしまっても問題ありません。

2|プロミスからの確認電話

申込して30分~1時間程度経過すると、プロミスから内容確認の電話がかかってきます。

申込時に登録した電話番号にかかってきますが、本人以外が出た場合に備えて個人名を名乗ってもらえるので職場にバレる心配はありません。

本人であることを簡単に確認できたら、本格的な本人確認に移ります。

Q.絶対に電話での本人確認が必要ですか?

Sato

元 銀行ローンセンター長|佐藤喜三男

必用と思っておいた方が無難です

申込内容を確認するためにかかってくるのが、本人確認の電話です。よほど信用情報に恵まれている方などは必ずと言い切れる訳ではありませんが、かかってくると思っておいた方が無難でしょう。
この為、登録外の番号には出ない習慣の人は注意が必用です。どうしても電話確認が不都合な方は、特定の銀行に口座を持っているなどいくつか条件がありますが、ネット上だけで済む方法もあるにはありますので、確認してみると良いでしょう。

生年月日・携帯電話の契約時期・過去に住んだ地名を訊かれる

まずは生年月日と干支を確認され、次に携帯電話を契約した時期について尋ねられます。

その他、それまでに住んだことがある地名を訊かれるので、転勤の経験がある方はメモに書き出しておいてください。

必要書類の提出をお願いされる

本人確認が済んだら、書類の提出をお願いされます。必ず提出を求められる書類は「本人確認書類」です。

本人確認に必要な書類は、下記のいずれかがあれば問題ありません。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード

保険証が組合から発行されている人は、「保険証に社名が無いと在籍確認できませんので、ご注意ください」と注意を促されます。
個人番号(マイナンバー)が記載されている本人確認書類または収入証明書類などをご提出いただく際は、個人番号(マイナンバー)が記載されている箇所を見えないように加工して、ご提出いただきますようお願いいたします。

3|必要書類を提出

画像のような文面のメールが届いた後、しばらくすると別のメールが届きます。

「書類提出のお願い」というタイトルのメールが届いたら、本文内のURLにアクセスしましょう。

画像のようなページにアクセスしたら、申込時に設定したパスワードを入力してください。

「各種手続き」と書いてある箇所の「書類提出」ボタンをクリックしてください。

書類の提出方法は4つあります。

WEB申込時に書類提出する方法
  • 1.サイト上の送信フォームから送信
  • 2.スマートフォンから写真を送信
  • 3.PCメールに添付して送信
  • 4.郵送

サイト上のフォームから送信する場合は、それぞれの画像ファイルをPDF形式で保存する必要があります。

PDF形式で保存した書類の画像は、画面の「ファイルを選択」ボタンを押せばフォーム上に反映できます。

各書類を選択したら、「選択した書類を送信」ボタンをクリックして送信してください。

画像のように「送信完了しました」という表示が出たら、書類提出は完了です。

4|書類確認ができなかった場合は電話連絡

プロミスでは、電話での在籍確認が必要になります。

電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。

Face

ユーザー評価

full star
full star
full star
full star
full star
5.0
30代 /男性 /職業: 会社員 /年収: 300-499万円 /目的: 車費

申し込んでから本当に1時間で借りることができた

会社に電話があるということを知りませんでした。それもあっさり終わるんですけど、もしもバレたらどうしようかと思って少しヒヤヒヤしましたね。

利用したカードローン プロミス
借入金額 20万円 金利 年17.8%
審査時間 1時間以内 借入事実の把握 誰も知らない
重視した点 借入スピード、会社の知名度・信頼性、口コミ・評判

電話確認は時間を指定できる

その場合、何時ごろ電話してもらうかを頼むことができます。

本人が在籍していることさえ確認できればいいので、自分が社内にいる時間を指定する必要はありませんが、一番都合が良い時間にしてもらってください。

個人名で電話がかかってくる

電話での確認は、内容確認電話と同様で個人名が名乗られます。以下「申込者:松本さん」を例に在籍確認の会話の内容を説明します。

松本さん

「お電話ありがとうございます。株式会社XXXです。」

プロミス担当者

「もしもし…私〇〇と申しますが、松本さんはいらっしゃいますでしょうか?」

松本さん

「松本は私ですが…?」

プロミス担当者

「松本さん、ご本人でいらっしゃいますか?」

松本さん

「はい」

プロミス担当者

「恐れ入りますがフルネームをお伺いできますでしょうか?」

松本さん

「松本~~です。」

プロミス担当者

「松本様、お世話になっております。申し遅れましたが、私プロミスの○○です。こちらのお電話で在籍確認を完了させて頂きます。審査結果につきましては、お電話かメールにてご連絡させて頂きます」 」

Face

ユーザー評価

full star
full star
full star
full star
half star
4.8
30代 /男性 /職業: 会社員 /年収: 300-499万円 /目的: 趣味・娯楽

プロミスは在籍確認に配慮があり担当者の対応も丁寧で安心

在籍確認が担当者名でかかってきたり、担当者の対応が丁寧で安心して使えたのが良かったと思います。無利息期間も多少利息が減ってよかったです。

利用したカードローン プロミス
借入金額 35万円 金利 年17.8%
審査時間 3時間以内 借入事実の把握 誰も知らない
重視した点 会社の知名度・信頼性、口コミ・評判、安心して使えるかどうか

5|契約完了の電話

審査が終了すると、プロミスの担当者から電話があります。電話の内容は、審査結果その後の手続き確認です。

なお、WEB申込を完了してから審査の結果がわかるまでは、1~3時間ほどかかる場合があるので注意してください。

Face

ユーザー評価

full star
full star
full star
full star
half star
4.4
30代 /女性 /職業: パート /年収: 100-299万円 /目的: 趣味・娯楽

プロミスのキャッシング審査の対応は非常に丁寧で良かった

審査がとても早く、スタッフさんの対応もとても丁寧なので、初めての方でも安心してお願いできる業者だと思います。

利用したカードローン プロミス
借入金額 40万円 金利 年17.8%
審査時間 1時間以内 借入事実の把握 誰も知らない
重視した点 審査の容易さ、借入の容易さ

限度額は可能な限り高い限度額が提示される

審査に通過している場合、限度額の案内契約手続きの手順が説明されます。

限度額は申込時の希望額に関わらず、審査次第で可能な限り高い金額が提示されます。

10万円で申し込んだとしても、可能であれば50万円の上限が提示されるのです。

他社で借入金があれば、貸金業法で定められる総量規制に基づき、年収の3分の1を超えた金額にならない範囲で上限が設定されます。

契約の手続きについては、その後送信されてくるメールに記載されているURLにアクセスし、本契約を行うようお願いされます。

6|ウェブサイト上で契約手続きを行う

審査結果報告の電話が終わると、数分で「ご契約手続きのご案内」というタイトルのメールが送られてきます。

メールに記載されているURLにアクセスすると、申込番号が記載されたページでパスワードの入力を求められます。

画面内の「審査結果の確認」をクリックしてください。

希望額と限度額を確認したら、「確認して次へ」をクリックしてください。

借入限度額は、プロミスから提示された上限までの範囲内で、希望に合わせて設定することができます。

もちろん提示された上限金額を限度額にしてもいいですが、使い過ぎ防止のためにあえて低い金額を設定することも可能です。

しかしその場合、限度額を増額しようと思ったら再度審査を受ける必要があるので注意しておいてください。

契約内容を確認したら、「同意して次へ」をクリックしてください。

7|支払い方法次第で変わる手続き

借入方法は、ATMキャッシング振込キャッシングのどちらかを選択できます。

それぞれの手続き方法を下記で解説していくので、自分の選択したキャッシングスタイルに合わせて確認してください。

口座振替を希望する場合の手順

返済方法に口座振替を希望する場合、希望の口座をプロミスに登録する必要があります。

手続きの流れを確認したら「金融機関検索へ」をクリックしてください。

手持ちの口座の銀行名を検索したら、自分が希望している契約方法で利用できるかどうかを確認します。

Webでの契約を続行する場合、「この金融機関にWebでお申込み」をクリックし、銀行の公式サイトにアクセスして手続きを行ってください。

ATM支払いを希望する場合の手順

ATMでの支払いを希望する場合は、振込融資を希望するかどうかを選択します。

プロミスでは、「口座への振込」で借入して「ATMへの入金」で返済するという手段がとれるのです。

ATM返済を選択する場合、毎月の約定返済日も「5日、15日、25日、末日」のいずれから自由に選択できます。

必要事項を記入したら次に進み、契約内容を確認してください。内容に問題が無ければ「確認して次へ」を選択しましょう。

8|契約内容に同意したら契約

契約内容を熟読し、内容を確認したら「同意して契約」を押してください。

画像のような画面が表示されたら、Web契約は完了です。
プロミスカードは後日郵送されてきます。

Face

ユーザー評価

full star
full star
full star
full star
half star
4.9
30代 /女性 /職業: 派遣社員 /年収: 100-299万円 /目的: 教育資金

プロミスは契約申し込み時の審査が早くて対応もとても親切

融資までの時間が掛からなく審査が終わるとすぐに借り入れができる、又対応が早く親切なところも良かった。 返済時もネットからの返済可能で時間がないときの返済にも便利。

利用したカードローン プロミス
借入金額 5万円 金利 年18.0%
審査時間 当日中 借入事実の把握 誰も知らない
重視した点 会社の知名度・信頼性

まとめ

プロミスの申込方法はいくつかあり、自分の都合に一番合った方法を選択できます。その中でも、時間に融通が利くのは24時間利用可能な「Web申込」でしょう。

インターネット環境さえ整っていれば、どこにいてもプロミスに契約を申し込めます。

審査には時間がかかる場合がありますが、まとまった時間が取れない人はぜひWeb申込みを利用してみてください。

プロミス

審査 最短30分
限度額 最大500万円
金利 4.5~17.8%

24時間365日いつでもお申込み可能です。
公式サイトからお申込みいただいた場合、早ければ1時間後に借り入れ可能となります。

公式サイトはこちら

おすすめの特集ページ

身分証明書に関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る