オリコのカードローンCRESTで繰り上げ返済すべき理由と支払方法

この記事に関するアドバイザ

元 銀行ローンセンター長

佐藤喜三男

銀行にてローンセンター長を務めた他、大手証券会社・大手クレジットカード会社において、30年に渡り審査を中心に様々な職種を担当。現在はFP兼相続診断士として、多くの消費者の力になっている。

 この記事はこんな人向け 
  • オリコのカードローンを利用中
  • 繰り上げ返済で利息を節約したい
  • 1日でも早く完済したい

オリコのカードローンを利用する人の多くは、利息を少しでも節約したい、少しでも早く完済したいと考えるものです。

そこで気になる返済方法が「繰り上げ返済」。繰り上げ返済せずにいるとどんなデメリットがあるのか、どのように行えばいいのかを確認していきましょう。

オリコのカードローンとは

まずは、大手信販会社のオリコが提供するカードローン「CREST」の商品概要を確認していきましょう。

CREST
金利 年4.5%~年18.0%
限度額 最高500万円
貸付条件 満20歳以上で安定した収入がある方
返済方式 残高スライド返済コース/定額返済コース
返済日 毎月27日(第1回目は借入実行日の翌月27日)
返済方法 口座自動振替/ATM返済/コンビニ返済

返済方法はリボルビング払い

オリコのカードローン返済は、リボルビング払いが基本となっています。

 「リボ払い」とは?

リボ払いは、毎月あらかじめ指定した一定額を返済してゆく方式である。
回数指定の分割払いが各々の件に個別に指定するものであるのに対し、リボ払いでは各々の件に対してではなく残高全体について毎月返済することによって合計残高を減らしてゆく。

リボルビング払いのメリットは、毎月の支払いが一定額なので、借入返済を含めご自身のお金の利用計画が立てやすいことです。

しかし、良い点がある半面、非常に注意が必要です。毎月の支払金額が一定の面ばかり注意を向けがちで、返済額と利息の認識が薄くなります。

その為、利息ばかり支払い借金がほとんど減っていなかった、なんてこともあり得ます。計算式は割愛しますが、ここでは【支払額=返済額+利息】の点をご認識ください。

Q.リボ払いの利点とは

Sato

元 銀行ローンセンター長|佐藤喜三男

毎月無理なく返済し続けられる事です

リボ払いは、利用回数や利用金額に関わらず、毎月の返済額が予め決められている返済方法です。その為、返済を含めた利用計画がたて易く、無理なく返済していける利点があります。
一方で、何度利用しても毎月の返済額が変わらないため、つい利用し過ぎる傾向があることに注意しましょう。毎月の返済額は元本と利息の合計額である為、返済額が少なければ元本が減少せず、返済が長期化してしまいます。
とは言え、利用の仕方次第では毎月無理なく返済し続けられる便利な返済方法であることは間違いありません。利用明細書などで返済残高の元本、利息の内訳を把握し、返済額が低過ぎないよう、また、必要に応じ任意返済を心掛けると良いでしょう。

Q.リボ払いの注意点とは

Sato

元 銀行ローンセンター長|佐藤喜三男

積極的に任意返済を心掛けることです

リボ払いは、何度利用しても毎月の返済額が変わらない為、つい利用し過ぎる傾向があることに注意が必用です。毎月の返済額は元本と利息の合計であり、利用残高が増えると返済期間が延び、元本の減少は進まず利息がかさみ、返済総額が増えてしまうことを覚えておきましょう。
毎月の利用明細書などで返済残高と元本、利息の内訳を把握し、毎月の返済額が低過ぎないよう注意すると共に、余裕のある時は積極的に任意返済を心掛けると良いでしょう。
どんなカードローンでも任意返済は可能で、提携コンビニや提携金融機関のATMなどから追加返済できます。一定の返済額より多く支払うことで利息を軽減でき、結果として返済総額を抑えられます。

借入金の一部を繰り上げ返済できる

オリコのカードローンでは、繰り上げ返済ができるようになっています。繰り上げ返済とは、毎月設定されている返済額とは別に、借金の一部を返済する方法です。

借入の返済には毎月の最低返済額が設定されていますが、無理が無い返済範囲で返済額を多くすることをおすすめします。

最低返済額より多く支払うことで、最終的な利息総額を(最低返済額を毎月支払う場合より)抑えることが可能になるからです。

オリコに最低返済額だけ支払っていると…

最低返済額だけを毎月支払う場合は、借入先に最大値の利息を支払うことになります。従って、小額でも構わないので最低返済額より多く支払うことが望ましいです。

ここでは、最低返済額に1,000円/月プラスした例をご紹介します。

返済シミュレーション
例)借入10万円、金利18.0%、毎月1万円返済
最低返済額のみ支払っていく場合
完済までの期間 10ヶ月
合計の利息 8,434円

毎月+1,000円ずつ支払っていく場合
完済までの期間 9ヶ月
合計の利息 7,649円

上記のシミュレーション結果から、繰り上げ返済を+1,000円でも行っていくことで、利息総額を785円抑えられます。

最低返済額だけ支払っていくのと、少額でも繰り上げ返済していくのとでは、利息総額や完済期間に差が出ることを理解しておきましょう。

無理のない範囲で繰り上げ返済することが大切

借入時は返済可能額が不明確の為、毎月の返済額を低く設定する場合も多いと思います。そんな時、借入後にお金に余裕がある時点で多く返済できる繰り上げ返済は大変効率的です。

例えば、臨時ボーナスが発生したタイミングで繰り上げ返済をした場合を想定し、シミュレーションしてみましょう。

返済シミュレーション
例)借入10万円、金利18.0%、毎月1万円返済
最低返済額のみ支払っていく場合
合計の利息 8,434円

ボーナスで3度目の返済で完済した場合
合計の利息 3,015円

シミュレーション結果を見て頂いても分かる通り、利息総額は5,419円抑えられ、返済期間も7ヶ月短くなります。

このように、借入時には予測できなかった収入を使って繰り上げ返済するなど、無理のない範囲で行っていくようにしましょう。

オリコに繰り上げ返済する方法

オリコのカードローンで繰り上げ返済するには、提携コンビニや提携金融機関のATMを使っておこなえます。

コンビニ・提携金融機関により詳細は異なりますが、返済の流れを簡単に説明しておくので、下記をチェックしてください。

コンビニ返済

コンビニの専用端末にて操作開始
発行された『申込券』を受け取る
コンビニ内のレジにて支払う

ATM返済

提携ATMにカードを挿入
端末を操作して現金を入金
発行された『明細』を受け取る

繰り上げ返済の入金手数料は0円

繰り上げ返済を行う際には入金手数料が発生するのが一般的ですが、オリコのカードローンでは嬉しいことに無料です。活用しない手はないと言えるでしょう。

リボルビング払いでは返済期間が長期化し、利息総額も大きくなりやすいので、お金に余裕がある月は積極的に繰り上げ返済を実施し、利息総額の減少・返済期間の短縮を心がけて頂くのをおすすめします。

時間帯によっては利用不可…

一部のコンビニ・金融機関では全日24時間繰り上げ返済が可能ですが、金融機関によりATMの利用可能時間が異なるのでご注意ください。

24時間利用可能なATM
・Enet
・Loppi
・三菱東京UFJ銀行
・東京スター銀行
・セブン銀行
・イオン銀行

みずほ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、りそな銀行、その他の地方銀行でも返済可能ですが、上記金融機関より利用時間が短い場合も多いので、しっかり確認しておきましょう。

※各店舗によって利用時間帯が異なる場合もあるのでご注意ください

【注目】低金利な他のカードローンで借り換えるのもおすすめ

繰り上げ返済していくのが効率的な方法となっていますが、他の低金利なカードローンで借り換える選択肢も視野に入れておきましょう。

借り換えを簡単に説明すると、オリコで借り入れした金額を、他のカードローンで借りたお金で一括返済してしまう返済方法になります。

今より低金利なカードローンを選ぶのが大前提

他のカードローンで借り換える際は、オリコの適用金利以下の金利で借り入れできるカードローンを利用することが大前提です。

初めてオリコを利用した人は、借入実績がまったくない状態なので、最大金利の18.0%でお金を借りている人がほとんどだと考えられます。従って、借り換えする際は18.0%以下のカードローンを選びましょう。

借り換えにおすすめのカードローンはこちら

大手ネット銀行として知名度の高いじぶん銀行には、借り換えコースのカードローンサービスが用意されています。

気になる金利は年1.7%~12.5%となっているので、一般的な消費者金融のカードローンを利用している人は、返済負担を軽減できる可能性があるでしょう。

さらに、auユーザーなら最大年0.5%の割引があるので、該当する人はぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

じぶん銀行じぶんローン
auのスマホを使っているなら、金利割引サービスが行われるじぶんローンがおすすめ!
借り換えコースも、こちらからお申込みできます。
金利 2.2~17.5% 審査 公式サイト参照
限度額 最大800万円 融資 公式サイト参照
コンビニ なし
公式サイトへ ▶

まとめ

オリコのカードローン「CREST」の繰り上げ返済についてご紹介させて頂きました。繰り上げ返済を行うことで利息総額を抑え、返済期間を短縮することが可能になります。

また、視野を広げ上記に紹介した低金利な銀行カードローンもご検討頂くことで、最終的にご自身に合ったお得な返済方法をご選択いただけるのではないでしょうか。

返済方法に関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
ページトップに戻る