プロミスの金利から利息を計算する方法を元銀行員が解説

2018年10月29日更新

Nakagawa
この記事のアドバイザ
地方銀行の法人営業担当として6年勤務。主に不動産業や製造業に対する融資を担当しつつ、地元富裕層へのコンサル型営業を行い、中小企業及び資産管理会社のコンサルタントとして総額300億以上を融通。

 この記事の要点はこちら 
  • ・プロミス契約当初の金利は基本的に17.8%
  • ・利息は日毎に加算されていく
  • ・返済遅延時の金利は20.0%

プロミスでキャッシングしたら、いくら返済しなくてはいけないのか。利息計算はしてありますか?

「利息の計算なんて、何だか難しそう」。このように思っている人も、安心してください。

金利と借入金額さえわかれば、利息計算は簡単にできます。

 もくじ

プロミスの金利は最大で年17.8%

プロミス
ネット上で申し込めば最短1時間でお金を借りられる、幅広い層から人気のカードローン!
金利 4.5~17.8% 審査 最短30分
限度額 最大500万円 融資 最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

プロミスの詳細はこの通りです。金利には幅がありますが、最低金利が適用される可能性は低いと考えましょう。特に初回は、上限金利17.8%になるケースが多いです。

以下の条件を満たしている人は、プロミスに申し込みすることができます。

お申込みいただける条件
お申込みいただける方の条件は、年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方です。
主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方はご審査のうえご利用が可能です。

消費者金融の金利を一覧表で確認

消費者金融の金利の一覧を表で確認してみましょう。

消費者金融 金利(年率) 借入限度額
アコム 3.0 ~ 18.0% 800万円
プロミス 4.5% ~ 17.8% 500万円
SMBCモビット 3.0% ~ 18.0% 800万円
アイフル 3.0% ~ 18.0% 800万円
ライフティ 8.0% ~20.0% 500万円
ビジネクスト 8.0% ~ 18.0% 1000万円
ノーローン 4.9~18.0% 300万円
フタバ 14.959~17.950% 50万円
エス・ジー・ファイナンス 6.8~18.0% 500万円
アプラスパーソナルローン 6.9~18.0% 300万円
キャネット 15.0~20.0% 300万円
有限会社プラン 15.00~20.00% 50万円
フクホー 7.3~20.0% 200万円
アルク 18.00% 50万円
ハローハッピー 10.00~18.00% 50万円
ダイレクトワン 4.80~18.00% 100万円
セントラル 15.0~20.0% 100万円
K・ライズホールディングス 7.0~18.0% 50万円
キャネット 15.0~20.0% 300万円

上記の表を見ても分かる通り、プロミスは大手消費者金融の中で上限金利が唯一18.0%以下に設定してあります。

少しでも金利を低くしたいという人はプロミスを選択しましょう。

金利は引き下げられる可能性がある

これは、マネットが話を伺ったプロミス利用者に届いたSMSメッセージです。ここに書かれている通り、プロミスには契約後にも金利減額サービスが用意されているのです。

これを利用すると、金利は14.9%まで下がります。ここまで低金利になれば、銀行カードローンと変わりません。
サービスが実施されるタイミングは不定期ですが、上手くいけば長期的な利用にも不安がなくなるでしょう。

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。


プロミスの利息の計算方法

プロミスの利息は利用金額(借入残高)と使っている日数、金利で計算され、次の計算式となっています。

利用金額×金利÷365日×利用日数=利息

例えば、プロミスで10万円を30日間、金利が17.8%で借りた場合は次の様になります。

10万円(利用金額)×17.8%(金利)÷365日×30日(利用日数)=1,463.014円

円未満は切り捨てなので1,463円が発生している利息となります。

利息の計算はうるう年かそうでないかで違う

プロミスの利息は利用金額(借入残高)と使っている日数、金利で計算されます。

ただし、うるう年の場合の計算式は次の通りとなっています。
利用金額×金利÷366日×利用日数=利息
金利を366日で割って日歩(1日あたりの利息)を計算します。
10万円(利用金額)×17.8%÷366日×30日=1,463.016円

円未満は切り捨てなので1,463円がプロミスへ払う利息となりますので通常年と同じです。
しかし、金額や期間が大きくなれば差が出てきます。

遅延利率は20.0%(実質年率)

通常の返済期限を過ぎれば、遅延損害金が発生します。金利も通常時から上がりますので期限を守らないことを甘く見てはいけません。

また、無利息サービスを受けていた方々も返済期限を過ぎれば、利息ゼロではありません。遅延損害金が発生します。ここではその利息の計算方法も取り上げておきます。

遅延損害金は返済期限を1日でも経過すると、発生します。決して甘く見てはならないのは、そういう理由からです。計算式を次のようになります。

・借入残高×遅延利率÷365日×延滞日数

仮に10万円の借入残高があるとして、1日延滞した場合と、30日連帯した場合を載せておきます。

10万円 × 20.0% ÷ 365日 × 1日 = 54.79円

10万円 × 20.0% ÷ 365日 × 30日 = 1643.835円

1円未満は切り捨てられますが、当初の金利や、無利息の場合と比べれば天と地ほどの差がありますので、お気をつけください。


プロミスでは借入当日は利用日数に入らない

プロミスの利息は利用金額(借入残高)と使っている日数、金利で計算されると先述しました。ここでは日数について考えてみます。

12月1日に借り入れて、12月1日に返済した場合の利息計算はどの様になるのでしょうか。実はこの場合は利息は発生しません。
プロミスでは借入当日は利用日数に入らないことになっているからです。

但し、返済日は利用日数に入ります。
12月1日に借りて12月2日に返済した場合は12月2日の1日分の利息が発生します。

プロミスの利息計算方法は片端

プロミスの利息計算方法は片端(かたは)と呼ばれる方法です。

これは計算開始日または計算終了日のどちらかの日を利息計算から外す計算方法です。
その両方の日を入れるものが両端(りょうは)と呼ばれます。

12月1日に借りて12月2日に返済する場合に片端と両端では利用日数が次の様になります。

片端、両端それぞれのケース

片端:12月1日借りて12月2日に返済→利用日数1日(プロミスの場合)
両端:12月1日借りて12月2日に返済→利用日数2日


返済シミュレーションで簡単に利息を計算

利息計算の方法を見て、正直なところ「やっぱり難しい」と思った人も多いはずです。しかし、計算が得意でなくても返済シミュレーションを利用すれば、利息の計算は簡単に行えます。

返済金額を計算

毎月の返済金額を計算します

借り入れする
金額
千円
金利 %
完済までの期間 ヶ月

{{ error }}

返済期間を計算

完済までの期間を計算します

借り入れする
金額
千円
金利 %
毎月の返済額 千円

{{ error }}

プロミス
ネット上で申し込めば最短1時間でお金を借りられる、幅広い層から人気のカードローン!
金利 4.5~17.8% 審査 最短30分
限度額 最大500万円 融資 最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

条件を満たせば30日間無利息キャッシング可能

プロミスでは30日間無利息サービスを行っていて、新規顧客優遇策を行っています。

これは初めてキャッシングをした日の翌日から30日間の利息を0にするというものです。

この期間であれば、追加融資をして利用金額が増えてもその利息も対象となります。

Q.30日間の無利息ってそんなにお得?

Nakagawa

元 銀行員|中川秀人

利息負担割合は返済し始めの方が多い


返済開始初期は返済額に対する割合として利息の支払割合が大きく、返済終盤は返済額に対する元金の支払割合が大きいため、借入日から30日間の無利息は利息の計算期間の短縮と利息のつく借入残高の減少につながることから結果として借入側は支払利息の削減につながります。このため、30日間無利息を使える場合は必ず使い、無駄な出費をしないよう心がけましょう。

プロミスの30日間無利息サービスの条件

プロミスの利息が30日間無利息になるサービスを利用するには次の条件があります。

30日間無利息サービスの条件
プロミスをはじめてご利用いただくお客さまのうち、メールアドレスをご登録のうえ、Web明細をご利用いただくお客さま

この条件を満たせば利息を30日間計算されることなく、利用することが出来ます。

尚、30日間の計算開始日は初めてキャッシングした日の翌日となっています。1回しか利用できませんので、よく考えて使って下さい。そうすることでトータルでの支払い利息を減らせる可能性があります。


まとめ

プロミスの利息の計算方法について解説をしてきました。

プロミスは片端と呼ばれる利息計算方法を採用しています。これは借り入れした当日は利息計算に含めないものです。また、うるう年の場合は金利を366日で割って日歩を計算しています。

また、30日無利息についても見てみました。30日無利息サービスは初めてキャッシングをした日の翌日から30日間の利息を0にするというものです。

プロミス
ネット上で申し込めば最短1時間でお金を借りられる、幅広い層から人気のカードローン!
金利 4.5~17.8% 審査 最短30分
限度額 最大500万円 融資 最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

プロミスを初めて利用する場合の金利は決して低くはありませんが、無利息期間サービスを活用したり、返済期間を短くしたりすれば十分利息を節約できます。

そのためには、返済シミュレーションを活用して利息計算をしっかり行っておく必要があります。

公式サイトで返済シミュレーションを行い、利息の把握をしてから、ネット申込みに進みましょう。

返済額に関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
ページトップに戻る