プロミスの増額を徹底解説|方法や条件からメリット・デメリットまで全て網羅

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

ファイナンシャルプランナー

飯田道子

ファイナンシャル・プランナー(CFP)、海外生活ジャーナリスト。金融機関勤務を経て96年FP資格を取得。現在は、FPとして各種相談業務やセミナー講師として活躍する一方、多数の執筆活動も行っている。海外移住に関する相談にも対応しており、特にカナダや韓国への移住や金融・保険情報に関して多数の相談を受けている実績がある。
>公式ウェブサイト

プロミスの増額について調べている人が知りたいのは、具体的な方法や条件ですよね。

増額の方法自体は、会員ページや専用ダイヤルに問い合わせればすぐわかります。
ただし、増額するにはいくつか条件があるので、ここでしっかり確認しておきましょう。

そのほか、増額の具体的な手順やメリット・デメリットなど、気になる点は全て解説するので、それを踏まえてご検討ください。

この記事の目次

  1. プロミスの増額について
  2. プロミスの増額方法
  3. プロミスを増額する手順
  4. 増額をするための条件
  5. 増額をするメリット・デメリット
  6. まとめ

プロミスの増額について

ご存知だとは思いますが、増額とは、限度額をふやすことです。もちろん、プロミスも対応してくれます。

「もう少しお金が必要だけど、限度額いっぱいに借りている」。このような人が、増額の申請を行います。

【前提】追加融資=増額ではない

まずご確認いただきたいのは、「追加融資と増額は違う」ということです。分かる人は飛ばしてもらって構いません。

「はじめに借りたお金だけでは足りないから、追加で借りたい」という方は、まずご自身のマイページから限度額を確認してください。

プロミスは限度額の範囲内であれば、申請をせずに追加融資を受けられます。そもそも、カードローンがそういうサービスです。

その限度額で足りないという場合になって、増額が必要になってきます。

プロミスで増額ができるワケ

なぜ一度決まった限度額を増額ができるのか。その理由は以下2つです。

  • そもそも新規契約の際は限度額が抑えめ
  • これまでの利用実績から信用されるから

例えば、プロミスは審査の際に、申し込み者の年収や雇用形態などから、収入が安定しているか・問題なく返済できそうかは予測できます。しかし、「実際に返済してくれるかどうか」は分かりません。

初めての人に高額な融資するのは、リスクがあります。誰だって初対面の人にお金を貸したくありませんよね。そのため初めは限度額が抑えめなのです。

その点、増額時について、「返済してくれる人かどうか」は、利用実績を見れば分かります。

きちんと返済している人は、信用が積み重なります。
そうなるとプロミスは「この人なら信用できるから、多く借りてもきちんと返済できるだろう」と判断して、増額するのです。

Face

ユーザー評価

full star
full star
full star
full star
half star
4.6
30代 /男性 /職業: 自営業(個人事業主) /年収: 300-499万円 /目的: 趣味・娯楽

プロミスを使っていると利用限度額が徐々に上がっていった

使えば使うほど結構すぐ利用額が増額されるのでとても利用しやすいのとATMが充実していて割とどこでも借りやすい。

利用したカードローン プロミス
借入金額 50万円 金利 年17.8%
審査時間 当日中 借入事実の把握 友人
重視した点 審査の容易さ、借入の容易さ

プロミスの増額方法

プロミスの増額申請は、インターネットや専用ダイヤルからできます。
わざわざ来店をする必要はありません。主な方法は以下のとおりです。

・プロミスの会員ページ
「こちら」からログインできます。お手元のスマホで申請できるので、一番ラクな方法です。会員ページでは現在の利用残高も確認できます。

・プロミスの専用ダイヤル
プロミスコールセンター(0120-24-0365)に電話して申請する方法です。電話をするとオペレーターの方が出るので、質問に答えたら完了します。

・自動契約機

全国各地に設置してある、無人店舗に足を運び、中にある機械(自動契約機)で申請する方法です。「こちら」から無人店舗の検索ができるので、チェックしてみてください。

・お客様サービスプラザ(店舗窓口)

プロミスの有人店舗で増額申請できます。ただ店舗数が少ないのがデメリットです。電話や自動契約機でも相談はできるので、大きなメリットは感じないでしょう。「こちら」で有人店舗を紹介してますので、気になる方はチェックしてみてください。

プロミスの増額にかかる時間は35分

プロミスの増額は、基本的に当日から可能とされています。「増額申請から限度額の設定が変わるまで最短35分」と非常に早い対応です。

ただし、これは営業時間内に申請をしたときの話。

そもそも、プロミスの審査時間は9時~21時です。増額もまた審査が必要なので、この時間内には申し込みしないと、当日の増額はできないでしょう。

Face

ユーザー評価

full star
full star
full star
full star
half star
4.8
20代 /女性 /職業: 会社員 /年収: 100-299万円 /目的: 生活費

悩むならプロミス一択です

急な出費がある為申し込みをしてから、それ以降出費がある度に使っているので手放せないです。また源泉徴収票を出した際に、限度額を増額してくれたので、その対応も早かったです。

利用したカードローン プロミス
Promise 47093549
借入金額 100万円 金利 年0.15%
審査時間 即日 借入事実の把握 誰も知らない
重視した点 審査の容易さ

土日は即日の増額ができない可能性あり

プロミスコールに電話して、土日の即日増額はできるのか?と質問したところ、「場合によります...人によっては翌営業日になります」と回答がありました。印象としては自信なさげな感じでした。

プロミスは、土日でも即日融資なカードローンとして有名です。しかし増額については明確な記載もなく、ネット上でも増額審査は平日の9時~18時という説もあるので、確度としては低いでしょう。

どうしても急ぎなら、「土日に即日融資も可能なカードローン」に新規申し込みをしてみるのもひとつの手でしょう。

プロミスを増額する手順

ここからは、増額申し込みの具体的な手順を一緒に確認していきましょう。

プロミスの増額は、公式ページで行うのが主流です。入力項目も少なく、短時間で行なえます。今回はその方法にフォーカスして、解説していきます。

増額申請から、限度額の反映までの流れを以下で解説します。

1.申し込み

会員サイトの増額申請ページにアクセス

まずはプロミスの公式サイトにアクセスしましょう。インターネットのブラウザか、アプリを使用します。

会員サイトのログインは、WEB-ID以外に、プロミスカードに記載されている番号と暗証番号でも可能です。

プロミス増額申込フォーム1 プロミス増額申込フォーム2

会員ページの画面右側にある「メニュー」から、「ご増額のお申し込み」をクリックしましょう。

プロミス増額申込フォーム3 プロミス増額申込フォーム4

希望金額・年収・他社借り入れを入力

増額申し込みのページでは、希望する限度額をまず入力します。この際、現在の限度額も表示されているので、ご確認ください。

プロミス増額申込フォーム5 プロミス増額申込フォーム6

次に、現在の税込年収(額面の金額)と、他社からの借入金額も入力します。ここで新規契約の時から変わっていないかが確かめられます。

他社借り入れについて

クレジットカードのショッピング枠・銀行カードローン・住宅ローンや自動車ローンなどの目的ローンは、借り入れ額に含みません。

収入証明書類を提出して申し込み完了

次に収入証明書を提出する画面へ遷移します。収入証明書をスマホカメラで撮影して、アップロードします。

プロミス増額申込フォーム7 プロミス増額申込フォーム8

なお、増額する人全員が提出するわけではありません。提出が必要なのは、以下の条件に該当する人とプロミスは定めています。

収入証明書の提出が必要な人

  • プロミスの限度額が50万円を超える方
  • プロミスの限度額と他の貸金業者からの借入合計が100万円を超える方
  • 過去に提出した収入証明書類の発行日から、3年以上が経過した方

プロミスが収入証明書と定めているものは以下のとおりです。提出の条件に該当する人は、あらかじめ用意しておきましょう。

【収入証明書になるもの】
源泉徴収票(最新のもの)
・ご提出日が、1月1日から2月末日の場合は、証明する年度が前々年度以降のもの
・ご提出日が、3月1日から12月31日の場合は、証明する年度が前年度のもの

確定申告書(最新のもの)
・証明年度が前年分のもの
※ご提出日が1月1日から3月31日の場合は、証明年度が前々年分のものも受付可能です。

税額通知書・所得(課税)証明書
・所得(課税)証明書は「収入額」と「所得額」の記載があるもの
・ご提出日が、1月1日から6月30日の場合は、証明する年度が前々年度以降のもの
・ご提出日が、7月1日から12月31日の場合は、証明する年度が前年度のもの

給与明細書
・《直近1年間に賞与がないお客さま》直近2ヶ月分
・《直近1年間に賞与があるお客さま》直近2ヶ月+1年分の賞与明細書

出典: 収入証明書類ご提出のお願い

2.本人確認の電話

増額の申し込みが完了すると、プロミスの担当者から利用者へ電話がかかってきます。時間にもよりますが、早ければ1時間以内に来るので、出られるようにしておきましょう。

この電話をもって、正式な増額申し込みとなり、審査が行われます。

この際に、年収・住んでいる場所・他社から借りている金額に変わりはないかなど、ヒアリングされるので、きちんと回答しましょう。

3.増額審査

本人への電話が完了すると、増額審査が行われます。増額可能かどうか、増額をする場合いくら増額するのかを決定するのです。

年収・他社借り入れなどの情報(新規契約時に見られる項目)と、利用実績をもとに判断されます。

プロミスの審査時間
画像引用:ご利用限度額変更申込

なお、増額審査の所要時間については、新規契約と同様に最短30分となっております。ただし、借り入れ額が多くなる分、新規申し込みより、時間がかかる可能性もあると覚えておきましょう。

増額で在籍確認は基本的にない

審査で気になる点のひとつに、会社への電話連絡が挙げられます。在籍確認と言いますが、増額の際は基本的にありません。

理由としては、既に確認が済んでいるからです。また、これまでの利用実績から、ある程度返済できるかどうかが分かるためです。

しかし、転職により会社が変わった場合は、再度行われる可能性があると覚えておきましょう。

4.限度額の反映

増額審査が完了すると、お知らせメールが届きます。メールは新規契約の際に登録したメールアドレスです。

そのメールから会員ページにアクセスして、審査結果を確認してください。
審査結果には、以下のような記載があります。


変更前のご利用限度額:500,000円
変更語のご利用限度額:1,000,000円

変更後の契約内容は以下のとおりです。
契約額:1,000,000円
借入利率:15.000%
約定支払日:毎月5日

限度額がいくらから、いくらになったのか確認しましょう。
新しい限度額と既に借りている金額をもとに、残りいくら借りられるのかは把握しておいてください。

増額をするための条件

ここまでプロミスの増額方法を解説しましたが、やはり気になるのは「自分は増額できるのか?」という点ですよね。

増額審査がある以上は、限度額を増やせない場合もあります。そこで、どんな人が増額できるのか。条件は何か、確認される項目は何か。これらの点を解説します。具体的に増額の条件は大きく3つあります。

それぞれの条件について詳しく解説していきます。

条件1:遅れずにきちんと返済している

増額審査で確認されるポイントとして、利用実績が挙げられます。これは、「プロミスから借りたお金を遅れずに返しているか」です。

返済している人は、信用されて増額できるかもしれません。しかし、きちんと返済しない人に対しては、プロミスも追加で融資をしたくありません。

返せていない人にさらに融資をしても、返済不能になる可能性が高いので、増額審査で落とすのです。

Iidamichiko

ファイナンシャルプランナー|飯田道子

過去の返済履歴を確認している

増額ですので、今以上のお金を借りたいということを意味します。その場合、確認するのは、過去に滞納したり遅滞したことがないのかをチェックします。いくら以前に比べて収入がアップしていても、滞納の頻度や遅滞期間の長さによっては、増額審査には通らないことが考えられます。状況によっては、減額されてしまうことさえあるのです。

Face

ユーザー評価

full star
half star
non star
non star
non star
1.6
30代 /男性 /職業: 自営業(個人事業主) /年収: 300-499万円 /目的: 生活費

プロミスの限度額を10万円から50万円に上げることができた

最初から高額融資は無理だと思います。しかし取引を真面目にしていれば3ヶ月や半年おきに限度額があるところまでは引き上げられますのでそこは良い点です。 ただ限度額が高くなると返済金額も高額になり利子分もそれなりになるので借りすぎには注意したほうが良いと思います。

利用したカードローン プロミス
借入金額 50万円 金利 年17.8%
審査時間 即日 借入事実の把握 誰も知らない
重視した点 審査の容易さ

他社借り入れの返済も同様

プロミスだけきちんと返済していれば良いというワケではありません。

審査では、信用情報という、個人のローンやクレカの利用履歴がまとまった情報を確認します。その際、他社で返済遅れの記録があると、プロミスは増額をためらいます。

他社で遅れたことがある人は、いつプロミスで遅れてもおかしくはないからです。

条件2:収入証明書を提出できる

増額の流れでも解説しましたが、増額申請をする際は、収入証明書の提出が求められる場合があります。求められたのに、提出できない場合は増額不可能です。

50万以上の限度額・他社と合わせて100万円以上の借り入れなど、条件に合致する人は必須です。ただ、合致していなくても、プロミスが必要だと判断すれば提出を求められます。

ちなみに増額について電話で相談をした際に、こちらが現在の限度額を言っていないのに、収入証明書の話にもなったので、書類の重要度が伺えます。

Face

ユーザー評価

full star
full star
full star
full star
non star
4.0
30代 /男性 /職業: 会社員 /年収: 100-299万円 /目的: 趣味・娯楽

プロミスから増額を打診されたが思ったほど上がらなかった

電話がかかってきて、融資額を100万以上にすると利率を下げれると言ってきたので、増額を申し込んだところ、90万が限度と言われた。事前にこちらの年収は知っているので、それはおかしい。たくさんかして利子を取ろうとしてるところがバレバレ。

利用したカードローン プロミス
借入金額 10万円 金利 年17.8%
審査時間 1週間以内 借入事実の把握 誰も知らない
重視した点 口コミ・評判

条件3:年収に対して借り入れが少ない

年収に対して、借りている金額が多い人は、返せなくなる可能性もあります。そのため、増額を断られます。

そもそも、総量規制という法律で、貸金業者は個人に対してその人の年収の3分の1までしか融資できないと決まっています。

例えば、年収300万円の人は、どんなに増額できても限度額100万円までなのです。

なお、この3分の1というのは、他社も合わせた合計の金額なので、その点も注意しましょう。

増額審査に落ちてしまう人の特徴

以上、3つの条件を踏まえたうえで、どんな人が審査に落ちてしまうのか解説します。

増額審査に落ちる人

  • プロミスを全然利用していない人
  • 何度も返済遅れを繰り返している人
  • 長期の滞納をしてしまった人
  • 以前より収入が減少している人
  • 転職して間もない人
  • 他社からの借り入れが増えた人
  • 他社への返済が遅れている人

まったく利用していない人や新規契約したばかりの人は、返済実績がないので、増額できない場合があります。最低でも3か月~6か月の利用をしてから、増額をするのが望ましいです。

また以前より収入が減少した人は、返せるかどうか懸念されます。転職して間もない人も、その職は続くのかどうか、無職にならないか等の理由から見送りになる可能性もあるのです。

他社の利用状況もプロミスは、常に確認できますから、他で何らかの返済トラブルがあった場合も、増額は難しいでしょう。

増額案内が来ても審査は行われる

プロミスを利用していると、増額の案内がEメールやSMSで届くこともあります。

この場合「増額の条件をクリアしたから?」「審査に通ったのも同然?」などと思うかもしれませんが、違います。

増額案内というのは、返済をきちんとしている人に対して、「増額の見込みがありますよ」と案内するもので、増額が確定しているわけではありません。

利用者の年収が下がっていたり、無職になったりする可能性も否定できないため、増額の際は審査を行います。もちろん、案内が来ても、審査に落ちる可能性はあるのです。

増額をするメリット・デメリット

プロミスの増額をするかどうか迷っている人は、限度額を増やすメリット・デメリットを並べて考えてみましょう。

プロミスを増額するメリット

プロミスの増額をするメリットは、主に3つです。

  • 突然の出費に備えられる
  • 金利が下がる可能性もある
  • 他社で借りる必要もなくなる

メリット1:突然の出費に備えられる

増額で限度額に余裕を持たせておくことで、必要なときにお金を用意できるでしょう。

増額は「お金が必要になるかもしれない」という方には適しています。

「お金が必要」と確定していなくても、増額をしておくことはできます。もちろん、お金が不要だった場合は借りなければ良いだけです。借りなければ、利息も増えません。

一方で増額をしないと、いざお金が必要となったときに、工面することはできないでしょう。

メリット2:金利が下がる可能性もある

プロミスは、金利年率4.5%~17.8%に設定されていますが、具体的にどうなると金利がこうなるというのは公表していません。

しかし、一般的にカードローンは、増額すると金利が下がる傾向にあります。そして、プロミスも例に漏れません。

例えば、プロミスと同様の、大手消費者金融の情報となりますが、以下のように公開されています。

限度額 適用金利
501万円~800万円 3.0%~4.7%
301万円~500万円 4.7%~7.7%
100万円~300万円 7.7%~15.0%
1万円~99万円 7.7%~18.0%

表を見ると、限度額が高くなるほど、金利が下がるようになっています。

理由としては、利用者の負担を減らすためです。「限度額が増える=たくさん借りる可能性がある」と考えられます。

借りている金額が増えると、支払う利息も増えます。そのため、利用者が利息の支払いで困らないように、金利を引き下げているのです。

プロミスも上記の表のように、限度額が増えるほど、金利が下がる傾向となっています。

Iidamichiko

ファイナンシャルプランナー|飯田道子

確実に返済できるよう、金利を下げる

借入額が増えると、その分の支払手数料・利息が増えることになります。少額の借入のときと同じ利率では、返済そのものが難しくなってしまうことがありますので、確実に返済できるよう、借入額が増えると金利は下がるようになっています。ただし、たくさん借りられる=信用の証です。もともと貸しても大丈夫な人にだけ貸出、金利を下げているのが現状です。

メリット3:他社で借りる必要もなくなる

プロミスの増額をするだけで、事が足りるなら、他のカードローンへ申し込みをする必要はありません。前述したとおり、増額をすることで金利が下がる可能性もあるので、ぜひ検討してみるのが良いでしょう。

他社に申し込みをしたとしても、低い金利で借りられる保証はありません。また複数社を利用することで、返済日の管理をするのに手間もかかるでしょう。

プロミスを増額するデメリット

  • 使いすぎる可能性もある
  • 他のローン審査に影響する
  • 限度額が下がる可能性もある

プロミスの増額をするデメリットは、主に3つです。

デメリット1:使いすぎる可能性もある

限度額が増えると、当然借りられる金額も増えます。お金を借りる際は、本当に必要なお金なのか考えましょう。

人にもよりますが、ついつい浪費してしまい、あとあと返済がキツくなるとケースもあります。

借りる金額が多くなると、その分利息の支払いも増えます。そうなると、完済までの期間が長くなるでしょう。

Murakami

ファイナンシャルプランナー|村上敬

増額する前に完済までの計画を立てましょう

借り入れ金額が増えると、その分利息も増えるので注意しましょう。法律で定められた範囲内の融資額・金利とはいえ、借りた分返済が苦しくなるのは確かです。
今すぐ必要だからと焦らず、まずは落ち着いて完済はいつになるのかを把握してから、増額するかどうかを決めましょう。

デメリット2:他のローン審査に影響する

プロミスで増額をすると、他社で借りたくても、審査に通りづらくなるでしょう。カードローンは、審査の際に、他社での借り入れも確認します。他社での借り入れが多く、返済が苦しそうな人には、これ以上融資できないと判断するのです。

また、カードローンに限らず、住宅ローンや自動車ローンの審査にも影響します。これらのローンは、毎月の返済額をチェックします。収入に対して、毎月の返済が多い人は、審査に落ちる可能性があります。

デメリット3:限度額が下がる可能性もある

年収が減っていたり、返済が遅れていたりする場合は、限度額が減る可能性も考えられます。

総量規制がある以上、限度額は年収の3分の1以上にはなりません。しかし、一度限度額を設定したのち、年収が減る可能性もあります。この場合、年収に対して限度額が適正でないと判断されて、減額されてしまうのです。

そのほか、あまりにも返済遅れがあると、現状の限度額で融資するのはリスクがあるとして、少額な限度額になる場合もあります。

まとめ

プロミスを利用していて限度額が足りないと感じたら、増額が検討できます。

そもそも、新規契約の際は、限度額が抑えめになっています。はじめての人に多く貸すのはリスクがあるからです。それが一定期間の利用を経て、信用が積み重なるため、増額が可能になるのです。

プロミスの増額のポイント

  • 会員ページや専用ダイヤルで申請可能
  • 早ければ最短30分程度で増額できる
  • 増額も審査に通過する必要がある
  • 返済をきちんとしている人が増額できる
  • 収入証明書を求められる可能性がある
  • 年収に対して借り入れが多いと増額できない
  • 増額の結果、金利が下がる可能性もある
  • 限度額が減額される可能性もある

基本的に増額ができる人は、収入が安定していて、利用状況が良好な人です。増額は限度額多くなる分、お金の管理や返済をきちんとしないといけないため、そのような点が重視されます。

増額が成功した場合も、安易に借りるのではなく、きちんと計画を立てて、本当に必要な金額だけを借りるように心がけましょう。

プロミスの全て!審査・借入・返済方法について徹底解説
プロミスについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。気になるポイントはすべて押さえているので、参考になると思います。

おすすめの特集ページ

プロミスに関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る