アコムの返済日に間に合わない・遅れる・遅延・延滞などを防ぐ方法と対処法

Mutou

この記事のアドバイザ

武藤英次

銀行の支店勤務にて、カードローン(個人向け融資)の申込み受付・審査・管理などを含むあらゆる業務を経験。10年以上の勤続期間中に、延べ10,000名を超える利用者に適切な提案を行った。

 この記事はこんな人にオススメ 
  • アコムに返済するお金がない!
  • 返済に遅れたらどうなるの?
  • 払えない場合の対処法は無いの?

アコムのサービスは非常に便利で、申し込み・契約さえしておけばコンビニや銀行でも借り入れが可能です。また電話やwebでの簡単な手続きをすれば、指定口座にもすぐに振り込んでもらえます。

しかし借りたお金は、確実に返済しなければいけません。もしも返済が遅れてしまうと、あらゆる面で損をしてしまいます。

損をしてしまわないためにも、アコムへの返済が遅れそうな場合の対処法を紹介します。

アコムのサービス内容

 アコム三菱UFJフィナンシャル・グループ
金利 
限度額
審査 
融資 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
:最短1時間
利用者数が全国で最大級30日分の利息が完全ゼロ円!最短60分で借りられる!
公式サイトへ▶

消費者金融最大手のアコム

アコムは数ある消費者金融の中でも、最大手と呼ぶにふさわしいでしょう。150万弱にも及ぶ会員数は、名実ともに日本一の消費者金融といえます。

街中やTV、webでも頻繁にCMを見るので、消費者金融のことをまったく知らないという人でも、その名前に聞き覚えはあるはずです。

アコムを利用するメリット
  • 初回30日は利息ゼロで借りられる
  • 来店不要・最短1時間で借りられる
  • ローンカードと共にACマスターカードというクレジットカードが持てる
  • 10万円でも毎月3000円から無理なく返済可能
  • 楽天銀行の口座を持っていれば、24時間振り込み融資が可能

商品の詳細については、必ず商品提供者のHP又は直接お問い合わせをするなどしてご確認下さい。

アコムの返済を遅延・滞納すると起こる2つの重大なリスク

返済に遅れたらどうなるんだろう…

お金を借りるのですから、誰でもそんな不安を感じるはずです。もちろんお金を借りたのであれば、返済期日までにしっかりと返さなければなりません。期日を1日でも過ぎてしまったら、アコムは回収へのフローに移ります。

アコムに申し込みをするときに、返済できなかった場合は回収するにため行動する旨に同意してるはずなので、回収への手続きを止めることはできません。

大まかではありますが回収のフローを見ていきましょう。

カードローン遅延時の流れ

【1】遅延利率(実質年率)が適用
支払い日の翌日から、所定の遅延利率が適用されます。遅れた分を払いきるまでは、元の利率には戻りません。
【2】書面での督促が届く
所定の額を払うようにと、自宅にアコムからの郵送物が届きます。
【3】電話での督促
担当者から、支払いをするようにと携帯に電話がかかってきます。電話に出るまで、何度も何度もかかってきます。
【4】利用停止・強制解約
カードが使えなくなり、強制解約させられます。こうなると、よほどの事がないと二度とカードは作れません。
【5】保証会社・サービサーから一括請求
カード残高全て+延滞金を一括払いで払う必要があります。
【6】裁判所から訴状が届く可能性も
それでも支払いをしない(意志を見せない)場合は、手続きが裁判所に移管され、訴状が届きます。財産の差押えなどに発展するケースも少なくありません。

上記は一般的なカードローン遅延時の流れであり、実際の金融機関の対応とは異なる場合があります。

アコムのとる行動を確認したうえで、更に起こりうるリスクを見ていきましょう。

【1】返済まで金利が20%に跳ね上がる

アコムへの返済を延滞してしまうと、遅延損害金が発生します。遅延損害金とは違反金のようなもので、通常の利息とは別に発生するペナルティです。

利息同様この遅延損害金も利率で計算されており、アコムの遅延利率は20.0%(実質年率)となっています。

払うべき金額をきちんと返済するまではこちらの金利が適用され、元通りの利率には戻りません。普段の利息よりも余計な額を払う羽目になってしまいます。

期間が長引けば長引くほど、返済額が増えていくので注意しましょう。

遅延損害金

【条件】
・借入金:10万円
・実質年率:18.0%
・返済期間:2年(24か月)
・毎月返済額:4,992円
・遅延利率:20.0%(実質年率)
・延滞期間:1か月(30日)

【遅延損害金】
10万円×0.20÷365日×30日=1,643円
【支払い金額】
4,992円+1,643円=6,635円

【2】利用者の信用情報に傷がつく

アコムで返済を延滞するリスクは、遅延損害金だけではありません。何ヶ月も返済が遅れると、遅延した記録が個人信用情報機関に記録されることとなります。

この状態が、いわゆる「ブラックリスト」と呼ばれるものです。

こうした情報は信用機関に保管されて、最低でも5年間は残ります。その間はあらゆる審査に通過できなくなるでしょう。

信用情報が傷つくと
住宅や車のローンが組めなくなる
クレジットカード契約ができない
カードローンでお金が借りられなくなる
スマホの分割払いが不可に
賃貸住宅の契約で保証会社を保証人にする場合に審査落ち
事実が知られると職場や家庭などでも信用を失う

具体的には上記のような状態になってしまいますので、何としても避けるべきといえます。

Q.信用情報のブラック化は滞納何ヶ月目か

Mutou

元 銀行員|武藤英次

延滞2~3か月で異動(事故)情報登録となります

信用情報機関に異動情報が登録されますと、新規の借入は最低でも5年間は不能になりますのでダメージは大きなものとなります。
信用情報機関が公にしている異動情報の登録基準は延滞61日目、もしくは3か月のいずれかとされていますが、気を付けなければならないのは延滞情報の登録自体は各カードローン会社の判断で行われるということです。
例えば、初回延滞は大目に見るけれども、複数回延滞した場合にはすぐに登録を行うといった対応をとるカードローン会社も存在します。
そのため2~3か月延滞していないからまだ大丈夫と安易に考えるのは非常に危険なので注意が必要です。

限界に達すると差し押さえをされる

アコムからの督促をいつまでも未解決のままでいつと、手続きは裁判所へと移動します。裁判所から支払いもしくは出頭するように、通知書が来るでしょう。ここまでくると流石に逃げることはできませんし、裁判で勝訴できる可能性もほとんどありません。

本人と連絡がとれない事態が続けば、勤務先や自宅に連絡も来ます。こうなってしまうと周囲に滞納の事実が知れ渡るのは、時間の問題です。職場や家族からの信用を失ってしまう事態は避けられません。

最終的には自身の財産や口座、給与を差押えられる可能性まで出てきます。お金に関する一切の自由を奪われ、ほとんど身動きがとれない状態になります。

返済が遅延しそうな時の解決策

重要チェックポイント
  • 返済するお金がない…どうすればいい?
  • 払えないときは誰に相談すれば?
  • 一時的に払えない問題を解決するには?

アコムへの返済が遅延してしまった場合、もしくは遅れそうと感じたら、先にこちらから何らかのアクションを起こすことが大切です。

何もできないからといって放置していると、前述のようなリスクと向き合わなければいけなくなりません。その前にこちらから動きましょう。

返済期日前にこちらからアコムに電話相談

事前連絡なく遅延をしてしまうと、アコムから督促の電話がきます。無茶な取り立てはありませんが、連絡なく返済が遅れるとアコムからの信用が大きく損なわれてしまうのです。

その前に払えない状況を説明して、相談するのが賢明でしょう。アコムに連絡しないよりは、ずっと健全な信頼関係で居続けられます。必ず自分から連絡しましょう。

 電話相談の内容 
今月分の返済期日について
どうしても間に合わない場合、いつまでに返済できるのかを相談できます。
具体的な期日を約束すれば、それまで督促電話や督促状がくることはありません。
今月の返済額について
今月の返済額がどうしても用意できない場合、支払い金額の低減をしてもらえる可能性があります。
ただし、最低でも利息分は用意しなくてはいけません。
翌月以降の返済日・返済額について
月々の返済が常に大変だという場合は、今後の返済日や返済額の変更ができる可能性があります。

アコム総合デスク▶0120-629-215

Q.無断で滞納する場合と事前連絡をした場合で差はあるの?

Mutou

元 銀行員|武藤英次

若干差がつく可能性があります

仮に同じ期間を滞納した場合でも、無断で滞納した場合と事前連絡した場合ではカードローン会社の心証は大きく異なります。事前連絡をした場合は、相談して返済日の調整を行うという形となり、顧客側から連絡があったという事実もしっかりと記録されます。もちろん延滞という事実に変わりはなく、遅延損害金も加算されることとなりますが、信用情報への登録という面では若干猶予される可能性もあります。これに対し無断滞納に対しては厳しい対応をとるカードローン会社は多いのです。いずれにせよ返済に困った場合はなるべく早めにこちらから相談することが大切です。

どうしようもないときは専門家に相談

どうしようもなく継続的な返済ができそうにない場合は、専門家に相談してみることをおすすめします。

実際にどんな行動をとるのかは専門家と相談のうえで決まりますが、アコムとの間に入って返済方法・金額などの交渉してくれる場合があるのです。

また場合によっては最後の手段ともいえる「債務整理」の提案や、手続きのサポートをしてくれるケースもあります。必要に応じて検討してみてください。

 国民生活センター・消費生活センター 
現在の状況に至る経緯を相談
カードを使った内訳、支払い状況、支払い可能になる日時など説明してみてください。相談に乗ってもらえます。
※最寄りのセンター・連絡先は公式サイトで確認してください
独立行政法人 国民生活センター

 金融サービス利用者相談室 
金融商品やサービスの相談窓口
預金・融資・保険商品・保険制度・投資・証券・貸金業など、お金に関しての適切なアドバイスをしてくれます。
金融庁:金融サービス利用者相談室

 日本弁護士連合会 
借金・債務状況の相談
カード会社への支払い総額・その他お金関連の悩み等を相談してみてください。
日本弁護士連合会 公式ページ

Q.債務整理は気軽に行えるの?

Mutou

元 銀行員|武藤英次

引き換えに失うものの大きさを考えなければなりません

法律事務所の広告で債務整理をすすめる広告を目にする機会も多く、なんとなく簡単に考えてしまう方も多いようです。
しかし、債務整理によって個人の信用が0どころか大きなマイナス評価となってしまい、通常のライフプランを再構築するのは苦難の道のりとなるのは否めません。
あらゆる手段を検討して、どう考えても返済が不能となってしまった場合、なるべく早く債務整理を決断する必要があるのは事実ですが、あくまでも最終手段として安易に考えることのないようにしましょう。

一時的に払えないときの打開策

急な出費で今月の返済が厳しい…
なんとか次の給料日まで耐えられれば…

このような人に有効な手段が、他カードローンを利用した「借り換え」です。あまり有名な方法ではありませんが、遅延間近になった人の多くが借り換えをしています。

具体的にいうとアコムで借りたお金を、他カードローンで借りたお金で返済する方法です。

借り換えにはメリットとデメリットがありますので、きちんと把握したうえで検討してみてください。

メリット
現在利用中のカードローンよりも低金利になる可能性がある
毎月の返済額を軽減できる可能性がある

デメリット
借り換えでの返済を繰り返すなどして、最終的に支払い不能となった場合、破産免責・不許可事由に該当するおそれがある。

借り入れと返済はあくまで計画的におこないましょう。

お金を借りる際にはしっかりと返済計画を立て、無理のない範囲で返済するようにしましょう。借り換えによって遅延を解消するのは、あくまで一時的に返済が困難となった場合の最後の手段としましょう。

130万人以上が利用するプロミス

 プロミスSMBCコンシューマーファイナンス
金利 
限度額
審査 
融資 
:4.5~17.8%
:最大500万円
:最短30分
:最短1時間
他消費者金融よりも金利が安くてお得!銀行閉店後も最短10秒で振込可能!※1アルバイト・パートでも当日利用可能!30日分の利息が完全ゼロ円!※2
公式サイトへ▶
※1:三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座が必要です※2:メールアドレスの登録とWeb明細の利用が条件です

プロミスは全国の利用者が130万人を超えており、アコムと並んで大手の消費者金融といえます。

プロミスの上限金利はアコムよりも低い17.8%ですので、人によっては金利が下がることも期待できるでしょう。

また初回利用に限り30日間は利息がゼロ円です。一時的な利用であれば、返済分をまかなうだけで済む可能性もあります。

公式サイトへ

選べるその他のカードローン

おすすめカードローン
アイフル 金利 
限度額
審査 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
SMBCモビット 金利 
限度額
審査 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:10秒簡易審査

ちょっと一言
アコムに限らず、カードローンの遅延や滞納は、大げさでなく「人生における致命傷」になってしまいます。

「どんな手を使っても回避しておけば良かった」という利用者は、沢山います。今頑張るだけで、決定的なダメージを受けなくて済むので、先のことを見据えて最適な判断をしてください。

遅延はなんとしても避けるべき!

アコムでの返済を遅延してしまうと、一度のミスでとんでもない量のデメリットがつきまといます。現在の手間であるとか、面倒くささを鑑みても、とても受け入れられるものではありません。

金銭的な信用がゼロになってしまうということは、今後の人生設計やライフスタイルにも大きな影響を及ぼすでしょう。

例えば現代ではクレジットカードを持っていないというだけでも、かなりの損をしてしまいます。そんなクレジットカードも、利用できなくなるかもしれないのです。

少しの手間で遅延を解決できるのであれば、なんとしても避けてください。

↓↓↓合わせて読みたい記事↓↓↓

返済日に関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
ページトップに戻る