カードローンの申込みにおける2種類の必要書類とは|提出方法やオススメの金融機関も解説

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

この記事の目次

  1. カードローンの申込みにおける2種類の必要書類
  2. カードローンの申込みにおける必要書類の提出方法
  3. カードローンの申込みで必要書類を提出するときに注意すべき3点
  4. 初めて申込みする人にオススメする3つのカードローン
  5. まとめ

カードローンに申込みするうえで、どんな必要書類があるのか気になっている人もいるのではないでしょうか。

結論を言いますと、カードローンの申込みにおける必要書類は、以下2種類のものです。

  • ■本人確認書類
  • ■収入証明書類

この記事では、2種類の必要書類についての詳細や、カードローンに申込むときの提出方法などを記載しています。

また、初めて利用する人向けに、オススメのカードローンについても紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

カードローンの申込みにおける2種類の必要書類

カードローンの申込みにおける必要書類は、以下2種類のものです。

  • 1.本人確認書類
  • 2.収入証明書類

これらの書類は、カードローンの申し込みを本人が行っているのかや、安定した収入があって返済能力があるのかといったものを金融機関が確認するために、提出する必要があります。

以下でそれぞれの書類について解説していきますので、どういったものを提出すればよいか気になる人は、参考にしてください。

本人確認書類

必要書類として提出しなければならないものの1種類目は、本人確認書類です。

本人確認書類は、基本的にどのカードローンの申込みでも提出が求められます。

以下に、カードローンの申込みにおいて本人確認書類として提出できるものを記載していますので、確認してください。

  • ■運転免許証
  • ■個人番号カード(表のみ)
  • ■パスポート
  • ■顔写真付き住民基本台帳カード
  • ■健康保険証
  • ■在留カード特別永住者証明書
  • ■年金手帳
  • ■福祉手帳
  • ■公共料金の領収書

金融機関によって、上記の中から本人確認書類として提出できるものに指定があったり、提出する枚数が異なっていたりするため事前に確認が必要です。
また、顔写真付きでない本人確認書類を提出する場合は、最低2種類必要となっているため、注意しておきましょう。

これからカードローンを利用したいという人は、どの書類が本人確認書類になるか公式ホームページで確認したうえで、申込みをしてください。

本人確認書類の提出が必要な理由

カードローンの申込みでは、主に以下2つの理由があるため本人確認書類の提出が求められます。

第四条 特定事業者(第二条第二項第四十五号に掲げる特定事業者(第十二条において「弁護士等」という。)を除く。以下同じ。)は、顧客等との間で、別表の上欄に掲げる特定事業者の区分に応じそれぞれ同表の中欄に定める業務(以下「特定業務」という。)のうち同表の下欄に定める取引(次項第二号において「特定取引」といい、同項前段に規定する取引に該当するものを除く。)を行うに際しては、主務省令で定める方法により、当該顧客等について、次の各号(第二条第二項第四十六号から第四十九号までに掲げる特定事業者にあっては、第一号)に掲げる事項の確認を行わなければならない。

出典: e-Gov法令検索|犯罪による収益の移転防止に関する法律

犯罪組織・テロ組織の資金洗浄(マネー・ロンダリング)やテロ資金供与、他人になりすましてお金を借りるといった行為にカードローンが利用されるのを防ぐためには、申込み者が誰であるかの確認が必要です。

本人確認は不正行為を防ぐためのものであると理解し、カードローンに申込みする方はきちんと対応しましょう。

収入証明書類

必要書類として提出しなければならないものの2種類目は、収入証明書類です。

収入証明書は基本的に、以下2つに該当する場合や金融機関が審査するうえで必要だと判断した場合に提出を求められます。

  • 1.借入希望額が50万円を超える場合
  • 2.他社を含めた借入総額が100万円を超える場合

以下に、カードローンの申込みにおいて収入証明書類として提出できるものを記載していますので、確認しておきましょう。

  • ■源泉徴収票
  • ■住民税決定通知書
  • ■所得証明書
  • ■給与明細書
  • ■確定申告書
  • ■青色申告書
  • ■収支内訳書

本人確認書類と同様に、金融機関によっては上記の中から収入証明書類として提出できるものに指定があったり、提出する枚数が異なっていたりするため、事前の確認が必要です。

カードローンに申込みする人で借入希望額を高く設定しようと考えている方は、収入証明書類としてどの書類が提出可能か公式ホームページで確認してください。

収入証明書類の提出が必要な理由

カードローンの申込みでは、主に以下2つの理由があるため、収入証明書類の提出が求められます。

  • 1.申込みどおりの収入を得ているか確認するため
  • 2.借入額が総量規制を超えないか確認するため

カードローンを取り扱う金融機関は、貸金業法における総量規制の第十三条の二(過剰貸付け等の禁止)によって、個人への貸付総額が原則として年収の3分の1までと定められているからです。

そのため、金融機関は50万円を超えるような高額貸付を求められたり他社借入があったりした場合には、収入証明書類によって申込み者の収入を把握し、慎重に審査を行います。

収入証明書を求められた人は、上記背景があると認識して求められた場合はしっかりと提出に応じましょう。

カードローンの申込みにおける必要書類の提出方法

カードローンの申込みにおいては、必要書類を以下3つの方法で提出可能です。

  • 1.写真を撮影してWEB上でアップロードして提出
  • 2.コピーして郵送で提出
  • 3.店頭窓口や無人契約機に持ち込んで提出

申込みの種類によって、必要書類の提出方法が決められている場合もあります。

以下で、それぞれの提出方法について解説していますので、詳細を確認してください。

1.写真を撮影してWEB上でアップロードして提出

1つ目の提出方法は、スマホやデジカメで必要書類を撮影し、WEB上でアップロードするというものです。

PCやスマホアプリを使って、インターネット上でカードローンの申込みをした人は、基本的にこの方法で提出となります。

WEB上でアップロードして提出するため、必要書類を郵送する必要がないといったメリットがあり、そういった手間を省きたい人にはオススメです。

PCやスマホアプリを使ってカードローンに申込む人は、WEB上でアップロードするための写真を用意しておきましょう。

2.コピーして郵送で提出

2つ目の提出方法は、必要書類をプリンターでコピーし郵送して提出するというものです。

電話を使ってカードローンの申込みした人は、基本的にこの方法で提出となります。

申込み時に電話を通じて、オペレーターに必要書類について相談しながら提出準備ができるというメリットがあるため、提出書類について心配がある人にオススメです。

郵送は必要書類の提出に時間がかかるため、お急ぎの人には向いていませんが、提出書類に心配がある人は電話でカードローンに申込みし、担当者と相談しながら準備しましょう。

3.店頭窓口や無人契約機に持ち込んで提出

3つ目の提出方法は、カードローンを取り扱う金融機関の店頭窓口や無人契約機に、必要書類を持ち込んで提出するというものです。

店頭や無人契約機でカードローンに申込みした人は、基本的にこの方法で提出となります。

担当者にすぐ相談できる環境であるため、電話による申込みと同様に相談しながら提出できるという点がメリットです。

提出書類に心配があり、近くにカードローンを取り扱う金融機関の店頭窓口や無人契約機がある人は、持ち込みによる必要書類の提出も検討してみてください。

カードローンの申込みで必要書類を提出するときに注意すべき3点

カードローンの申込みにおいて必要書類を提出する際には、以下3つの点に注意しましょう。

  • 1.申込み内容と本人確認書類が一致しているか
  • 2.マイナンバーカードや健康保険証は提出前に加工が必要
  • 3.収入証明書はできる限り最新のものを用意して提出

これらの項目に注意しておかなければ、必要書類の再提出を求められる可能性があります。

以下でそれぞれの注意点について解説しますので、これからカードローンに申込みしようと考えている人は、事前に目を通してください。

1.申込み内容と本人確認書類が一致しているか

注意すべき点の1つ目としては、申込み時に金融機関へ申告した内容と本人確認書類が一致しているかの確認が必要であるというものが挙げられます。

カードローンを取り扱う金融機関は、本人確認書類と申告した内容が一致していなかった場合、虚偽申告としてとらえる可能性があるからです。

また、引っ越しして住所が変わってしまったという人は、追加で必要書類の提出が必要になる場合もあるため注意しましょう。

再提出にならないためにも、本人確認書類と申告した内容が一致しているかの確認は、しっかりと行ってください。

2.マイナンバーカードや健康保険証は提出前に加工が必要

注意すべき点の2つ目としては、本人確認書類としてマイナンバーカードや健康保険証を提出する場合には、加工が必要であるというものが挙げられます。

多くのカードローンを取り扱う金融機関では、マイナンバーカードと健康保険証に関して以下箇所を見えないように加工するように注意喚起されているからです。

上記画像で示した箇所にふせん等を貼り、「マイナンバー(個人番号)が記載されている箇所」や、「記号・番号・保険者番号・QRコードが記載されている箇所」が見えないように加工して、写真やコピーをとりましょう。

マイナンバーカードや健康保険証を本人確認書類として提出する人は、上記のような加工を忘れずに行ってください。

3.収入証明書はできる限り最新のものを用意して提出

注意すべき点の3つ目としては、収入証明書が最新のものになっているか確認して提出する必要がある、というものが挙げられます。

カードローンを取り扱う金融機関が、申込み者に対して返済能力の有無を審査するときには、直近の収入状況が特に重要視されるからです。

例えば、源泉徴収票や確定申告書といった毎年発行される書類は、最新のものでなければ再提出が求められる可能性が高くなります

最新の収入証明書が手元にない人は、再提出を求められないようにするためにも、新しいものを再発行したうえで提出しましょう。

初めて申込みする人にオススメする3つのカードローン

これから初めてカードローンに申込むという人に向けて、以下3つのカードローンを紹介します。

カードローン オススメな点
アコム カードローンの利用は初めての人向け
プロミス 初回借入時からの無利息期間がある
レイクALSA 契約日から長期的な無利息期間がある

これらのカードローンは基本的に本人確認書類1点で申込みができ、初めて利用する人にオススメできる点もあります。

それぞれ特徴を解説していますので、これからカードローンに申込む人は選ぶうえでの参考にしてください。

初めて利用する人にはアコム

カードローンの利用は初めてでどこに申込むか迷っているという人には、「はじめてのアコム」というフレーズのCMでもおなじみの、アコムがオススメです。

アコムは申込みにおける必要書類として、以下本人確認書類のうち1点の提出が求められます。

アコムの本人確認書類
画像引用:アコム|はじめて借りる方へ|必要書類

また、以下のいずれかに該当する方は、収入証明書1点が必要です。

・当社のご契約が50万円を超えるお客さま
・他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま

出典: アコム|はじめて借りる方へ|必要書類

加えて、アコムはマンスリーレポートにおいて、2023年3月期8月における新規申込者のうち、成約に至った人の割合は38.8%であったと公表しています
アコム以外にも、インターネットで成約率を公表しているところはあるため、気になったカードローンがあれば検索してみるのもよいでしょう。

これから初めてカードローンに申込むといった人は、成約率を公表しているカードローンの1つであるアコムを検討してみてください。

アコム

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短30分

すぐお金が必要な方におすすめ。
初めてのお借入れにおすすめ。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

初回借入時からの無利息期間があるプロミス

大手消費者金融の1つであるプロミスも、初めてカードローンを利用する人にはオススメです。

プロミスは初めて利用する人に向けて、初回借入時から適用される無利息期間のキャンペーンを行っています。

上記のように契約日ではなく初回借入時から無利息でるため、今すぐ借入する予定はないがカードローンの契約だけ済ませておきたいという人でも、サービスを利用可能です。

とりあえずカードローンを使えるようにしておきたいという人は、無利息期間が初回借入時から適応されるプロミスにも目を向けてみてください。

プロミス

限度額 最大500万円
金利 4.5~17.8%
審査 最短30分
融資 最短1時間

スマホでお借入れ可能。
20代・30代の方から人気。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

契約日から長期的な無利息期間のあるレイクALSA

大手消費者金融の1つであるレイクALSAも、初めてカードローンを利用する人にはオススメです。

また、レイクALSAは新規契約者に対して、契約日から適用される以下のようなキャンペーンを行っています。

無利息期間の内容   無利息期間の条件
30日間無利息 ■初めての契約の人
■利用限度額が1万円~500万円の人
60日間無利息
(Web申込限定)
■初めての契約かつWEBからの申込限定
■利用限度額1~200万円の人
5万円まで
180日間無利息
■初めての契約の人
■5万円以上借入する場合はその超過分に通常通りの利息がかかる
■利用限度額1~200万円の人

条件をクリアすれば、上記のいずれかのキャンペーンが利用可能です。
これらは併用ができず、契約日の翌日からの適用であるため、選ぶ際には返済の計画を立てたうえで自分にもっとも合ったものを選択しましょう。

また、レイクALSAはWeb(カード郵送なし)の申込みにおいてスマート本人確認を利用すれば、運転免許証と顔の撮影のみで手軽に本人確認ができます。

手軽に本人確認をしたいとお考えの方は、初めて申込む人へのキャンペーンにもあついレイクALSAを検討してみてください。

レイクALSA

限度額 最大500万円
金利 4.5~18.0%
審査 最短15秒※1
融資 最短60分※2

最短で即日融資も可能。
5万円以下の借入は180日間無利息。

公式サイトはこちら
※1.申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。最短15秒は、お申込みから審査結果表示までです。
※2.Web上でお申込みいただいた方に限ります。

まとめ

カードローンは、申込みにおいて以下2種類の必要書類があります。


  • ■本人確認書類
  • ■収入証明書類

カードローンの申込みにおいては、以下3つの方法で必要書類の提出が可能であるため、自分に合ったものを選びましょう。

  • 1.写真を撮影してWEB上でアップロードして提出
  • 2.コピーして郵送で提出
  • 3.店頭窓口や無人契約機に持ち込んで提出

カードローンの申込みにおいて必要書類を提出する際に以下3つの点に注意しなければ、再提出を求められる可能性があります。

  • 1.申込み内容と本人確認書類が一致しているか
  • 2.マイナンバーカードや健康保険証は提出前に加工が必要
  • 3.収入証明書はできる限り最新のものを用意して提出

これからカードローンに初めて申込みするという人は、上記内容をを踏まえたうえで、最後に紹介した3つの消費者金融を参考にしてみてください。

カードローン オススメな点
アコム とにかくカードローンを利用したい
プロミス 初回借入時からの無利息期間がある
レイクALSA 契約日から長期的な無利息期間がある

アコム

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短30分

すぐお金が必要な方におすすめ。
初めてのお借入れにおすすめ。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

プロミス

限度額 最大500万円
金利 4.5~17.8%
審査 最短30分
融資 最短1時間

スマホでお借入れ可能。
20代・30代の方から人気。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

レイクALSA

限度額 最大500万円
金利 4.5~18.0%
審査 最短15秒※1
融資 最短60分※2

最短で即日融資も可能。
5万円以下の借入は180日間無利息。

公式サイトはこちら
※1.申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。最短15秒は、お申込みから審査結果表示までです。
※2.Web上でお申込みいただいた方に限ります。

必要書類に関する新着記事

おすすめの特集ページ

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る