アイフルビジネスファイナンス株式会社のビジネスローンの審査に落ちる5つの理由と通過基準を専門家が解説

この記事に関するアドバイザ

元 銀行員

武藤英次

銀行の支店勤務にて、カードローン(個人向け融資)の申込み受付・審査・管理などを含むあらゆる業務を経験。10年以上の勤続期間中に、延べ10,000名を超える利用者に適切な提案を行った。

この記事の目次

  1. アイフルビジネスファイナンス株式会社のビジネスローンで審査落ちした場合について
  2. アイフルビジネスファイナンス株式会社のビジネスローンの審査の流れ
  3. アイフルビジネスファイナンス株式会社のビジネスローンで審査落ちする5つの理由
  4. アイフルビジネスファイナンス株式会社のビジネスローンの審査基準を解説!
  5. どうしても事業資金が必要な場合は…
  6. アイフルビジネスファイナンス株式会社のビジネスローンの審査に関するQ&A
  7. まとめ

 この記事はこんな人向け 
  • 事業資金の調達でビジネスローンを検討中
  • しかし、結果はまさかの審査落ち…
  • なぜ審査を通過できなかったのか分からない

アイフルビジネスファイナンス株式会社のビジネスローンに資金融資の申込をしたものの、審査落ちしてしまった場合どうすればよいのでしょうか。

支払いは待ってくれないため、何としても資金を調達しなければなりません。 審査に落ちた理由がわからないまま、再び別のビジネスローンに申し込みをしても、同じ結果になってしまう可能性もあります。

アイフルビジネスファイナンス株式会社のビジネスローンの審査に落ちた理由を確かめて、次の資金調達へ活かせるようにしましょう。

アイフルビジネスファイナンス株式会社のビジネスローンで審査落ちした場合について

アイフルビジネスファイナンス株式会社は、契約実績累計10万口座以上を誇る、事業主の資金調達のサポートを主体としたローン会社です。

法人または個人事業主向けのビジネスローンは、スピーディーな融資が魅力的なサービスとなっていますが、申し込み後に行われる審査を通過しなければ利用できません。

  1. 公式サイトから申し込み
  2. 仮審査
  3. 必要書類の送付
  4. 本審査
  5. 契約・お借入れ

公式サイトでも確認できますが、上記のように申し込み後には「仮審査」と「本審査」があり、場合によっては審査落ちしてしまうこともあるのです。

審査落ちしてしまうと、残念ながらアイフルビジネスファイナンス株式会社のビジネスローンを利用することはできません。

アイフルビジネスファイナンス株式会社のビジネスローンの審査の流れ

アイフルビジネスファイナンス株式会社のビジネスローンを利用するには、継続的に返済していける人、つまり「返済能力」がなければいけません。この返済能力の有無を判断するため、申込者に対して審査を行っています。

ビジネスローンのような無担保ローンは保証人を原則必要としないので、借入する事業主本人に十分な返済能力があることが重要視されるのです。

※ただし、法人の場合は代表者様に原則、連帯保証をお願いします。

では、実際にどのような流れで審査が行われていくのか、順を追って確認していきましょう。

①申し込み内容を確認

まずは、申し込みフォームに入力した情報を確認されます。ビジネスローンの申し込みフォームで入力する項目は、以下の通りです。

申し込み項目1:お申込内容について

businext_mousikomi1.png

申し込み項目2:お申込者情報

businext_mousikomi2.png

申し込み項目3:ご連絡先情報

businext_mousikomi3.png

申し込み項目4:経営会社情報

businext_mousikomi4.png businext_mousikomi4_1.png

これらの項目を参考に、仮審査の段階で判断されていると考えてください。

②信用情報を確認

ビジネスローンの仮審査では、申し込みフォームに入力した情報だけでなく、事業主個人の「信用情報」も確認されます。

 信用情報とは

信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。
=中略=
信用情報には、クレジットやローンなどを利用した際の契約内容や返済・支払状況(期日通りに返済・支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報が記録されており、新たにクレジットやローンなどの利用を希望する際にクレジット会社やローン会社などが皆さまの「信用力」を判断するための参考情報として確認しています。

アイフルビジネスファイナンス株式会社が加盟する信用情報機関は、以下の1社です。

株式会社日本信用情報機構
TEL:0570-055-955
URL://www.jicc.co.jp

さらに、アイフルビジネスファイナンス株式会社が加盟する信用情報機関が提携する信用情報機関は、以下の2社です。

株式会社シー・アイ・シー
TEL:0120-810-414
URL://www.cic.co.jp

全国銀行個人信用情報センター
TEL:03-3214-5020
URL://www.zenginkyo.or.jp/pcic/

申込者に関する個人情報が登録されている場合には、上記の信用情報機関に照会して確認されることになっています。

③必要書類を確認

ビジネスローンの仮審査を通過すると、必要書類の提出手続きに移行します。基本的に提出しなければいけない書類は、以下の通りです。

基本的な必要書類
法人の方
・代表者本人を確認する書類
・決算書
※その他必要に応じた書類

個人事業主の方
・本人を確認する書類
・確定申告書
・当社所定の事業内容確認書
※その他必要に応じた書類

提出した書類をもとに、ビジネスローンの本審査が行われます。主に、本人確認や会社の事業内容、資金繰りなどを審査するのに利用されます。

Q.事業融資審査に通るためのポイントとは?

Mutou

元 銀行員|武藤英次

基本的には決算書の数字がモノを言います

公的融資や銀行融資、そして信販や消費者金融系ビジネスローンなど、それぞれに審査の特徴はありますが、原則的には決算書が審査のベースとなることに違いはありません。
特にスピード審査系の事業融資では決算書の数字をコンピューターに登録して、自動スコアリングで評価が出るようになっています。
窓口での申し込みでは理路整然と事業計画を説明できることなども重視されますが、スピード重視のビジネスローンなどでは決算書のウエイトがより一層増していることは否めません。

④担当者が融資の可否を判断

申し込みフォームの情報を用いた仮審査は、コンピュータによる自動システムなので、公式サイトにもある通り、最短即日で結果が分かります。

しかし、書類による本審査はアイフルビジネスファイナンス株式会社のビジネスローン担当者が直接行います。

審査通過できるかギリギリの状況だと、判断に時間がかかってしまう可能性もあり、結果が分かるまで1営業日以上かかる場合もあるのです。

アイフルビジネスファイナンス株式会社のビジネスローンで審査落ちする5つの理由

前述した流れで審査は進められていきますが、何らかの箇所で問題があると「審査落ち」となり、手続きはそれ以上進みません。

アイフルビジネスファイナンス株式会社から審査基準が公表されることはないので、残念ながら審査落ちした正確な理由を把握することはできません。

しかし、一般的なビジネスローンで審査落ちする理由は、以下の5つに絞ることが可能です。

審査に落ちる理由①:嘘の申し込みをした

アイフルビジネスファイナンス株式会社のビジネスローンの審査では、前述した通り、申し込みフォームに記入された内容をもとに進められます。

多少の誤入力程度であれば訂正を求められるだけなので、審査落ちに直結することはありません。しかし、意図的な虚偽の申し込みが発覚した場合、詐欺の恐れがあるとして審査落ちしてしまいます。

審査に落ちる理由②:会社の経営が非常に不安定

アイフルビジネスファイナンス株式会社のビジネスローンのような事業者向けのローンでは、会社の経営状況が安定していないと審査落ちしてしまう可能性があります。

一般的なカードローンでは、申込者本人の安定収入が重要になりますが、事業主の場合、主な収入源となる経営会社の状況が確認されるのです。

具体的には、仮審査後に提出する「事業計画書」や「資金繰り表」などで判断されるので、経営状況があまりにも悪い場合は審査落ちしてしまうでしょう。

審査に落ちる理由③:他社借入があまりにも多すぎる

度合いにもよりますが、債務超過があったりキャッシュフローの赤字状態が頻繁に発生していたりすると、審査落ちてしまう可能性があります。

今後、経営状況を改善できる見通しがついていれば可能性はあるのですが、常に赤字状態の事業主を信用して融資することはまずないでしょう。

審査に落ちる理由④:複数社に同時申し込みしている

借入件数だけでなく、場合によっては他社への申込件数も審査落ちの原因になります。

資金繰りが厳しいからと言って、短期間のうちにアイフルビジネスファイナンス株式会社のビジネスローン以外にも複数社申し込んでいると、お金に困っている印象を与えてしまう可能性があるからです。

正確な数字は公表されていませんが、一般的な無担保ローンの場合「1ヶ月以内に4社以上申込している人」は、審査落ちする可能性があると言われています。

審査に落ちる理由⑤:事業主個人の信用情報がブラック化している

アイフルビジネスファイナンス株式会社のビジネスローンの審査では、会社の経営状況だけでなく、事業主個人の信用情報をもとに「過去の金融取引状況」も確認されます。

仮に申し込んだとしても、信用情報に金融事故として記録が残っていると、その時点で返済に対する態度に問題があると判断され、審査落ちは免れません。

審査落ちに繋がる金融トラブルを確認

では、どのようなトラブルを起こしていると金融事故として信用情報に記録されてしまうのか。一般的なローンで確認されているのは、以下のような事例です。

各種ローンで2~3ヶ月以上滞納したことがある
融資を受けていたが強制解約されてしまった
何らかの理由で債務整理などの法的措置を行った


過去5~10年以内に上記のような金融時事故を起こしていると、どのようなローンでも審査通過するのは難しくなるでしょう。

アイフルビジネスファイナンス株式会社のビジネスローンの審査基準を解説!

以上のような理由からアイフルビジネスファイナンス株式会社のビジネスローンの審査に落ちてしまうのですが、その根本的な原因は通過基準を満たしていないからです。とは言え、アイフルビジネスファイナンス株式会社から審査基準が公表されることはないので、正確な内容は把握できません。

そこで、ローンの専門家に審査基準について伺ってみました。頂いたコメントを確認しつつ、一般的な審査基準を確認していきましょう。

審査基準1:基本的な貸付条件を満たしている

アイフルビジネスファイナンス株式会社のビジネスローンの審査を通過するには、貸付条件を満たしていなければいけません。
公式サイトには、以下のように記載されています。

 融資対象者

法人または個人事業主 ※お申込時年齢 満20歳~満69歳まで

事業者向けのローンであることだけでなく、申し込み時の年齢にも注意しておきましょう。

審査基準2:申込内容が正確である

アイフルビジネスファイナンス株式会社のビジネスローンの審査を進めるにあたって、年齢や住所、経営会社の事業計画や資金繰りなどの内容に間違いがあると、正確な審査を行うことが出来ません。

審査落ちの理由にも記載した通り、場合によっては審査落ちしてしまう可能性もあるでしょう。

※ここに注意※
申込内容に関する虚偽は必ずバレます
例えば、架空の社名で申込んでもその嘘は必ずバレてしまいます。こういった虚偽は明らかに不正申し込みとみなされ、審査落ちするだけでなく二度と申し込み直せなくなる恐れもあるでしょう。

審査基準3:信用情報に問題が無い

オリコのショッピングローンの審査を通過するには、信用情報に問題がないことも大切なポイントです。

万が一、登録されている信用情報に問題があると、「返済の意思がない」と見なされてしまうので審査には通りません。

信用情報に不安がある人は、各機関で情報開示を申請すれば個人でも確認可能です。今後のためにも、一度チェックしておくのをおすすめします。

審査基準4:過去にアイフルビジネスファイナンス株式会社とトラブルを起こしていない

アイフルビジネスファイナンス株式会社のビジネスローンを希望する際は、アイフルビジネスファイナンス株式会社が取り扱う他のサービスでトラブルを起こしていないことも重要です。

例えば、以前アイフルビジネスファイナンス株式会社のカードローンを利用したものの、何らかの理由で長期滞納したことがあるとしましょう。このような場合は、ビジネスローン以外のサービスを利用できない可能性があります。

どうしても事業資金が必要な場合は…

数日以内にまとまった運転資金が必要
一般向けのカードローンでは対応できない
でも、ビジネスローンでは審査落ち…

お金が無いと本当に困るのに、アイフルビジネスファイナンス株式会社のビジネスローンの審査に落ちてしまった。少なからず、そんな方もいるかと思います。

どうしても借入が必要であれば、その他の選択肢にも目を向けてみてはいかがでしょうか?

他の借入先なら資金を用意できるかもしれない

事業主向けのビジネスローンを取り扱っているのは、アイフルビジネスファイナンス株式会社だけではありません。

ビジネスローンを展開している金融機関では、それぞれ審査基準が異なるため、必ずしも同じ結果になるというわけではないのです。
もちろん審査を受けるまでに書類の用意や、新規申し込みの手続きをする必要がありますが、アイフルビジネスファイナンス株式会社のビジネスローンとさほど変わりありません。

どうしても事業資金が必要なのであれば、申し込んでみる価値はあるでしょう。

おすすめはビジネスパートナー!

ビジネスパートナーは、法人・個人事業主向けにビジネスローンを取り扱うローン会社です。

「スモールビジネスローン」と呼ばれる無担保ビジネスローンが用意されており、アイフルビジネスファイナンス株式会社のビジネスローンと同様、来店不要で契約することができます。

原則翌営業日には審査結果が分かる

気になる審査は、原則として必要書類の提出が完了してから翌営業日には結果が分かります。

必要書類が全てビジネスパートナーに届き次第、内容確認の電話があるので、そちらを目安に日数を算するといいでしょう。

「2~3日中には借入したい…」そんな人にもおすすめのビジネスローンとなっています。

ATMカードを発行すればセブン銀行で借入できる

さらに、ビジネスパートナーでは「ATMカード」を発行することで、全国のセブン銀行ATMで借入・返済できるサービスが実装されています。

セブン銀行のATMを利用すれば、実質24時間365日、事業資金が必要だと感じたタイミングで借入することが可能です。

※メンテナンス時間(23:40~0:20)はご利用できないのでご注意ください。

アイフルビジネスファイナンス株式会社のビジネスローンが利用できなかった方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

 ビジネスパートナー
金利 
限度額
審査 
融資 
:9.98~18.0%
:最大500万円
:最短翌営業日
:最短翌営業日
最短で翌営業日に融資してもらうことも可能!
 公式サイトへ▶ 

※申し込みの時間・曜日によっては翌営業日以降の対応となります。

アイフルビジネスファイナンス株式会社のビジネスローンの審査に関するQ&A

最後に、アイフルビジネスファイナンス株式会社のビジネスローンの審査に関してよくある疑問にお答えします。
すでに申し込みを済ませており、現在は審査結果を待っているという方も、念のために目を通しておきましょう。

Q:今すぐできる赤字決算の対策はありますか?

もしアイフルビジネスファイナンス株式会社のビジネスローンの審査に落ちてしまって、あらためてビジネスパートナーを申し込むのであれば、赤字の状態からは抜け出しておきたいですよね。

赤字から黒字にすることができれば、審査に落ちてしまう要因を減らすことができます。

たとえば、以下のような施策をしてみてはいかがでしょうか。

今すぐできる赤字見直し
  • 営業利益の段階で黒字になるようにする
  • 経費ではなく資産計上を行う(棚卸資産、貯蔵品など)
  • 年払いの経費を月払いにする
  • 保険関連の契約を解約して解約金を利益にする
  • 含み損のある資産(有価証券・不動産・事業と無関係の資産)を売却する
  • 役員報酬といった経費の削減

どれもリスクやデメリットのある選択ですので、社員や共同経営者・幹部などとよく話し合ったうえで選択をしてください。

Q.事業融資審査に向けた決算対策とは?

Mutou

元 銀行員|武藤英次

赤字決算を極力回避することは想像以上に大切です

粉飾決算はもちろん論外ですが、微調整で解消できる赤字であれば少額でも黒字決算としておくと、審査では有利となるのは間違いありません。
特に事業融資では赤字か黒字かの違いは想像以上に重要な意味を持つもので、わずかな赤字でも審査には大きなマイナス評価となってしまうことに留意しなければなりません。
大幅な赤字を粉飾まがいに無理やり黒字化することは控えねばなりませんが、顧問税理士などに相談して微調整できる範囲であれば黒字化しておくことに越したことはありません
粉飾はほとんど見抜かれてしまいますが、微調整程度であればむしろ歓迎されるほうが多いでしょう。

まとめ

事業性資金としての借入が可能なアイフルビジネスファイナンス株式会社のビジネスローン。申し込みから融資までのスピードが早く、急ぎの人にもおすすめのビジネスローンと言えるでしょう。

しかし、アイフルビジネスファイナンス株式会社のビジネスローンを利用するには審査を通過しなければいけません。事業主個人や会社の経営状況によっては、審査落ちしてしまうケースもあります。

万が一審査落ちしてしまった方は、記事中で紹介した他の選択肢も検討してみてはいかがでしょうか?

おすすめの特集ページ

審査落ちに関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る