フクホーで限度額を増額する方法と安易に申し込むべきではない理由

この記事に関するアドバイザ

元 JA職員

小松千央

JAバンクにて、カードローンや各種ローンの推進と貯金業務に従事。金融窓口として、2,000名以上のお客様に適切な商品を案内。ローンの専門家として、金融商品販売実績多数。

この記事の目次

  1. フクホーの限度額を増額するとどうなるか
  2. フクホーで増額する際の注意点
  3. フクホーで増額するにはリスクもある
  4. フクホーの増額審査は入会時の内容と異なる
  5. フクホーのサービス概要
  6. どうしてもお金が必要な人は増額以外の方法もチェック
  7. まとめ

 この記事はこんな人にオススメ 
  • 今月は金欠だけどお金が必要になった
  • 普段使っているフクホーも限度額いっぱい…
  • どうすれば限度額を増額できるの?

金欠時にまとまったお金をキャッシングできるフクホーですが、限度額不足だと増額しなければ追加借り入れができません

緊急の用件でどうしてもお金が必要な人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

フクホーの限度額を増額するとどうなるか

フクホーの限度額を増額すると、借入れに利用できる限度額が上がることはもちろんのこと、今よりもお得に借入れを利用できる可能性があります。

そのため、特に限度額に不満がなくても、借入れを利用しやすくすることを目的に限度額の増額を申し込む利用者も少なくはありません。

増額のメリット:金利が下がる可能性がある

限度額を増やすと、それに伴い金利が下がる可能性もあります。

融資額が増えれば月々の返済額も増えるので、金利の引き下げによってその負担が軽減される仕組みとなっているのです。

もちろん、増額したからといって確実に金利が下がるわけではありませんが、場合によっては今までよりもお得に利用できるでしょう。

フクホーで増額する際の注意点

急いでお金を用意するために限度額を増やそうと考えるのであれば、増額手続きをスムーズに進めなければいけません。

必要書類や確認事項など、増額手続きにおける注意点を確認しておいてください

注意点1|必要になる書類は3種類

フクホーの増額審査では、本人確認書類・所得を証明する書類・住民票原本の3つが必要になります。
それぞれどんな書類が必要になるのか、下記を参考に用意しておいてください。

増額で必要になる書類
本人確認書類
運転免許証、健康保険証、パスポート等

所得を証明する書類
源泉徴収票、給与明細書、所得証明書等

住民票原本
本籍地記載分

上記以外にも、フクホー側が必要と認めた書類を提出しなければいけない場合もあるので、増額する際にはしっかり確認しておきましょう。

注意点2|在籍確認が必要な可能性もある

初回審査を通っていたとしても、申請者の現状によっては増額審査で再び在籍確認の電話がおこなわれる可能性があります。

在籍確認が再度必要になるケース
勤務先を転職などで変更している
収入が初回審査時よりも減少している
収入証明書を提出していない

職場に電話がかかってくると不都合がある人は、在籍確認が再度おこなわれる可能性があることも頭に入れておきましょう。

注意点3|審査結果が分かるまで時間がかかる

さらに注意しなければいけないのが、審査結果が届くまでにかかる期間です。

借入状況や増額申請したタイミングにもよりますが、審査結果の通知メールや電話が届くまでには、2~3日かかる可能性があると考えておいてください。

急いでお金を用意しなければいけない人にとって、審査に時間のかかる増額はおすすめできません。

支払い期日までに1週間程度の余裕がない限り、安易に増額申請しない方がいいでしょう。

フクホーで増額するにはリスクもある

フクホーで増額を希望する人の多くは、限度額アップや金利の引き下げなどのメリット部分しか見えていないものです。

増額審査を受ける際には大きなリスクも伴ってくるので、下記の要素もしっかり踏まえて希望すべきかを決断してください。

限度額の減少・利用停止の可能性も…

増額を申請するときの大きなリスクとして、必ず把握しておくべきポイントは以下の2点です。

増額審査を受けるリスク
増額審査を通過できずに限度額が減少
審査落ち後にカードの利用が停止

このように限度額を増やすつもりで申請したにも関わらず、逆に減少してしまうケースもあるのです。

増額申請するまでの利用実績が著しく悪い人は、最悪の場合「カードの利用停止」になってしまう可能性もあります。

一度申し込むと追加借入できない

さらに問題なのは、増額審査中に追加借入できないケースもあるというリスクです。

増額は、正式には限度額の見直しをおこなう手続きであり、これは契約内容変更に当たります。

審査結果によっては減額だけでなく、利用制限がかかる可能性もあるので、手続き中の借入は一切できません。

フクホーの増額審査は入会時の内容と異なる

増額審査は、返済能力の有無を確かめるという目的では、初回申し込み時の審査とさほど変わりありません。

しかし、増額しても問題ないかを判断する際にカードローンの利用状況も加味されるので、入会審査とは異なった結果になる可能性があるのです。

Q.増額審査で重視される項目とは?

Kobayashi

元 JA職員|小松千央

利用実績が重視されています

増額で重要視されるのは、良好な利用実績です。
何度も借入して、遅延や延滞をせずに返済していけば、カード会社から信用を得ることが出来ます。

比較的少額な借入だと、利用実績として見られ無い可能性もあるので注意が必要です。

申し込んだけれど1度も使ったことがない場合も、利用実績がまったくない状態なので増額できません。

他にも、新規申込時より年収が上昇している点や金融事故がない点も重要視されるので、増額審査は初回審査より難しい可能性があります。

増額審査に通りにくい人の特徴

少なくとも、以下の特徴に該当する要素がある人は、増額してもらうのは難しいと考えておきましょう。

 増額審査に落ちやすい人の特徴 
返済に遅れがち
フクホーでの返済状況が良好でない人は、増額審査に対して不利になります。
他社借入金額が増えている
他社借入の増加は、返済能力の低下を意味します。
収入状況が改善されていない
転職等で雇用形態や年収状況が悪化していたり、勤続期間が短い人は、返済能力が低下しているため審査に落ちる可能性があります。
金融事故で信用情報が悪化している
クレジットカードや他社ローン商品で、支払い・返済の長期延滞を起こしている人などは、確実に審査落ちします。その利用状況が金融事故化し、信用情報が傷つくからです。
増額申込時に虚偽申告をした
収入状況等を故意に偽ると、その嘘は必ずバレてしまい、増額審査も通過できません。

※増額審査の基準は公開されておらず、金融機関により異なります。弊社での取材・調査によるものである点ご了承ください。

フクホーのサービス概要

フリーキャッシング
金利 年7.30%~20.00%
限度額 最大200万円
貸付条件 ・20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方
・当社基準を満たす方
返済方式 元金自由返済方式または元利均等返済方式
返済期間 借入日から最長5年以内(2回~60回以内)
遅延損害金 年20.00%

フクホー株式会社は、大阪市に本社を置く創業50年以上の信頼ある金融会社で、インターネットから24時間いつでも申し込みできます。

フリーキャッシングだけでなく、貸金業法に基づく借換えローンも利用可能です。

増額はネットから申し込み

現在フクホーを利用している人が増額するには、初回利用時と同様にインターネット上から申し込めます。

フクホーの公式サイトにある「増額希望のお申し込みはこちら」ボタンをクリックするだけで、増額申し込みのページに簡単に移動可能です。

同意事項を確認した後は、公式サイトのガイダンスに従って進めていくだけの簡単な流れとなっています。

▼フクホーの公式サイトはこちら
キャッシング・消費者金融のフクホー【公式】ホームページ

どうしてもお金が必要な人は増額以外の方法もチェック

『支払い期限ギリギリの請求がある…』
『お金を用意できないと人間関係が…』
『借り入れしないと今月の生活費が…』

お金を用意できないと本当に困るのに、利用しているフクホーは限度額不足。そんな状況でも、増額へ申し込む前に、一度リスクを確認しておきましょう。

どうしても急いでお金を用意したい人は、他の選択肢を検討してみてはいかがでしょうか?

他カードローンに新規申し込みするという選択肢

その他の選択肢とは、他カードローンに新規申し込みするというものです。

もちろん、入会審査を受ける必要はありますが、フクホーの増額審査とは異なる仕組みが採用されています。

そもそも、審査基準というものは各金融機関で個別に設定されているので、「増額審査に落ちてしまった」「増額審査に通過する自信がない」といった方でも、お金を借りられる可能性があるのです。

新規申し込みする方が手間がかからない

増額を申し込むと、基本的に収入証明書の提出を求められるため、人によっては手続きに手間がかかってしまいます。

収入証明書なしで利用できるカードローンを選べば、スマホと身分証明書さえあれば新規申し込みできるので、面倒な思いをせずに済むでしょう。

※借入希望額や金融機関の判断によっては収入証明書の提出を求められるケースがあります。

審査が早いカードローンなら即日で借りることもできる

特におすすめは、最短30分で審査が完了する大手消費者金融のカードローンです。

ネット上で申し込みを行い、手持ちの銀行口座への振り込みを依頼すれば、最短で即日融資も可能となっています。

増額は手続きで数日以上待たされる可能性があるので、数日中にお金を用意したい方は、ぜひ大手消費者金融の利用を検討してみてください。

注意:フクホーからの借入金額を把握しておこう

1点、他カードローンに申し込みするにあたっては、他社からの借入金額を入力する項目があるので注意してください。

フクホーからの借入額は公式サイトの会員ページで確認できるので、申し込み前にチェックしておいてはいかがでしょうか?

フクホー株式会社|会員サービスログイン

借り入れ額の確認ができた人は、以下の審査が早くて手続きもスムーズなカードローンを参考にしてみてください。

おすすめの大手消費者金融

プロミス

審査時間 最短30分
返済日 5日・15日・25日・末日
から選択可能
収入証明書 原則必要
直近2ヶ月分の給与明細
年収の3分の1までなら借りられる
他社を含めたカードローンの借入総額が、年収の3分の1を超えない範囲なら、借りられる可能性あり!
例えば、年収300万円なら総額で100万円まで。既に50万円を借りている人なら、残り50万円で契約できる可能性があります。
はじめて利用する方は30日間無利息
はじめて契約をする方であれば、初回借入から30日間は利息が一切かかりません。
プロミスの場合、借入をした翌日から日数がカウントされるため、30日間余すことなく利息を節約できます。
スマホユーザーにはアプリローンがおすすめ
プロミスの「アプリローン」は、手持ちのスマホひとつあればキャッシングできるサービスです。
審査落ちしてお急ぎの方でも、ネット申し込み後にアプリをDLすれば、セブン銀行ATMですぐ借入できます。
公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応となります。
※無利息期間サービスを利用するには、メールアドレスの登録とWEB明細の利用が必要です。

アコム

審査時間 最短30分
返済日 35日ごと or 毎月指定期日
※口座振替の場合は毎月6日
収入証明書 原則必要
直近2ヶ月分の給与明細
年収の3分の1までなら借りられます
キャッシングの借入額合計が、年収の3分の1を超えない範囲であれば、借りられる可能性あり!
すでに他社で借入経験のある方でも、2社目、3社目としてアコムをご利用しているケースもあります。
初回契約時は30日分の利息が0円!
アコムの「30日間金利0円サービス」を利用すれば、約1ヶ月分の利息を節約できます。
はじめてアコムと契約される方のみ利用できるサービスで、契約日の翌日から30日間の利息が一切かかりません。
全国で157万3,000人が利用している
アコムの利用者数は、業界トップクラスの157万3,000人となっています。(2019年12月時点)
利用できるATMも幅広く、24時間365日借入ができるため、非常に人気の高いサービスです。
公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応となります。

アイフル

審査時間 最短30分
返済日 35日ごと or 毎月指定期日
収入証明書 原則必要
直近2ヶ月分の給与明細
年収の3分の1までは借りられます
他社借入を含む金額が「年収の1/3」に達していなければ、新規借入できる可能性はあります。例えば、年収300万円なら100万円まで借入できるイメージです。現在、他社借入がある方は融資してもらえるかどうか目安にしてみてください。
はじめての方なら30日間金利ゼロ
アイフルをはじめて利用する方であれば、「30日間利息0円サービス」を受けられます。その名の通り、契約をした翌日から30日間は、一切利息がかからないため、返済の負担を抑えることができます。
アイフル独自のピッタリ診断もおすすめ
他社ではあまり目にしないサービスですが、申込者の状況に応じて「あなたにピッタリのお借り入れ方法」を提示してくれます。
1秒診断で借入できる可能性があれば、ぜひ活用してみてください。
公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応となります。

まとめ

フクホーでの増額方法と申請することで生じるリスク、お金を用意できる適切な解決策まで確認していきました。

創業50年の安心・信頼が最大の魅力であるフクホーのローン商品ですが、限度額不足で増額をおこなうにはリスクが伴ってきます。

記事中の大切なポイント
増額にもきちんと審査がある
審査結果が届くのに1週間程かかる
結果次第では限度額が減少してしまう
カードが利用停止になる可能性もある

上記のポイントを見ても分かる通り、増額にもリスクがあるため、予め確認しておきましょう。

緊急でお金を用意したい人は、記事中で紹介したような他の選択肢にも目を向けてみてはいかがでしょうか?

おすすめの特集ページ

増額審査に関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る