消費者金融のお金の借り方ガイド|最短1時間のシンプルな流れ

この記事に関するアドバイザ

元 クレジットカード会社職員

熊澤健

クレジットカード会社20年勤務し、うち10年間は債権回収を担当。クレジット審査業務能力検定上級コースであるシニアクレジッター及び、クレカウンセラー取得をしている審査のプロ。

この記事の目次

  1. 消費者金融でのお金を借り方
  2. 消費者金融への申し込み方法は複数ある
  3. おすすめの借り方はインターネット申し込み
  4. 消費者金融のATMでの借り方
  5. 消費者金融は初心者向けにできている

 この記事はこんな人向けです 
  • 今月お金使いすぎてヤバい...
  • 家賃・生活費・携帯代が払えない...
  • お金はどうやって借りる?

消費者金融でのお金の借り方はシンプルです。

正しい申し込みをすれば、たった1時間でお金を借りることも可能です。

まずはかんたんに、消費者金融からのお金の借り方を確認しましょう。

消費者金融でのお金を借り方

消費者金融での借り方を解説します!

消費者金融は、サラリーマン・主婦・学生・フリーターなど、いろいろな人が利用しています。利用手順はシンプルで大きく分けて5ステップです。

手順は5ステップ
  • 【1】スマホ・PCで申し込み
  • 【2】書類提出・審査待ち
  • 【3】在籍確認
  • 【4】契約・カード発行
  • 【5】お金の借り入れ(ATMか振込)

申し込みから借り入れまで、担当のスタッフがきちんとサポートをしてくれます。

では、お金の借り方を見ていきましょう。

手順1:スマホかPCから申し込み

まずはじめに、消費者金融の公式サイトで申し込みをします。PC・スマホどちらでもOKです。

申し込みページでは、「氏名、年齢、連絡先、勤務先、年収...」といった情報を入力していきます。

入力作業は、だいたい5分~10分程度で完了すると見込んでおきましょう。

手順2:書類提出・審査待ち

公式サイトで入力が終わったら、必要書類の提出をします。

「運転免許証」や「パスポート」「健康保険証」などをスマホで撮影。公式サイトの提出ページで送信すれば完了です。

書類提出が終わると審査が行われます。ここで利用可能額が決まるのです。

審査で見られる項目 
本人情報
年齢、性別、電話番号など
勤務情報
勤務先、雇用形態、就労期間など
住居の情報
賃貸or持ち家、居住年数、家賃、など
借り入れ情報
他社借り入れの情報、お金の用途など

審査では上記の項目が見られます。これらの項目から、申込者の返済能力を見極めるのです。

返済能力が高いと判断されれば、利用限度額が高くなります。反対に、返済能力が無いと判断されれば、お金を借りられません。

全国の消費者金融一覧と審査落ちの原因
審査が甘い?大手消費者金融に申し込んでみた結果の感想【体験談】

手順3:在籍確認

審査の終盤に「在籍確認」があります。在籍確認とは、申し込み者が職に就いているか確認する行程です。

申し込みフォームには、勤務先と電話番号を記載する欄があります。消費者金融はそちらの番号に電話をして、申込者が会社に属しているか確かめます。

会社にバレることはほとんどない

在籍確認の電話は個人名でかかってきます。消費者金融は会社名を言うことはありません。

プライバシーに配慮しており、要件も伝えないのです。

具体的には、上記のような電話がかかってきます。

在籍確認は、本人が出れば即完了です。ですが、本人が出なくても在籍確認は完了します。

上記の画像のように、同僚があなたの名前を出せば、整合性が取れるとして在籍確認を完了させるのです。

Male

20代 / 男性 / 職業: 派遣社員 / 年収: 100-299万円 / 目的: 医療費

ユーザー評価
full star
full star
full star
full star
half star
4.5

職場に電話がかかってくることがずっと気になっていました。審査は職場での在籍確認があるって聞いていたので。確かに電話はかかってきましたが、名前を確認したくらいの短い電話でした。審査もパス出来ましたし、ひと安心でした。職場に電話がかかってくることがずっと気になっていました。審査は職場での在籍確認があるって聞いていたので。確かに電話はかかってきましたが、名前を確認したくらいの短い電話でした。審査もパス出来ましたし、ひと安心でした。

Male

30代 / 男性 / 職業: 会社員 / 年収: 300-499万円 / 目的: 趣味・娯楽

ユーザー評価
full star
full star
full star
full star
half star
4.4

土曜日でも即日融資可能なところです。電話での在籍確認なしにしてくれたところもすごく良かったです。キャッシングしやすいです。


消費者金融の借入れ審査で行われる在籍確認の内容を実際に試してみた

手順4:契約~カード発行

在籍確認で何も問題がなければ、審査に通過して、消費者金融と契約ができます。

契約をしたら、自動契約機でカードを発行しましょう。カードさえ持っていれば、基本的にコンビニATMで24時間お金を借りられます。

下記のように、 自動契約機はどこの会社も遅い時間まで営業しています。

自動契約機でのカード発行は20分程度です。発行には身分証明書が必要なので、忘れずに持参しましょう。

参考記事

無人契約機を使った手続きの流れから必要なものまで解説

手順5:借り入れ

カードを発行したら、お金を借りられます。無人店舗内にあるATMまたは最寄りのコンビニATMで借りましょう。カードを挿入すれば、借り入れの手続き画面になります。

また、振込での借り入れも可能です。消費者金融の公式サイトにいき振込の依頼をすれば、自分の銀行口座にお金が振り込まれます。※

※振り込みの場合、銀行営業時間外だと翌営業日に残高が反映されます。

Q.振込キャッシングとATMキャッシングはどう使い分ける?

Kumazawa

元 クレジットカード会社職員|熊澤健

通帳に振込の記載を残したくない時はATMで

振込とATM、それぞれの手数料を確認しましょう。大手消費者金融は、振込手数料が無料のケースが多く、ATMは提携先次第で有料・無料に分かれます。

また振込キャッシングの場合、振込み人名は、他人に分かりにくい配慮をしてもらえますが、振込記録は当然残ります。加えて振込は明細が郵送されます。バレたくない人は、明細が郵送されないようなサービスを利用してください。

消費者金融への申し込み方法は複数ある

消費者金融への申し込み方法は複数あります。上記の手順では、スマホ・PCと記載をしましたが、人によってはスマホ・PCが苦手という方もいるでしょう。

そのような人は別の方法を検討してみてください。

申し込み方法
  • 店頭申し込み
  • 自動契約機申し込み
  • 郵送申し込み
  • 電話申し込み
  • インターネット申し込み

上記の方法から、自分にあった方法をお選びください。それぞれ、かかる手間や所要時間が多少異なってきます。

方法1:店頭窓口で申し込み

お金の借り入れに関しての詳細の説明を聞きたいなら、実際に営業時間内に窓口に行くのが良いでしょう。

専門のスタッフが細かく商品説明をしてくれるだけでなく、どんな質問にもその場でしっかりと答えてくれます。

近くに店舗があり、早期の借り入れを希望していないのであれば、店舗まで実際に足を運ぶのがおすすめです。

方法2:無人契約機で申し込み

お近くに店頭窓口がないという方は、自動契約機での申し込みを検討してください。

自動契約機とは、申し込みや契約が通しで行える無人の店舗です。大手の消費者金融は、全国各地に多く設置しており、多くの人がアクセスしやすい場所にあります。

自動契約機は遅い時間(21時~22時頃)まで受付可能で、土日も対応しています。窓口同様に、申し込み~審査~カード発行~借り入れまで、全て無人契約機でおこなう事が可能です。

方法3:郵送で申し込み

近くに消費者金融の窓口も、無人契約機もない。そんな時には、郵送で申し込み手続きをするという借り方があります。

方法は非常にシンプルで、こちらから消費者金融に電話をすると、申し込みに必要な書類を送付してくれるというもの。

その書類に必要事項を記入して返送すると、それをもとに審査がおこなわれ、無事に通過すればカードが送られてきます。少し時間はかかるものの、営業時間内に消費者金融の店頭窓口や無人契約機に行けない人にはおすすめです。

方法4:電話での申し込み

上記で解説した郵送申し込みは、電話をして書類を送付してもらいます。電話してから書類を返送するまでに時間がかかってしまうでしょう。

もし急いでいるのであれば、これらの手続きを電話で済ませることも可能です。電話上でオペレーターの質問に答えるだけで、必要項目の申告が終わります。

オペレーターと数分の通話をする必要がありますが、書類を記載する必要はないので、手間がかかるのが嫌な人にはおすすめです。

方法5:インターネットで申し込み

日本国内のほとんどの会社が、インターネット申し込みを用意しています。

インターネット申し込みは、基本的には24時間行えるのがメリットでしょう。普段忙しい場合でも、空いた時間を利用して申し込みを済ますことができます。

手順に従って情報を入力をしていくだけなので、手続き自体は非常に簡単です。申し込みを済ませて、カードの発行をするために店頭や自動契約機に行くという方も多くいます。

おすすめの借り方はインターネット申し込み

上記で5つの申し込み方法を紹介しました。『店頭窓口』『無人契約機』『郵送』『電話』『インターネット』とあるなかのうち、おすすすめはインターネットでの申し込みです。

24時間どこでも申し込みができるのに加えて、申し込みから借り入れまでスムーズというメリットがあります。

メリット1:24時間いつでもどこでも申し込める

当日急にお金が必要になった場合でも、インターネット申し込みであれば、スマートフォンがあるだけで申し込みができます。

電話や店頭窓口の場合は、消費者金融の営業時間に合わせて申し込みをする必要があります。しかし、インターネット申し込みであれば、夜の時間でも申し込みが可能。

営業時間外でも申し込みを済ませておけば、次の日の午前中には借りられることがほとんどでしょう。

メリット2:書類提出に手間がかからない

どの消費者金融も申し込みを行うのに、身分証といった書類の提出が必要です。インターネットでの申し込みであれば、書類の提出に手間がかかりません。

例えば、運転免許証をスマートフォンのカメラで撮影して、専用ページにアップロードをするだけで提出完了となります。

郵送や電話で申し込みをした場合は、コピーをして、それを消費者金融に送付する必要があるのです。

メリット3:大幅な時間短縮ができる

インターネット申し込みをするだけで、借り入れまでの時間を大幅に短縮することができます。最短60分で借り入れができるのです。

これが仮に、郵送であれば郵送に時間がかかりますし、店舗窓口であれば足を運ばなくてはなりません。

普段、仕事で自由に動けない人は、ネットで申し込みだけを済ませておきましょう。あとは、お近くの自動契約機でカードを発行するだけでお金が借りられます。

Q.申し込み方は何を選ぶのが適切か

Kumazawa

元 クレジットカード会社職員|熊澤健

申し込みやすい方法を選んでください

申込方法は、審査や借入に大きく影響しません。窓口に行っても有利にはなりません。自分がラクな申込方法を選びましょう。

例えば、スマホやパソコンに慣れている人はWEB申込が便利です。逆にWEBが苦手な人は窓口でも申し込めます。人に合いたく時には、無人契約機もあります。電話や郵送で申し込むこともできます。お店に行かずとも、他の申込方法があるので、自分が申し込みやすい方法で大丈夫です。

Male

30代 / 男性 / 職業: 会社員 / 年収: 300-499万円 / 目的: 車費

ユーザー評価
full star
full star
full star
full star
half star
4.5

車のメンテナンス費用として早急にお金が必要になったのですが、WEB申し込みからすぐに審査が行われ即日融資が受けられたので、お金の工面のしやすさが満足できる内容であると実感することができると思います。

Female

30代 / 女性 / 職業: 専業主婦(主夫) / 年収: 500-699万円 / 目的: 商品・サービスの購入費用

ユーザー評価
full star
full star
half star
non star
non star
2.4

電話申し込みをしました。色々と質問はされましたが、オペレーターの対応もよく、即日借入できました。返済時もATMからスムーズに返済できました。無利息期間もありました。

消費者金融のATMでの借り方

消費者金融での契約・カード発行が完了すると、お金を借りられます。自動契約機でカード発行を行った場合は、無人店舗に併設のATMを利用して借りましょう。

カードでキャッシングする場合は、ATMの営業時間に注意してください。消費者金融によってATMの稼働時間が異なるので、注意しましょう。

ATM 営業時間
アコムATM 24時間
※毎週月曜日 午前1:00〜5:00の間は定期点検のため、ご利用いただけません。
プロミスATM 7時~24時。土日・祝日も営業
アイフルATM 7時~23時。土日・祝日も営業
※店舗によって営業時間が異なる場合がございます。
※店舗によっては、ATMコーナーのみで契約コーナーを設置していない場合もございます。

上記のようにどの消費者金融も、朝から夜遅くまで営業しています。日中は仕事で忙しい方でも充分に利用できるでしょう。

コンビニ設置のATMや金融機関ATMとも提携

大手の消費者金融であれば、コンビニ設置のATMや金融機関のATMと提携しています。自身の都合が良いATMでキャッシングできるでしょう。

深夜に消費者金融のATMが稼働していなくても、コンビニ設置のATMで借りられることがほとんどなので安心です。

消費者金融のATM操作手順

どこの消費者金融もカードさえ発行してしまえば、あとは借りるだけです。どの消費者金融もATMの操作はしやすく、少ないボタンタッチでお金を借りられます。

以下は、大手消費者金融の一般的なATM操作の流れです。

  1. カード挿入
  2. 4桁の暗証番号を入力
  3. ボタンの中から融資を選択する
  4. 金額を入力
  5. 明細書とカードを受け取る
  6. 紙幣を受け取る

専用のカードを挿入すると、暗証番号の入力が求められます。ATMがそのカードを認識し、そのカードにあった画面を映し出します。

カードの専用画面になったら、融資のボタンを押して先へ進みましょう。会社やATMによっては融資が借入や出金と記載されている場合がございます。

消費者金融は初心者向けにできている

まだ消費者金融でお金を借りたことがない人は、利用するか迷いますよね。

消費者金融は借り入れが初めての人でも、わかりやすいように配慮をしています。利便性も高く、緊急時にすぐ使えるようなサービスと言えるでしょう。

大手の消費者金融なら即日融資にも対応している

消費者金融でお金を借りるのであれば、大手を検討してみてはいかがでしょうか。

大手の消費者金融であれば、審査が最短30分。申し込みをしてから最短1時間で借りられる可能性もあります。

今日中、明日中にお金を借りたいという人は、ぜひ大手から検討してみてください。

※申し込みをした時間帯によっては翌日の対応となることもあります。

大手消費者金融なら主要コンビニ設置のATMに対応

大手の消費者金融であれば、主要なコンビニに設置してあるATMで借り入れができます。

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートといった大手のコンビニで使えるのであれば、緊急時にも対応できるでしょう。

主要コンビニのATMはメンテナンス時間を除いて、ほぼ24時間稼働しているため、利便性にはなんの問題もないと言えるでしょう。

月々の返済も柔軟に行える

消費者金融で借りたお金は、翌月以降から少額ずつ返済していきます。金額にもよりますが、最低でも毎月3,000円程度なので、それほど返済負担が重くなることはありません。

返済方法に関しても、自分の銀行口座を登録していれば、毎月決まった日にちに自動で引き落とされます。

家計に余裕がある場合は、 コンビニATMから繰り上げの返済もできるので、早く返済したいという方は活用しましょう。

Male

40代 / 男性 / 職業: 会社員 / 年収: 100-299万円 / 目的: その他

ユーザー評価
full star
full star
half star
non star
non star
2.1

簡単に借りられる反面、無理のない返済計画をたてていないと大変なことになりそうだと思います。 借り入れ額は、一括返済できる範囲のほうがいいと思います。

Male

50代 / 男性 / 職業: 派遣社員 / 年収: 100-299万円 / 目的: 生活費

ユーザー評価
full star
full star
full star
half star
non star
3.8

何度でも借りれますし、店舗ATMでも、コンビニATMでも返済できる便利さが良い点です。借りる金額で、ある一定の額が設定されているようで、それを超えると返済額も多くなりますが、最低返済額が設けてあって、少額返済が出来るので助かっています。

人気の消費者金融はこちら

アコム

利用条件 アルバイト・パートでも
申し込み可能
収入証明書 希望額50万円以下の方は
不要

アコムは、「3秒診断」で借入できる可能性の有無を確認できます。年齢・年収・カードローン他社お借入状況から無料で簡単に診断できるので、ぜひ試してみてください。

金利は年3.0~18.0%、限度額は最大800万円と、大手消費者金融としては一般的な数値です。

公式サイトはこちら
※.現状の年収が確認できる書類であれば、源泉徴収票・確定申告書類等の写しも提出できます。

プロミス

利用条件 アルバイト・パートでも
申し込み可能
収入証明書 希望額50万円以下の方は
不要

プロミスでは、「お借入れシミュレーション」でご利用できる可能性があるのかを確認できます。入力が必要な項目は、生年月日・年収・他社お借入金額の3つです。

プロミスは、限度額は最大500万円と平均的な数値ですが、金利が年4.5~17.8%と、上限が他消費者金融より若干低めです。

公式サイトはこちら
※.現状の年収が確認できる書類であれば、源泉徴収票・確定申告書類等の写しも提出できます。

アイフル

利用条件 アルバイト・パートでも
申し込み可能
収入証明書 希望額50万円以下の方は
不要

アイフルの「1秒借入診断」を使えば、年齢・雇用形態・年収・他社借入金額の4点から、ご利用可能性の有無を判断できます。

金利は年3.0~18.0%、限度額は最大800万円と、平均的な数値となっています。

公式サイトはこちら
※.現状の年収が確認できる書類であれば、源泉徴収票・確定申告書類等の写しも提出できます。

関連記事

プロミスでお金を借りる方法
アコムでお金を借りる方法
アイフルでお金を借りる方法


消費者金融に関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
  • 金融庁
  • 日本賃金業協会
  • 割賦販売法・賃金業法指定信用情報機関
  • 指定信用情報機関 株式会社日本信用情報機構
  • 金融庁
ページトップに戻る