誰にもバレずにお金を借りるならカードローン!家族や友人に内緒でこっそり借入するコツ

この記事に関するアドバイザ

元 銀行員

武藤英次

銀行の支店勤務にて、カードローン(個人向け融資)の申込み受付・審査・管理などを含むあらゆる業務を経験。10年以上の勤続期間中に、延べ10,000名を超える利用者に適切な提案を行った。

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

この記事の目次

  1. 誰にもバレずにお金を借りるならカードローン
  2. 内緒で借りたい人におすすめのカードローン3選
  3. お金を借りた後も気を付けてください!
  4. カードローンをバレずに利用したい人向けのQ&A
  5. まとめ

誰にもバレずにお金を借りるならカードローン

お金を借りる方法はたくさんあります。しかし、誰にもバレずに借りたい場合は、選択肢が狭まってしまうものですよね?

そんな内緒でこっそり借りたい人におすすめするのが、「カードローン」です。みなさん、カードローンの存在自体は知っているでしょう。

簡単に説明すると、借入専用のカードを発行してもらい、金融機関もしくは提携先のATMを使って現金を借りられるサービスです。

原則として保証人や担保は必要なし

カードローンで借りたお金は、事業性資金(会社の運転資金や設備投資など)以外であればどんな用途にでも使えるので、凡庸性の高いサービスとして人気です。

そんなカードローンの特筆すべきポイントは、「原則として保証人・担保が必要ないこと」でしょう。

申込者自身のステータスや信用だけでお金を借りられるので、親や友人にバレる可能性はほとんどありません。

カード発行・来店・郵送物が不要なものがおすすめ

とはいえ、どのカードローンを使ってもバレない、という訳ではないのでご注意ください。

取扱先の金融機関によって、カードローンの特性は様々。
例えば、即日融資に特化していたり、低金利で融資してくれたり、それぞれ異なるメリットを持っています。

では、誰にもバレずにお金を借りるならどのようなカードローンを選ぶべきなのか、マネット編集者の意見だけでなく、専門家にもお伺いしてみました。

Q.バレたくない人はどんなサービスに着目すべき?

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

回答1:カード発行不要のカードローンがおすすめ

家族に財布の中身を見られたり、友人などと食事をした際に財布に中身を見られてしまったら、家族や友人にカードローンの借入がバレてしまうかもしれません。万が一、家族や友人に財布の中身が見られてしまっても、カード発行なしのカードローンを選んでおけばバレる心配はまずないでしょう。例えば、一部の大手消費者金融はカード発行を行わない借入・返済方法を用意してくれています。家族に内緒で借入したい方は、そういった消費者金融のカードローンを検討してみてください。

Mutou

元 銀行員|武藤英次

回答2:来店不要で郵送物なしのカードローンが安心です

ネット上で手続きが完結する「来店不要のカードローン」を選べば、申込時に借入がバレる可能性を大きく低減できます。郵送物については、無人契約機で発行すれば自宅への送付を回避できるでしょう。ネット上で全ての手続きをすると郵送物が発生してしまう場合もありますが、そのような時も封筒にカードローンの社名・商品名は記載されていないので安心してください。

内緒で借りたい人におすすめのカードローン3選

では、実際どのようなカードローンを選べばバレずにお金を借りることができるのか。

■借入専用のカードが不要
■来店する必要がない
■自宅への郵送物がない

監修者からの回答も考慮すると、上記を満たしているカードローンであれば、誰にもバレずにお金を借りることができるでしょう。

今回マネットがおすすめするのは、大手消費者金融の取り扱う3つのカードローンです。カードローン選びにお困りの方は、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめ1|SMBCモビット

1つ目のカードローンは、三井住友銀行グループのSMBCモビットです。

「WEB完結」というサービスを使うことで、申し込みから借入までの手続きをすべてネット上で対応できます。

WEB完結の利用条件
●三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座をお持ちの方(※お客様名義の口座に限ります。)
●全国健康保険協会発行の保険証
(社会保険証)、もしくは組合保険証をお持ちの方

指定口座に振り込んでもらえるので、借入用のカード発行は不要。契約手続きもインターネット上で完了するため、関連書類が自宅宛に郵送されることもありません。

バレずにお金を借りたい人にとって、メリットの多いカードローンと言えます。

電話連絡をなくすことが出来る

ちなみに、カードローンを利用するには「在籍確認」を必ず受けなければいけません。

簡単に説明すると、申込者が本当に働いているのかどうか、勤務先に直接電話して確認を取るための手続きです。

「職場の人にバレるのでは…」と不安に感じるかもしれませんが、SMBCモビットでは電話連絡なしで借入できます。在籍確認が無くなる訳ではないものの、バレてしまう心配は無くなるでしょう。

SMBCモビット
三井住友銀行グループの会社なので、安心感が大きいカードローン!
金利 3.0~18.0% 審査 公式サイト参照
限度額 最大800万円 融資 最短即日
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

おすすめ2|プロミス

2つ目のカードローンは、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスです。

全国展開する大手消費者金融のひとつで、知名度もあり、申し込みから融資までのスピードにも定評があります。

WEB完結の利用条件
●三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座がある
●メールアドレスの登録とWeb明細を利用する

上記の条件を満たしていれば、WEB完結サービスを使って誰にもバレずにお金を借りることができるでしょう。もちろん、申し込んだその日のうちにこっそりお金を借りることも可能です。

他の消費者金融より少しだけ金利がお得

プロミスの特徴として、他の大手消費者金融より金利が低めに設定されている点が挙げられます。

カードローンを初めて利用する場合、利用実績がまったくない状態なので、上限金利を適用されるのが一般的です。消費者金融の一般的な上限金利は18.0%、対してプロミスの上限金利は17.8%と若干低くなっています。

長期的に少額ずつ返済していくカードローンの特性を考慮すれば、若干とはいえ金利が低いのは利用者にとってメリットと言えるでしょう。

プロミス
ネット上で申し込めば最短1時間でお金を借りられる、幅広い層から人気のカードローン!
金利 4.5~17.8% 審査 最短30分
限度額 最大500万円 融資 最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

おすすめ3|アイフル

3つ目のカードローンは、TVCMでもおなじみのアイフルです。

WEB完結の利用条件
●WEB契約時にカードレスを選択※1
●WEB契約時に口座振替登録※2

※1あとからカード発行することも可能です
※2選択した金融機関で取引時確認が完了し、記録が保存されていること

アイフルの特徴としては、初めて借入する人向けのサービスが充実している点が挙げられます。

例えば、女性専用のフリーダイヤルが用意されている点や、正式な審査ではありませんが1秒診断を行ってくれるのも、初めての方には嬉しいポイントです。

【セブン銀行ATM限定】スマホアプリでこっそり借入

余談ですが、契約後にアイフルのアプリをダウンロードすれば、スマホだけでお金を借りることも可能です。

セブン銀行ATM限定のサービスではありますが、口座に振り込んでもらう手間が省けます。

コンビニ内にいる他のお客さんも、スマホを使ってアイフルからお金を借りているとは誰も思わないでしょう。

アイフル
郵送物が届く時間を指定できる、こっそりお金を借りたい人におすすめのカードローン!
金利 3.0~18.0% 審査 最短30分
限度額 最大800万円 融資 最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

お金を借りた後も気を付けてください!

カードローンでこっそり借りられたとしても、その後のちょっとした油断や行動で周囲にバレてしまう可能性もあります。

お金の使い方や返済トラブルなど、借入したことがバレてしまう原因をいくつか紹介しておくので、カードローンを検討されている方はそちらにも目を通しておきましょう。

注意点1|必要以上にお金を借りない

カードローンは、契約した限度額までなら何度でも追加借入できます。

例えば、1万円借りるつもりだったとしても、設定された限度額が50万円であれば、あと49万円借りることが可能です。

利用限度額がまだ残っていると、「もうちょっとだけ…」と借り過ぎてしまうケースも少なくありません。

Q.借入後は何に注意すべきか?

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

回答1:生活水準の急激な変化に注意

カードローンは限度額までなら自由に追加借入できるため、銀行のキャッシュカード感覚で持ってしまう人も少なくありません。仮に金銭感覚が麻痺してしまうと、特に理由もなく他人におごったり、身につけているものが贅沢になったり、目に見えて生活が派手になる傾向があります。このような変化に家族や周囲の方が気付き、借入していることがバレてしまう話も珍しくありません。カードローンは借金ですので、必要な分だけ借りるようにしましょう。

注意点2|毎月の返済をきちんと行う

カードローンでお金を借りた後は、返済面にも注意しておかなければいけません。

例えば、電話連絡なしでお金を借りられるカードローンだったとしても、返済が遅れてしまった場合は別問題です。

Q.借入後は何に注意すべきか?

Mutou

元 銀行員|武藤英次

回答2:なによりも延滞は絶対に避けねばなりません

カードローン会社は、何らかのトラブルが起こらない限り、基本的に電話連絡を控えてくれます。ですが、返済が遅れている利用者に対しては、自宅への電話や督促状の郵送等が行われます。電話連絡を家族が受けたり、督促状の中身を見られてしまったりすれば、借入していることがバレてしまうでしょう。さらには滞納した事実もバレてしまうので、くれぐれも返済遅れには注意してください。

監修者のコメントにもあるように、返済が滞っていることを確認するために電話連絡があったり、督促の郵便物が自宅に届いたりする可能性があります。

このような状況になれば、どんなカードローンを使っても周囲にバレてしまうのは仕方ありません。カードローンを検討されている方は、借りたお金をきちんと返済していける範囲で活用しましょう。

カードローンをバレずに利用したい人向けのQ&A

では最後に、カードローンを内緒でこっそり利用したい人が感じやすい疑問を、Q&A形式でいくつか紹介していきます。

気になる要素があった人は、ぜひ参考にしてみてください。

Q.書類の差出人や振込人を見られたらバレるのでは?

A.差出人や振込人が分からないように配慮されています

こちらは文章で説明するよりも、実際にどのような名称が使われているのか、以下の表で確認してみてください。

金融機関 差出人 振込人
アコム ACセンター ACセンター
プロミス 事務センター パルセンター
アイフル AIセンター 個人名

消費者金融だと分からないよう、口座の入出金に関する項目にも配慮されています。万が一、何らかの書類が郵送されてくることがあっても安心ですね。

以前利用したことのある人でもない限り、パッと見ただけで消費者金融のカードローンを使っていることはバレません。

Q.なぜ保証人や担保が必要ないの?

A.審査で「返済能力がある」と判断しているからです

カードローンに申し込んだすべての人は、年齢や収入面、勤務状況、家族構成、信用情報などの様々な要素をもとに、「継続的に返済していける人」かどうかを審査されています。

正確な審査基準は公表されていないので分かりませんが、問題なく通過できた人は融資してくれる仕組みです。

気になる方は、審査の悩みについての記事も参考にしてみてください。

Q.お金を借りるのに必要なものはある?

A.運転免許証があれば特に問題ありません

一般的な消費者金融のカードローンは、申込者本人かどうか確認するために「本人確認書類」が必要です。

書類といっても、以下のようなものが手元にあれば問題ありません。

運転免許証
パスポート
個人番号カード

場合によっては「収入証明書類」も必要になりますが、その際は金融機関側から連絡があるので、ガイダンスに従って提出しましょう。

例外もありますが、50万円以下の借入であれば収入証明書類は原則不要ですので、少額の借入を検討されている方はご安心ください。

まとめ

誰にもバレずにお金を借りる手段として、内緒でこっそり借入できるカードローンを3つ紹介しました。

記事中の大切なポイント
内緒でお金を借りるならカードローン
カード発行、来店、郵送物が不要なものが〇
借入後の行動や返済にも注意する

マネットがおすすめするのは、大手消費者金融3社が取り扱うカードローンです。

いずれも、カード発行不要・来店不要・郵送物なしで借入できるので、誰にもバレずにお金を借りたい人向けのカードローンと言えるでしょう。

内緒でこっそり借りたい人は、ぜひ検討してみてください。

来店不要・口座開設不要に関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る