アイフルの在籍確認がバレにくい理由と電話がかかってくるタイミング

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

この記事の目次

  1. アイフルは必ず在籍確認を行う
  2. 職場の人にバレにくい
  3. 在籍確認の電話内容
  4. 在籍確認の電話がかかってくるタイミング
  5. バレてしまうケースと対策
  6. 在籍確認が原因で審査に落ちてしまうケース
  7. まとめ

在籍確認が原因で職場にアイフルの利用がバレる可能性が低いということを、理由もあわせて解説します。

電話のタイミングや内容、審査に落ちてしまう原因など、気になるポイントや不安に感じている点についても解説。

アイフルの利用を検討していて、在籍確認について疑問・不安がある人には必ず役立ちます。

まずは「そもそも在籍確認は行われるのか」という点からお話していきます。

アイフルは必ず在籍確認を行う

在籍確認が行われる理由は、働いているかどうかわからない人にお金は貸せないからです。

万が一、働いていない人に貸してしまうと、返済が滞り最悪の場合で踏み倒されてしまうリスクもあります。

そのため、在籍確認(働いているかどうかの確認)は必ず行われることになっており、決して回避はできません。

なぜ電話で行われているのか?

その理由は、会社への電話連絡が、もっとも確実に「働いていること」を確認できる方法と言われているからです。

職場に電話をすれば、基本的に本人もしくは同僚や上司の口から「勤務しているかどうか」を確認できます。

そのため、アイフルに限らず、消費者金融の在籍確認というものは基本的に職場への電話連絡によって行われているのです。

職場の人にバレにくい

職場の人にバレにくい理由は、在籍確認の電話が工夫されているからです。
バレないような工夫は、具体的に3つあります。

工夫1.個人名が名乗られる

電話では、アイフルという社名を使わず、審査担当者の個人名が名乗られます。

なぜ、それで職場の人にバレないのかというと、社名が名乗られない以上、「消費者金融(アイフル)からの電話かもしれない」という発想自体が生まれないからです。

工夫2.本人以外に用件が伝えられない

アイフルは、本人確認ができるまで用件を口外しません。

「在籍確認であること」自体が本人以外に伝わらないので、誰が電話に出たとしても、バレることはないでしょう。

なぜなら、何の要件かわからない以上、「消費者金融の在籍確認かもしれない」と考える人は、ほとんど居ないと考えられるからです。

工夫3.非通知でかけられる

在籍確認の電話は、非通知でかけられるようになっています。

そのため、電話番号から「アイフルからの電話だ」とバレたりはしません。

当然のことですが、電話番号がわからない以上、ネットなどで発信元を突き止められることがないからです。

在籍確認の電話内容

では、具体的にどのような流れで、在籍確認は進められるのか。
気になる在籍確認の電話内容を紹介します。

電話内容は、2つのパターンに分けられます。

・本人が電話に出られる場合
・本人が不在で電話に出られない場合

どちらの場合でも、所要時間は1~2分です。在籍確認の電話は、名前の確認が取れれば、本人が不在の場合でも完了します。

本人が電話に出られる場合

在籍確認の内容

同僚「お電話ありがとうございます。〇〇株式会社です。」
アイフル「私、鈴木と申しますが、佐藤さんはいらっしゃいますか。」
同僚「会社名とご用件を伺ってもよろしいでしょうか。」
アイフル「個人的な用事ですので、佐藤さんに直接お話します。」
同僚「承知いたしました。少々お待ち下さい。」

-取次中-

本人「お電話代わりました、佐藤でございます。」
アイフル「佐藤たかしさまご本人さまでしょうか。」
本人「はい、佐藤たかしです。」

アイフル「ありがとうございます。申し遅れました、私アイフルの鈴木と申します。
この度は弊社のキャッシングローンにお申込みいただきありがとうございます。これにて在籍確認が完了となります。審査結果につきましては、のちほどメールと電話でご連絡いたしますので、少々お待ち下さいませ。それでは失礼いたします。」

申込者が話す内容は名前のみ

名前の確認が取れると、アイフルの在籍確認だということが本人へ伝えられて、電話は終了します。名前以外の情報は一切話さなくて良いので、周囲の人に怪しまれることはないでしょう。

電話内容に関するポイントは、「申込者が話す内容は名前のみ」だということです。アイフルがフルネームで名前の確認を取りますので、それに回答するだけで構いません。

本人が電話に出られない場合

在籍確認の内容

同僚「お電話ありがとうございます。〇〇株式会社です。」
アイフル「私、鈴木と申しますが、佐藤さんはいらっしゃいますか。」
同僚「会社名とご用件を伺ってもよろしいでしょうか。」
アイフル「個人的な用事ですので、佐藤さんに直接お話します。」
同僚「承知いたしました。少々お待ち下さい。」

-確認中-

同僚「お待たせいたしました。申し訳ございません、ただいま佐藤は席を外しております。」
よろしければ、こちらから折り返しお電話を差し上げますか。」
アイフル「いえ、大丈夫でございます。ありがとうございます。それでは、失礼いたします。」

本人が不在の場合でも在籍確認はできる

ポイントは、本人が不在の場合も在籍確認はできるということです。

なぜ、本人が電話に対応しなくても在籍確認できるのか。
その理由は、会話(電話)の内容から「明らかにその職場で働いていること」自体は確認できるからです。

電話に対応した方が「離席中です」「お休みです」などと答えたら、「今は居ないが会社には勤務している」と判断できるため、本人不在でも問題なく在籍確認ができるのです。

在籍確認の電話がかかってくるタイミング

結論、在籍確認が行われるタイミングは「本人確認の電話」のあとです。

そもそも、「在籍確認」を含めた申し込み後の手続きの流れは、以下のようになっています。

  1. 申し込み手続き
  2. 本人確認の電話
  3. 在籍確認の電話
  4. 審査結果の通知

申し込みを済ませると、スマホや携帯にアイフル担当者から「本人確認の電話」があり、その直後に在籍確認が行われることが一般的となっています。

では、「本人確認の電話」とは何なのか?
これは、申し込み内容に間違いが無いかを確認するための電話ですが、その際に「今から在籍確認をしてもいいでしょうか」という確認もとられることになっています。

その際、「大丈夫です」と承諾した人については、電話を切った直後(約2~3分後)に在籍確認が行われるのです。

アイフルが事前に了承を取る理由

なぜ、わざわざアイフルは「在籍確認をしていいか」を事前確認しているのか?
その理由はおそらく、突然申し込み者の職場に電話をしてしまうと、クレーム沙汰になる可能性があるからです。

何の前触れもなく消費者金融(アイフル)から電話があったら、多くの人は驚いてしまうかと思います。

そうなると、場合によってはネットなどで悪評が立ってしまうリスクもあるでしょう。

そうならないためにも、アイフルは在籍確認を行う前に「電話をしてもいいか」と確認しているのです。

バレてしまうケースと対策

ここまで説明したとおり、在籍確認の電話が原因でキャッシングの利用がバレることは基本的にありません。

しかし、100%バレないわけではなく、まれにバレてしまうケースもあります。

一般的に在籍確認が原因で、キャッシングがバレるケースは以下のようなものがあります。

・職場の人から電話内容を問われて、正直に答えてしまう
・発信元の電話番号が見られてインターネット検索をされてしまう

ただ、アイフルの在籍確認は非通知でかかってくるため、バレる原因はほぼ「問われて、正直に答えてしまう」だと言えるでしょう。

そのため、バレるのを避けるには「正直に答えない」ことが重要です。またそもそも「怪しまれて、問われない」というような状態が理想的でしょう。

そうするためには、あらかじめバレないための対策を取っておくことが重要なのです。

対策1.同僚や上司が席に居ない時間帯を指定する

在籍確認のタイミングについては、何の電話か聞いてきそうな同僚や上司が席に居ない時間帯を指定するのもひとつの手です。例えば、お昼時、早朝・定時後、または外出中などで居ないタイミングです。

前提として、在籍確認のタイミングは指定できます。

どのように指定するのかというと、在籍確認の前に、申込者本人へかかってくる「本人確認の電話」にて指定します。

本人確認の電話の際に、「在籍確認の時間を指定したい」とアイフルの担当者に伝えてください。

すると、あなたが都合の良い時間帯に在籍確認をしてもらえます。

なぜ上司や同僚が居ないタイミングなのかというと、そもそも電話を受けている様子が見られないため、「どのような電話だったか」と聞かれることがないからです。

対策2.在籍確認の際にあえて席をはずす

在籍確認の際に、席をはずすのもひとつの手です。
なぜ、席をはずすのか。それは、自身で電話対応をしないためです。

在籍確認は、自身が不在の場合でも完了するので、自分が電話に出なくても構いません。

自身が電話に出ないことで、職場のひとに「電話対応していた」と思われることはありません。

そもそも電話に出ていないので、「どのような用件だったのか」と聞かれることもないのです。

対策3.言い訳を用意しておく

在籍確認について、何の電話だったか問われたときのために言い訳を用意しておきましょう。

なぜなら、言い訳を用意していないと、焦ってしまい態度でバレる可能性があるからです。
具体的には、以下のような言い訳を用意してください。

「クレジットカードの在籍確認だった」
「営業の電話だった」
「落とし物を拾ってくれた人からの電話だった」

おすすめの言い訳はクレジットカードの在籍確認

なぜなら、クレジットカードにも在籍確認があるからです。

クレジットカードであれば、多くの人が持っているので、特に嫌な目で見られることもないでしょう。

「クレジットカードの在籍確認だった」と伝えることで、それ以上問い詰められることも避けられます。

他にも「営業の電話」や「落としものを拾ってくれた人からの電話」という言い訳もありますが、あまりおすすめではありません。

なぜなら、営業の電話であれば、「何の営業か」。落とし物であれば、「何を落としたのか」と問い詰められる可能性もあるからです。

そう考えると、クレジットカードの在籍確認が良いかもしれません。

在籍確認が原因で審査に落ちてしまうケース

結論、在籍確認の電話で名前の確認が取れない状態だと、審査に落ちてしまう可能性があります。

ただ、すぐさま審査に落ちるというわけではありません。

在籍確認の電話が繋がらない場合は、別の時間に変更して行うため、それで確認が取れれば大丈夫です。

それでもなお、名前の確認が取れないと、「会社に在籍していない」と疑われて、審査に落ちてしまう可能性があります。

名前の確認が取れないケース

では、名前の確認が取れないケースとは、具体的にどのようなものか。
以下のような例が挙げられます。

・勤務先の方針として非通知の電話に出ない
・勤務先の方針として個人の在籍について明確に回答しない
・そもそも、アイフルに申告した電話番号が違う

勤務先の方針として、非通知の電話に出なかったり、個人の在籍確認について明確に答えなかったりする場合は、何度も電話をかけても在籍確認ができません。

また、申し込みをしたときに勤務先の電話番号を間違えて伝えていた場合は、電話がそもそも来ませんから在籍確認はできません。

まとめ

結論、アイフルの在籍確認は職場に人にバレにくいと言えます。
なぜなら、在籍確認の電話は周囲にバレないような工夫がされているからです。

例えば、電話ではアイフルの社名が名乗られなかったり、用件は伏せられたりといった工夫がされています。

アイフルの電話内容についても、本人が名前を答えるだけなので、すぐに完了します。
本人が会社に不在の場合でも、電話対応した方が「不在です」「離席中です」と答えるだけでも構いません。

このようにバレにくい在籍確認ですが、100%バレないわけではないと覚えておきましょう。

「何の電話だったのか」と職場の人に聞かれた場合、自分で回答してしまうと、当然バレてしまいます。
うまくごまかす自信がない人は、あらかじめバレないような対策を用意しておきましょう。

在籍の確認が取れない場合は審査に落ちてしまう可能性があるので、不都合な点があれば、気軽にアイフルへ相談してみるのが良いでしょう。

在籍確認に関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る