消費者金融のお金の借り方ガイド|最短1時間のシンプルな流れ

本コンテンツには、紹介している商品・商材の広告(リンク)を含む場合があります。 これらの広告を経由して読者が企業ホームページを訪れ、成約が発生すると弊社に対して企業から紹介報酬が支払われるという収益モデルです。 ただし、特定の商品を根拠なくPRするものではなく、当編集部の調査/ユーザーへの口コミ収集などに基づき、公平性を担保した情報提供を行っています。
>提携企業一覧
消費者金融のお金の借り方ガイド|最短1時間のシンプルな流れ
この記事に関するアドバイザ・編集者

元 クレジットカード会社職員

熊澤健

クレジットカード会社20年勤務し、うち10年間は債権回収を担当。クレジット審査業務能力検定上級コースであるシニアクレジッター及び、クレカウンセラー取得をしている審査のプロ。

マネット編集担当/キャッシングガイド

奥山 裕基

FP資格を有し、カードローン・商品者金融および貸金業に関する豊富な知識を持つ編集者。関連法規(貸金業法・金融商品取引法等)の理解を深めつつ、多数のローン経験者へのインタビューや金融機関勤務経験者へのヒアリングをもとにリアルな情報収集を怠らず、自身も当サイトにおいて1,000本を超える記事を執筆。生活に欠かせない「お金」だからこそ最適な意思決定を支援したいという理念のもとに情報発信を行っている。

check icon

この記事はこんな人向け

  • 生活費がピンチなので消費者金融を利用したい
  • どうやって申込すればいいのか分からない
  • 簡単に申込できる消費者金融はあるの?

生活費や付き合いなどで、懐がピンチ。そんなとき、消費者金融での借入を考える人も少なくないのではないでしょうか。

そんな消費者金融への申込方法ですが、実はいたってシンプル。必要書類や正確な情報を入力すれば、最短3~30分でお金を借りることも可能です。

本記事で具体的な申込方法や、簡単に申込できる消費者金融も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

この記事の目次

消費者金融の一般的なお金の借り方

消費者金融は、サラリーマン・主婦・学生・フリーターなど、いろいろな人が利用しています。利用手順はシンプルで、大きく分けて5ステップです。

  1. スマホ・PCで申し込み
  2. 書類提出・審査待ち
  3. 在籍確認
  4. 契約・カード発行
  5. お金の借り入れ(ATMか振込)

申し込みから借り入れまで、担当のスタッフがきちんとサポートをしてくれます。

では、実際のお金の借り方を見ていきましょう。

手順1:スマホかPCから申し込み

まずはじめに、消費者金融の公式サイトで申し込みをします。PC・スマホどちらでもOKです。

申し込みページでは、「氏名、年齢、連絡先、勤務先、年収...」といった情報を入力していきます。

入力作業は、だいたい5分~10分程度で完了すると見込んでおきましょう。

Supervisor

元 クレジットカード会社職員|熊澤健

年収や他社借入額は、かならず正確な情報を入力しましょう。

消費者金融の入力フォームには、年収や他社借入額を入力します。このとき、おおざっぱな数字を入力してしまうと、意図せず「虚偽情報」として扱われてしまい、審査に落ちる可能性があるのです。
そのため、年収は給与明細書で正確な金額を把握し、他社借入もあれば正確な借入金額を入力しましょう。
なお、他社借入は解約していないくても、完済していれば数に含めなくて問題ありません。

手順2:書類提出・審査待ち

公式サイトで入力が終わったら、必要書類の提出をします

「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」などをスマホで撮影し、公式サイトの提出ページから送信すれば完了です。

書類提出が終わると審査が行われ、限度額や金利が決まります。

審査で見られる項目の一例 
本人情報
年齢、性別、電話番号など
勤務情報
勤務先、雇用形態、就労期間など
住居の情報
賃貸or持ち家、居住年数、家賃、など
借り入れ情報
他社借り入れの情報、お金の用途など

消費者金融の審査では、上記のような項目から、申込者に返済能力があるのか見極めていると考えられます。

返済能力があると判断されれば、その結果に応じて利用限度額が高くなります。反対に、返済能力が無いと判断されれば、残念ですがお金を借りることは出来ません。

手順3:在籍確認

審査の終盤には、「在籍確認」という手続きがおこなわれます。

在籍確認とは、申込者が職に就いているか裏付けを取るための工程です

申し込みフォームには、勤務先と電話番号を記載する欄があるので、消費者金融はその番号に電話して、申込者が本当に会社に属しているか確かめます。

会社にバレることはほとんどない

在籍確認の電話は個人名でかかってくるため、消費者金融の担当者が会社名を名乗ることはまずありません

申込者のプライバシーに十分配慮してくれるため、電話の要件も伝えることはないので安心してください。

具体的には、上記画像に赤文字で記載されているような文言で電話がかかってきます。

その際、申込者本人が出れば即完了ですが、本人が電話に出なくても在籍確認は可能です。

在籍確認の電話がかかってきたとき、電話対応された方から申込者のお名前を聞くことが出来れば、会社に在籍していると判断してもらえるでしょう。

ユーザー評価

full star
half star
non star
non star
non star
1.8
20代 /男性 /職業: 派遣社員 /年収: 100-299万円 /目的: 医療費

会社に電話があったけど誰にもバレませんでした

職場に電話がかかってくることがずっと気になっていました。審査は職場での在籍確認があるって聞いていたので。確かに電話はかかってきましたが、名前を確認したくらいの短い電話でした。審査もパス出来ましたし、ひと安心でした。

利用したカードローン アコム
借入金額 20万円 金利 年18.0%
審査時間 覚えてない 借入事実の把握 誰も知らない
重視した点 会社の知名度・信頼性、口コミ・評判

ユーザー評価

full star
full star
full star
full star
half star
4.4
30代 /男性 /職業: 会社員 /年収: 300-499万円 /目的: 趣味・娯楽

プロミスは休日も電話での在籍確認なしで即日融資可能

土曜日でも即日融資可能なところです。電話での在籍確認なしにしてくれたところもすごく良かったです。キャッシングしやすいです。

利用したカードローン プロミス
借入金額 5万円 金利 年17.8%
審査時間 即日 借入事実の把握 誰も知らない
重視した点 審査の容易さ、借入スピード、会社の知名度・信頼性、口コミ・評判

手順4:契約~カード発行

在籍確認で何も問題がなければ、審査に通過して、消費者金融と契約ができます。

契約をしたら、自動契約機でカードを発行しましょう。カードさえ持っていれば、基本的にコンビニATMで24時間お金を借りられます。

下記のように、 自動契約機はどこの会社も遅い時間まで営業しています。

※契約機により営業時間が異なります。

自動契約機でのカード発行は20分程度です。発行には身分証明書が必要なので、忘れずに持参しましょう。

手順5:借り入れ

カードを発行したら、お金を借りられます。無人店舗内にあるATMまたは最寄りのコンビニATMで借りましょう。カードを挿入すれば、借り入れの手続き画面になります。

また、振込での借り入れも可能です。消費者金融の公式サイトにいき振込の依頼をすれば、自分の銀行口座にお金が振り込まれます。※

※振り込みの場合、銀行営業時間外だと翌営業日に残高が反映されます。

Supervisor

元 クレジットカード会社職員|熊澤健

通帳に振込の記載を残したくない時はATMを利用しましょう。

また振込キャッシングの場合、振込み人名は、他人に分かりにくい配慮をしてもらえますが、振込記録は当然残ります。加えて振込は明細が郵送されます。バレたくない人は、明細が郵送されないようなサービスを利用してください。
ただし、大手消費者金融は、振込手数料が無料のケースが多く、ATMは提携先次第で有料・無料に分かれます。

ATMを使った借り方

消費者金融での契約・カード発行が完了すると、お金を借りられます。自動契約機でカード発行を行った場合は、無人店舗に併設のATMを利用して借りましょう。

カードでキャッシングする場合は、ATMの営業時間に注意してください。消費者金融によってATMの稼働時間が異なるので、注意しましょう。

ATM 営業時間
アコムATM 24時間※
プロミスATM 7:00~00:00
土日・祝日も営業

※店舗によって営業時間が異なる場合がございます。
店舗によっては、ATMコーナーのみで契約コーナーを設置していない場合もございます。

上記のようにどの消費者金融も、朝から夜遅くまで営業しています。日中は仕事で忙しい方でも充分に利用できるでしょう。

ATMの基本的な操作手順

ATMの操作はシンプルで、画面の案内に従っていけば特に問題ありません。

以下は、大手消費者金融の一般的なATM操作の流れです。

  1. カード挿入
  2. 4桁の暗証番号を入力
  3. ボタンの中から融資を選択する
  4. 金額を入力
  5. 明細書とカードを受け取る
  6. 紙幣を受け取る

専用のカードを挿入すると、暗証番号の入力が求められます。ATMがそのカードを認識し、そのカードにあった画面を映し出します。

カードの専用画面になったら、融資のボタンを押して先へ進みましょう。会社やATMによっては融資が借入や出金と記載されている場合がございます。

提携する金融機関やコンビニのATMも利用可能

大手の消費者金融であれば、コンビニ設置のATMや金融機関のATMと提携しています。自身の都合が良いATMでキャッシングできるでしょう。

深夜に消費者金融のATMが稼働していなくても、コンビニ設置のATMで借りられることがほとんどなので安心です。

ネット以外にも申し込み方法は複数ある

消費者金融への申し込み方法は複数あります。上記の手順では、スマホ・PCと記載をしましたが、人によってはスマホ・PCが苦手という方もいるでしょう

そのような人は別の方法を検討してみてください。

申し込み方法
  • 店頭申し込み
  • 自動契約機申し込み
  • 郵送申し込み
  • 電話申し込み

上記の方法から、自分にあった方法をお選びください。それぞれ、かかる手間や所要時間が多少異なってきます。

方法1:店頭窓口で申し込み

お金の借り入れに関しての詳細の説明を聞きたいなら、実際に営業時間内に窓口に行くのが良いでしょう

専門のスタッフが細かく商品説明をしてくれるだけでなく、どんな質問にもその場でしっかりと答えてくれます。

近くに店舗があり、早期の借り入れを希望していないのであれば、店舗まで実際に足を運ぶのがおすすめです。

方法2:自動契約機で申し込み

お近くに店頭窓口がないという方は、自動契約機での申し込みを検討してください。
自動契約機とは、申し込みから契約、さらには借入専用カードの発行まで、様々な手続きが行える無人店舗です。

大手消費者金融は、このような店舗を全国各地に設置しており、多くの人がアクセスしやすい環境が整っています。

自動契約機は遅い時間(21時~22時頃)まで受付可能で、土日も対応しています。

方法3:郵送で申し込み

「近くに消費者金融の窓口も、無人契約機もない」そんな時には、郵送で申し込み手続きをするという借り方があります。

方法は非常にシンプルで、こちらから消費者金融に電話をすると、申し込みに必要な書類を送付してくれるというもの。

書類に必要事項を記入して返送すると、その内容をもとに審査がおこなわれ、無事通過できれば借入専用のカードが郵送されます。

手続きに1週間程度かかりますが、営業時間内に店頭窓口や無人契約機に行けない人は検討してみてください。

方法4:電話での申し込み

「郵送では時間がかかりすぎる」そんな方は、電話でのお申し込みがおすすめです。

電話でオペレーターの質問に答えていけば、必要項目の申告が終わります。

書類に記入したり郵送したりする手間もかかりませんので、オペレーターと通話することに抵抗がなければご検討ください。

おすすめの借り方はインターネット申し込み

基本的な申し込み方法を網羅しましたが、おすすすめはやはり「インターネット申し込み」です。

24時間どこでも申し込みができるのに加えて、申し込みから借り入れまでスムーズというメリットがあります。

メリット1:24時間いつでもどこでも申し込める

当日急にお金が必要になった場合でも、インターネット申し込みであれば、お手持ちのスマートフォンだけで申し込めます。

電話や店頭窓口で申し込む場合、消費者金融の営業時間に合わせる必要がありますが、インターネット申し込みであれば、夜間帯でも申し込みが可能。

営業時間外でも申し込みを済ませておけば、次の日の午前中には借りられることがほとんどでしょう。

メリット2:書類提出に手間がかからない

どの消費者金融も申し込みを行うのに、身分証といった書類の提出が必要です。インターネットでの申し込みであれば、書類の提出に手間がかかりません

例えば、運転免許証をスマートフォンのカメラで撮影して、専用ページにアップロードをするだけで提出完了となります。

郵送や電話で申し込みをした場合は、コピーをして、それを消費者金融に送付する必要があるのです。

メリット3:大幅な時間短縮ができる

インターネット申し込みをするだけで、借り入れまでの時間を大幅に短縮することができます。最短20分で借り入れができるのです

これが仮に、郵送であれば郵送に時間がかかりますし、店舗窓口であれば足を運ばなくてはなりません。

普段仕事で自由に動けない人は、ネットで申し込みだけを済ませておきましょう。あとは、お近くの自動契約機でカードを発行するだけでお金が借りられます。

Supervisor

元 クレジットカード会社職員|熊澤健

ご自身にとって一番やりやすい申込方法を選びましょう。

申込方法は、審査や借入に大きく影響しません。窓口に行っても有利にはなりません。自分がラクな申込方法を選びましょう。
例えば、スマホやパソコンに慣れている人はWEB申込が便利です。逆にWEBが苦手な人は窓口でも申し込めます。人に合いたく時には、無人契約機もあります。電話や郵送で申し込むこともできます。お店に行かずとも、他の申込方法があるので、自分が申し込みやすい方法で大丈夫です。

ユーザー評価

full star
full star
full star
full star
half star
4.5
30代 /男性 /職業: 会社員 /年収: 300-499万円 /目的: 車費

アコムで借入たのは車のメンテナンス費用が必要だったから

車のメンテナンス費用として早急にお金が必要になったのですが、WEB申し込みからすぐに審査が行われ即日融資が受けられたので、お金の工面のしやすさが満足できる内容であると実感することができると思います。

利用したカードローン アコム
借入金額 10万円 金利 年18.0%
審査時間 即日 借入事実の把握 誰も知らない
重視した点 借入スピード

ユーザー評価

full star
full star
half star
non star
non star
2.4
30代 /女性 /職業: 専業主婦(主夫) /年収: 500-699万円 /目的: 商品・サービスの購入費用

ATMからスムーズに返済できる

電話申し込みをしました。色々と質問はされましたが、オペレーターの対応もよく、即日借入できました。返済時もATMからスムーズに返済できました。無利息期間もありました。

利用したカードローン アコム
借入金額 30万円 金利 年0.0%
審査時間 即日 借入事実の把握 家族
重視した点 口コミ・評判

大手消費者金融はWEB申込がとても簡単

check icon

ここから先はこんな人向け

  • WEB申込が一番簡単そうだから、スマホで申込したい
  • どの消費者金融なら簡単に申込できる?

消費者金融への申込でもっとも簡単なのがWEB申込ですが、特に大手消費者金融はスマホひとつで簡単に申込できるようになっています。

必要書類を揃え、年収や他社借入額も正確に入力できれば、およそ5~10分で申込が完了します。

最短即日融資にも対応している

大手の消費者金融は、申し込みをしてから最短20分で借りられる可能性もあります。

今日中、明日中にお金を借りたいという人は、ぜひ大手から検討してみてください。

※申し込みをした時間帯によっては翌日の対応となることもあります。

月々の返済も柔軟に行える

消費者金融で借りたお金は、翌月以降から少額ずつ返済していきます。金額にもよりますが、最低でも毎月3,000円程度なので、それほど返済負担が重くなることはありません。

返済方法に関しても、自分の銀行口座を登録していれば、毎月決まった日にちに自動で引き落とされます。

家計に余裕がある場合は、 コンビニATMから繰り上げの返済もできるので、早く返済したいという方は活用しましょう。

ユーザー評価

full star
full star
full star
full star
half star
4.3
40代 /男性 /職業: 会社員 /年収: 100-299万円 /目的: その他

プロミスは初回30日間は無利息でキャッシング出来る

簡単に借りられる反面、無理のない返済計画をたてていないと大変なことになりそうだと思います。 借り入れ額は、一括返済できる範囲のほうがいいと思います。

利用したカードローン プロミス
借入金額 10万円 金利 年0.0%
審査時間 3時間以内 借入事実の把握 配偶者
重視した点 借入金利、審査の容易さ、借入スピード、借入の容易さ、会社の知名度・信頼性

ユーザー評価

full star
full star
full star
half star
non star
3.8
50代 /男性 /職業: 派遣社員 /年収: 100-299万円 /目的: 生活費

アコムは店舗でもコンビニATMでも返済できる便利さが良い

何度でも借りれますし、店舗ATMでも、コンビニATMでも返済できる便利さが良い点です。借りる金額で、ある一定の額が設定されているようで、それを超えると返済額も多くなりますが、最低返済額が設けてあって、少額返済が出来るので助かっています。

利用したカードローン アコム
借入金額 3万円 金利 年18.0%
審査時間 1時間以内 借入事実の把握 誰も知らない
重視した点 審査の容易さ、会社の知名度・信頼性

アコム

Service image

来店不要最短20分融資可

「最大30日間利息0円」でコンビニOK

周りにバレないうえに安心の三菱UFJフィナンシャル・グループ

ピンチのときは、アコム一択

最短20分で借りられる!WEB完結も可能!カードローンの中でも特に利用者数が多く知名度も高いので、学生や女性でも安心です!

実質年率
3.0%〜18.0%
限度額
最大800万円

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

アコムは提携ATMが豊富なので、全国の銀行やコンビニで借入・返済が可能です。

Editor

マネット編集担当/キャッシングガイド

奥山 裕基

アコムの公式サイトによると、アコムの自社ATM台数は全国に893台、提携ATMと合わせると50,974台※となっています。また、アコムの自社ATMなら借入・返済でも手数料無料です。

check icon

アコムの提携ATM

  • 三菱UFJ銀行
  • セブン銀行
  • E-net
  • ローソン銀行
  • イオン銀行
  • 北海道銀行
  • 北陸銀行
  • 八十二銀行
  • 三十三銀行
  • 広島銀行
  • 西日本シティ銀行
  • 福岡銀行
  • 十八親和銀行
  • 熊本銀行

※2021年3月現在

アコムの自社ATMを検索するには、公式サイトの店舗・ATM検索をご利用ください。

また、アコムでは返済日を自由に決められる毎月指定日の機能もあります。返済の方法や期日に柔軟性があるのがアコムの魅力と言えるでしょう。

公式サイトはこちら

プロミス

Service image

最短3分融資も可能!Webで24時間申込可

勤務先への電話連絡&郵送物は原則なし!

30日間の利息が0円で大人気!

あなたにいいねをプロミス

初めての方なら30日間利息0円!Web完結なら郵送物なし!スグ借りたい人、バレたくない人に選ばれています!

実質年率
4.5%〜17.8%
限度額
最大500万円

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

プロミスには、メールアドレスとWeb明細を登録した人が利用できる「無利息期間」があります。

一般的な消費者金融では、契約日もしくは契約日の翌日から一定期間が無利息期間になりますが、プロミスの場合は「お借入れ日の翌日」から30日間適用されます。

実際にお金を借りた日の翌日から始まるため、無駄なく無利息期間を利用できるのです。

Editor

マネット編集担当/キャッシングガイド

奥山 裕基

プロミスは「WEB申込なら最短3分の即日融資が可能」です。審査時間の早さは、消費者金融のなかでも頭一つ抜けています。どうしても今すぐお金が必要、というお急ぎの人向けの消費者金融と言えるでしょう。

公式サイトはこちら

アイフル

Service image

初めての利用なら最大30日間の利息ゼロ

アプリが充実!バレずに使える

2024年オリコン顧客満足度調査 はじめてのカードローン1位!

アプリ評価★4.5以上獲得!

スマホひとつで取引可能!申込から借入までわずか3ステップ!勤務先への電話連絡や郵送物は原則なしなので周囲にバレにくい!

実質年率
3.0%〜18.0%
限度額
最大800万円

※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。

アイフルには利用限度額10万円の女性専用カードローンSuLaLiや、SuLaLi専用ダイヤルも完備しています。

借入がはじめてで、かつ多くの金額を借りるのは不安。そんな女性に向いている商品と言えるでしょう。

また、アイフルは他人に借入を知られにくい仕組みも整っています。たとえば、アプリアイコンを6種類から選べたり、振込の依頼人名を「AIセンター」に変えられたり、といったサービスがあります。

Editor

マネット編集担当/キャッシングガイド

奥山 裕基

アイフルは、2024年オリコン顧客満足度調査のノンバンクカードローン部門で1位を獲得しています。借入が簡単にできる点は、60代の方からも高く評価されています。

公式サイトはこちら

消費者金融に関するよくある質問

Q.消費者金融でお金を借りる方法は?
消費者金融でお金を借りるには、インターネットや電話などから申込しましょう。申込が完了すると、現在の収入状況や過去の金融取引実績などを確認する審査があり、収入に安定性があるのか、信用情報に問題がないか、過去にクレジットカードや公共料金の支払いに遅れたことがないか、などを確認されます。問題なければATMや口座振替サービスで借入可能です。
Q.消費者金融で借りるには何が必要?
申込する消費者金融によって、最短融資時間は異なります。例えば、大手消費者金融のアイフル、プロミス、レイクであれば、WEB申込なら最短25分で融資を受けることも可能です。また、土日や祝日であっても即日で融資を受けられる可能性もあるでしょう。
Q.消費者金融は最短何分でお金を借りられる?
審査落ちの要因は複数考えられるのですが、例えば月々の収入があまりにも大きく変動してしまう人、過去5~10年で長期滞納や債務整理などの履歴がある人などは要注意です。このような項目に該当する方は、返済能力がないと判断され審査を通過できません。

まとめ

消費者金融の申込は敷居が高いと感じる人もいたかもしれませんが、実際はとても簡単に申込ができるようになっています。

特にインターネットでの申込は、借入までの行程がとてもスムーズです。特にアコムプロミスアイフルなどの大手消費者金融は、専用アプリから簡単に申込可能です。

おすすめの特集ページ

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
  • ※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用し、事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る